Snow Camp In TANIGAWA Vol.1

c0228945_1043354.jpg



3/21(日)、今季最後の雪遊び(?)へ。
雪とたわむれ隊、しゅっぱ~つ!!




向かったのは群馬県の水上・谷川エリア。
都内から比較的近く、電車の鈍行に乗って4時間ほどの場所です。
(この時期はJRのツーデーパス(5500円)が便利なり)

が、寒冷前線の影響でほぼ全路線の電車で遅延、運休が起き、ダイヤが乱れに乱れ、
結局私は7時間くらいの長旅となり、JR難民と化したのでした。。。苦笑

PM14:00 ようやく往路の旅の終着駅に到着。

c0228945_10441481.jpg



・・・?
何この階段?

そういえば前日、「駅のこと何も調べないで行ってくださいね~。笑」って
言われてましたが。

睡眠不足の上、90Lザック担ぎ~の、長時間の電車移動で、すでに疲労困憊のわたくし。汗
・・・雪山への道のりは長く険しいのですね。とほほ。

c0228945_9165598.jpg



ザ・462段!
今回の旅で一番のがんばりどころでした!笑

『どう?雪はある~?』
駅降りてからずーっと真っ暗だったので、気分はまさにモグラ状態。

c0228945_9174386.jpg



『あ、雪ありますよー。』

そっかー。それは良かったー。
ここまで来て無かったら。。。涙

そして無事土合駅にて車組2名と合流。(すでに先に一杯やっていた模様)
・・・無人駅のため、もはややりたい放題である。

外は結構な吹雪。

同じく駅の中にいる人たちに、『こんな天気の中、これから山に行くんですか?』と聞かれ、
『いえ、ちょっとそこいらで野宿するだけです』と答える、はっきり言って変なひとたち。

雪山仕様に各自着替えて、いざ雪の世界へ!

c0228945_11531011.jpg



歩き始めて20分ほどで野宿場所決定(笑)
・・・はやすぎ、ゆるすぎ。。。

まずは足で整地~。
整地は地味に大事ですね。

c0228945_9252295.jpg




整地がすんだらテントを建てます。今回は三つ。
エスパース大が食事・宴会&女子3人用の寝床でエスパース小が男性陣用。

その他、私の寝どこ兼宴会中の荷物置き場がとんがりくん。
で、あと一人が雪洞。笑

c0228945_11125155.jpg



今回のメンバーは会社の同僚たちで合計6名様。
昔ヒマラヤに遠征に行ってたり、本格的に山をやってる人、岩登ったりしてる人の集まり。

ですが基本、このメンバーでキャンプする時はゆるいです。
夏は沢登り、秋はクライミングとかしつつ、年に数回キャンプしてます。(アクティビティ参加はオプショナル)

山好き=お酒好き(?)
まったく呑めない私以外は、相当な呑んべい揃いです。

c0228945_936379.jpg



今宵は何本空けたんでしょうね?

外は猛吹雪でしたが、夜の宴はキムチ鍋を頂きながら、一つのテントにぎゅうぎゅうで座って
それはそれは、たのしいひと時なのでありました。

PM10時ころ、翌日山に登る組がいるので、健全な時間に各時テントへ。
私はその後1~2時間くらい自分のテントでぼけ~っとしてから就寝。

c0228945_9383833.jpg



目をつぶると深々と降る雪の音。
雪中キャンプならでは、ですね~。

夜中に雪かきした方が良いんじゃ?とアドバイスされましたが、
深夜~朝方はあまり降らなかったようで。

はい、普通に薄着で寝てました。
雪にもつぶされずに済みましたよー。


--------


朝5:30。
山へ行かないくせに誰よりも早起き。笑

普段の就寝・起床リズムと同じです。

c0228945_945097.jpg




いつもと同じ流れでまずはトランギアくんで珈琲をば。
テント内が一気にあったまります。

山のぼり組は6:30すぎに起きるとのことで、それまで自分のテントで寝袋に入ったまま
ぬくぬくしておりました。(わたくし二度寝ができない、超朝型人間)

c0228945_9534780.jpg



KIVAの窓から外をのぞくと、雪が相当積もってました。
・・・お声がかかるまでひきこもり(なまけもの)決定。笑

結局その後、お山組は8時すぎに出発したのかな?
隊長+クライミング好きの女子2人が元気に出発していきましたー。


いってらっさ~い。

c0228945_1033376.jpg




どうやら雪はやみ、晴れてきたようです。
こんなコンディションの中、新雪を歩くのも気持ちよさそうですね。

テントの入口を開けてうっとりしていたら、
『そろそろご飯にしない~?』とお声がかかりまして。

c0228945_1082038.jpg




『はぁーーーーい、少ししたら行きますっ』

うーん、外は一面新雪でふかふかの絶景!
日差しはぽっかぽかだし。

とーーーーっっても気持ち良い!

c0228945_10141329.jpg



・・・だいぶ埋もれてますがなにか?

朝ごはんはエスパーステントで昨晩の残りもの(鍋)に、おなかいっぱいで食べれなかった
奥利根名物のうどんをゆでていただきました。

やっぱり寒い冬はキムチ鍋にかぎりますなぁ。
・・・もはやテントの中にいると暑いくらい。

『そういえば雪洞で寝たおぎーは?』
『あ~、なんか夜のうちに車に避難したらしいよ』

・・・というわけで、雪洞泊はやはり無謀だったようです。
こちらが朝の雪洞の様子。笑

c0228945_10194117.jpg



雪洞はもっと奥まで歩いて雪深いところまで行けば、ちゃんとしたものが出来るそうな。
また来年リベンジかな?

いつか泊まってみたいデス。
崩壊の危険がない時&場所で。笑

おや、こんなところで朝から日本酒呑んでる人が。
リッジレスト敷いて、雪見酒といっぷく中。

c0228945_10524178.jpg




・・・しあわせオーラ全開ですね。
まさに至福の瞬間かと。

ご無事でなによりです、おぎーさん!
昨日(春山仕様)とは打って変わってまともな冬装備(笑)

夜中、相当さむかったそうです。
山で無くとも、雪はなめちゃいかんとですよー。

c0228945_10211469.jpg


それにしても良ーい天気!
さー、なにしてあそびましょ~っ^^


(続く)
by slow_trip | 2010-03-23 10:00 | camp | Comments(0)

slowな旅やアウトドアの備忘録です。たいしたものはありません。どうぞごゆるりと。


by slow_trip