slow trekking in fall colors of waterfall trail

c0228945_17165416.jpg


11/10(土)のおはなし。

今度は、渓谷の紅葉ハイクへ出かけてきました~。







11月2週目の週末は。

「ぼちぼち、お山は紅葉シーズンも佳境かな、、、」と

今季最後(になるかもしれない)の紅葉を堪能すべく。



昨年の初夏に訪れた際、その新緑の美しさに感動し、

「ここは秋の景色も絶景に違いない」と

かねてから再訪したかった場所へ~。



ふと思い立って、ふらりと歩いてきたお話、でありますm(_ _)m





*********

11/10(土) am3:00 起床。


神々しいほどに美しい、真っ赤に染まる紅富士と

南アルプス&八ヶ岳の朝焼けを拝みながら。

中央道を西へ走り、いざ、目指すは山梨県。


c0228945_1719075.jpg


インターを降り、視界の先には、キレイに

晴れわたった秋晴れの快晴の空!


いやはや、3000m近いお山は、存在感が違いますな。

よ!百名山~


しかし、もちろんあの空高く聳え立つお駒さんの頂は

目指ざしませんで。

お山の麓の紅葉狩りへれっつご~であります。


c0228945_17222987.jpg


AM7:30ころ、目的地の駐車場に到着。

おぉ~、駐車場から見える山々の紅葉も良い感じ♪


予想に反して、登山者の姿はほとんどありませんでしたが。

ささっと準備をすませ~ いそいそと出発。


c0228945_17231691.jpg


すると、なにやらなんジブリ的な看板を発見。

「ども~。お邪魔さまです(...ペコリ)」と

まずはこちらに入山のご挨拶を。


c0228945_17255383.jpg


すばらしい秋晴れの空の下、黄色や赤に色づいた

モミジがキラキラと。


c0228945_1731279.jpg


登山口近くにあるキャンプ場の森は

いまがまさにピークといった色づきでしたが。


c0228945_17315356.jpg


いつ見ても、ガラ~ンとしていて。
(夏季だけはそこそこ混んでいるらしい)

とても雰囲気の良いキャンプ場なのであります^^

(この時間はバイクのソロキャンパーさんが一組だけでした)

c0228945_17331198.jpg


キャンプ場を横目に通り過ぎ、

どど~んと聳える大きな鳥居をくぐりましてから。


c0228945_17333339.jpg


まずは、観音菩薩、馬頭観音、不動明王様の

ほとけ様方にご挨拶。


c0228945_17335555.jpg


その後、鐘を鳴らして...


c0228945_17341713.jpg


両手をあわせ、パンパン、ペコリ。

ご神体の霊山に向かって、

安全を祈願し、二拝二拍手一拝を。


c0228945_17351358.jpg


神社脇のつり橋を渡渉する際の、川越しに見える

山肌の色づきに早くもうっとり。「・・・こりゃきれい~」


c0228945_18305041.jpg


まだ、この時間はほとんど陽も射さない

静かな静かな渓谷のトレイルを歩いていくと。


c0228945_1833861.jpg


眼下には、目の覚めるような、澄み切った

エメラルドグリーンの水と滝がお出ましです。



秋は、水面に浮かぶ色とりどりの葉っぱたちが

より一層の彩りを添えていて。

渓谷全体が、やわらかい雰囲気に包まれているような

そんな風にも、感じられました。


c0228945_18473528.jpg


そして、此処から先は、本格的な登山道。

結構な斜度の階段が続くのですが。


c0228945_18403724.jpg


ふと見上げれば、頭上には、まるで小判のように

光り輝く、コアジサイなどの黄葉の木々たちが^^


c0228945_1841530.jpg


ゆっくり歩くことで、きづけることがたくさんあり。

歩いたら、歩いた分だけの出会いや感動がある。



多くの人が最初の滝まで来て、引き返してしまうのは、

「ちと、もったいないなぁ。」

な~んてことを、つい思ってしまうほど、

この先も、美しい景色が、待っていたワケでして。


c0228945_18432957.jpg


なかなかの傾斜の階段を、頭上の紅葉を

愛でながら、ゆっくりゆっくり登っていきます。


c0228945_18445194.jpg


陽が少しずつ射してきて、ひんやりとした

空気が、次第にぽかぽかと。


c0228945_19484879.jpg


ときおり、ふわりと、風に舞う落ち葉たちは

まるで渓流に飛びかう紙ヒコーキのよう。


c0228945_1952533.jpg


なんとも心地よい、ふかふかの落ち葉の

じゅうたんをサクサク踏みしめながら。


c0228945_19542867.jpg


おそらく樹齢は1000年近いであろう、

貫禄のある、杉の巨木にも出会えました。


c0228945_2005630.jpg


この渓谷に流れる水と空気の美しさと

美味しさは、この森の恵みでもあるんだなぁと、

森の長老たちを目にすると、しみじみ思うわけで。


「また、次に来るときまで、元気でいてくださいね。」

そう、願いをこめて。



心の中で、森の巨木たちにお礼を言いながら

のんびり道草を食べながら、テクテク歩いてゆきます。


c0228945_19561754.jpg


「わー...」

滝を見に、沢沿いに降りて見たらこの絶景。

まぶしいほどに美しい、青空と紅葉と花崗岩の滝。

いやはや、絵になるコラボレーションですこと。


c0228945_2012535.jpg


その先にある、以前は気づかなかった滝も

今回は無事発見することができ。

(ただしここは、かなりの滑落キケンスポット)

c0228945_203518.jpg


沢風に乗って舞い散る落ち葉があまりにも美しくて。

じぃっと見ていたら、なんだか顔のように見えてきました^^


c0228945_2074749.jpg


そんなこんなで、落ち葉族が気になりはじめ

足元ばっかり見ながら歩いていると...


