Island Trip in KOUZUSHIMA vol.1

c0228945_119317.jpg



GW後半(5/4-6)のおはなし。

ひさびさに、伊豆七島(東京)の島旅へ行ってきました~、の巻。







本家サイトを含め、前々から読まれている方は、

それとなくお気づきかとは思いますが。


いわゆる大型連休(年末年始やGW,お盆など)は

たいてい仕事になることも多い私でして、、、。


去年の年末年始は、ブータン

お盆は、モンゴル

GWは、ネパール へ~。

行ってたりしてましたっけ。ね。



そんな事情もあり、毎度ながら、予定を入れず、

ノープランのまま連休を迎えた今年のGW。



せっかく4連休もあるんだから、どっかの島でもいこうかなぁ。



前々から行きたかった「神津島」から呼ばれている気もする、と。

連休突入前日になって、ようやく旅先を決めまして。



休みに入った5/3に、の~んびりパッキングをし、

5/4の朝、島へ向かって、いざ、しゅっぱーつ!



c0228945_1111457.jpg



イヤぁ、しかし、素晴らしく天気がイイこと・・・!


小1時間ほど、ローカル電車とバスに揺られながら、

「熱海港」に着いたのは、10:00頃でしたでしょーか。



c0228945_1644154.jpg



まずは窓口で、前日に予約した乗船券を購入し。

港からは、高速船で、わずか2時間ほど。



ほんと、アっというまに、神津島へいけちゃうという、

このお手軽さが素晴らしい。

(ジェット船の航路は、時期により変わるようですが)



c0228945_11113175.jpg



さすがに、出航時は満席に近い状態でしたが。


途中の経由地・大島で、ほとんどの乗客が降りられて、

神津行きの船内は、ほぼ、スッカラカ~ン。



c0228945_11115914.jpg



今回も、ほとんど揺れることなく、実に快適なジェット船の船旅♪


だからきっと、年配の方や、お子さん連れの方々も

多いんでしょうねぇ。(あとワンコ連れも)


毎度ながら、東海汽船さんに感謝感謝でありますm(_ _)m


c0228945_1112124.jpg



きづけば時刻は1:00pmすぎ。

ほぼ予定通りの時間に、神津島の多幸湾に上陸。


期待通りの、新緑のモコモコっぷりに、早くも心躍ります^^


c0228945_11133674.jpg



船を降りて、200mほどテクテク歩き。

まずは、バス停で、村営バスを待つこと数分。


c0228945_11135483.jpg



なんとも、のんびりとした空気感が漂う村営バスが到着。


一律運賃の200円を手渡しで支払い、

「だいじんこさんへ行きたいんですけどもー」

と尋ねると、


「それだったら、旧神津ストアー前が一番近いな。

そこから結構上がるけどねぇ」と、オイちゃん。


プシュ~。

「じゃ、しゅっぱつするよー」

「はーい。よろしくお願いしますー。」 


そんな、ほのぼのとしたアットホームな空間が、

なんとも心地よく。



山がちな神津島は、道路はどこも細く、曲がっているので、

バスものんび~り進みます。



はて、今どこを走っているのか・・・?

よくわからぬまま、山道を越えたところで、バスが急にSTOPし。


「だいじんこ行くって言ってた子~。ここで降りてねー。

ここの道をず~っとまっすぐいくんだよ。そしたら看板出てくるから」

と、親切に教えてくれました。


バスの運転手さん、ありがとーう。



c0228945_11145665.jpg



で、バスを降りてから、坂道を歩くこと十分弱。

突然、綺麗なビーチが目の前に・・・!



もう、この景色を見れただけで、

「神津島来てよかった~!」

と、しみじみ思ってしまったほど。


と~ってもキレイな前浜ビーチに、しばしうっとり。



美しい海を見て、元気をチャージし、さらに坂道を

歩くこと10分弱。



c0228945_11143176.jpg



ぜひ行ってみたかった、「ティースペース

だいじんこ」さんに到着~。


すでに島は、半袖で過ごせるくらいの、初夏の陽気。


大きなザックを担いで、20分弱の里山プチハイク。

そりゃ、アイスコーヒーも美味しいわけで。



c0228945_1653723.jpg



さらに眼下には、前浜ビーチが一望でき、

こんな絶景を眺めながらのランチ。



いやはや、なんとも贅沢な場所・・・!


カレーも、と~っても美味しくて。

あっさり完食。


あぁ~、しあわせダ。


c0228945_11144056.jpg



それにしても、神津島って、すごい傾斜の島

なんですねぇ。


「あの山のテッペンに明日登るんだなぁ。」


c0228945_11144736.jpg



「今日のキャンプ場はあの辺りかなぁ、きっと。」


ほんと、島ってわかりやすくて、おもしろい。



食後に、島のスーパーの場所を聞いたら、わざわざ

わかりやすい地図を奥から持ってきて、丁寧に

説明してくださった親切なカフェのオーナーさん。



「ごちそうさまでした~。

またおじゃましに来ますネ(ペコリ)」と、ご挨拶をし、

スーパーまるはん経由で、神津港へと向かいます。




c0228945_11145214.jpg



島を歩いていると、いたるところで、

お地蔵様に出会いました。



なにより驚いたのは、そのお地蔵様の殆どに

キチンと、生花が添えられていたこと。



この島の人々は、常日頃から、神様を

大切にされてるんだなぁと。



自然と、私も道すがら出会うお地蔵様に、手を合わせ、

頭を下げて通るようになりました。(合掌)



c0228945_11151130.jpg



買い出しを済ませ、神津港でキャンプ場の利用申請をし、

再びバスに揺られて、いざ、沢尻キャンプ場へ。


沢尻キャンプ場は、わずか20張程度しか張れない

こじんまりとした無料のキャンプ場。

ちなみにわんこもOK。



行ってみて、テントがいっぱいで張れなかったら

困るなぁと、少しばかり心配はしていたのですが。


到着してみると、以前同時期に行った式根島ほどは

混雑していなかったので、ホッと一安心。


で、島旅の相棒といえば、毎度お馴染みのアライさん。

これから2日間、よろしくたのんますネm(_ _)m



c0228945_11242288.jpg



沢尻キャンプ場の全景は、こんな感じ。

晴れの日は、海の色がと~ってもキレイで、すごく癒されます。



ほんと、島のキャンプ場って、なんでこんなに

素敵なところばっかりなんでしょう。



な~んてなことを思いながら、とことこ歩いて5分ほどの。

キャンプ場の近くにある温泉へ