c0228945_2084230.jpg


またもや、落ち葉仮面を発見。

ふふふふふ


c0228945_20103136.jpg


この美しい淵を見ながら、

「南アルプスの天然水最高~」と、

内心叫んでいたのは、ここだけの秘密です。


c0228945_2012137.jpg


その後、登りきったところで、

尾根道に突入。


c0228945_20154119.jpg


渓谷道とは一変して、ところどころ

展望が楽しめるトレイルでして。


c0228945_20163092.jpg


望遠にしてみてみると、この絶景。

いやはや、「絶景かな絶景かな」。


c0228945_20141077.jpg

c0228945_2025524.jpg

c0228945_2026951.jpg


尾根道は、やわらかい黄色の黄葉がいい感じ^^


c0228945_20264671.jpg


そんなこんなで、スタコラ下って、

11:30すぎには下山完了。


c0228945_20281871.jpg


まだ、昼前だからか、キャンプ場には来客の気配なし。


c0228945_2030959.jpg


沢沿いの紅葉は一足早く終わっていたようでしたが、

森の中の、燃えるような、赤のモミジがとても印象的でしたねぇ。


c0228945_2031158.jpg



12:00近くに、駐車場まで戻ってきてから、

やっぱりおなかが空いたので。

静かな森の中で、のんびりランチタイムをば。


南アルプスの天然水でお湯を沸かし、

サッポロ一番味噌ラーメンにキムチとコーンと

ゆで卵をON!しただけの、

秋冬定番のお手軽ランチ^^


あ~ うまうま。

キムチパワーで、おなかもからだもぽっかぽか。




ふと、あたり一面に舞い散る落ち葉を見ながら。

以前、新緑の頃に、此処へ来た時の景色 が頭をよぎり。

いやはや、まるで別世界の景色だったなぁと。


四季によって彩りをガラリと変える自然の奥深い魅力を

感慨深く噛みしめた、秋の好日なのでありました。



また、今度は緑の頃にお邪魔させていただきますネ。



(完)
Commented at 2012-11-12 10:29 x
ブログの持ち主だけに見える非公開コメントです。
Commented at 2012-11-12 11:54 x
ブログの持ち主だけに見える非公開コメントです。
Commented by slow_trip at 2012-11-13 06:28
> 非公開コメント at 2012-11-12 10:29 さま

いつも閲覧&度々コメントありがとうございます^^

そういえば、前回の新緑のときに「この渓谷へいきたい」と
コメントをいただいていたことを覚えています。

あれから、こちらへ歩きに行かれていたんですね。
しかも奥の滝まで行かれたとは。

いやはや、おつかれさまでしたm(_ _)m

今回は、紅葉前線が渓谷道周辺だったので、短い
周遊ルートだけですっかり満足してしまって、
結局まだ奥までは行ってません。笑

次回の新緑の頃の楽しみに取っておこうかなと^^

あちらは、標高差があるので、上の滝か下の渓谷か、
いずれかが楽しめていいですね。

たぶん、上の滝が見頃な時の方が写真好きハイカーで
混んでいるんじゃないかなと思ったりしました。

そうそう、ブログの書籍化は、たぶんこの先もないと
思いますがそういっていただける方がいらっしゃる
だけで、更新の励みになります^^

今後とも、ご愛読のほど宜しくお願いいたしますm(_ _)m
Commented by みっち at 2012-11-13 20:42 x
こんばんは。

エメラルドグリーンの流れに幸せそうな渓流魚発見!
釣り人視点です(笑)

快晴で気持ち良さそうな紅葉ハイクですね~。
しかしどの写真にもウットリです。本当にこんなに場所あるの!?と思ってしてしまうほどです。
18枚目の階段登りの一枚・・・これが好きですね♪包まれ感が最高です。
いつかこんな写真が一枚でも撮りたいものです。

前回の記事では鮭のシーンの説明までしてもらってありがとうございました。
Commented by slow_trip at 2012-11-14 06:17
>みっちさん
いつもコメントありがとうございます^^

へぇ、水辺の写真にこちらの渓流魚ちゃんが写りこんでくれているのですか??
まったく気づきませんでした。汗

さすが、フライフィッシャーさんは見るところがちがいますね!

今年はほんとにどこも紅葉が素晴らしくて、ここも、おもっていた以上に素敵でしたので、
行ってからこんなにキレイなところなんだ~と、びっくりしました。
(ネットで検索してもほとんど情報がなかったのであまり期待はしてなかったのです、、、)

お気に召したという写真は、三脚を使って、タイマーで撮っているだけなので、
時間とロケーションさえあれば、どなたでも撮れる写真ですので、
ぜひ今季か来期にでもチャレンジされてみてください^^

ちなみに、今回もPLフィルターが大活躍でした◎
by slow_trip | 2012-11-12 08:00 | trekking | Comments(5)

slowな旅やアウトドアの備忘録です。たいしたものはありません。どうぞごゆるりと。


by slow_trip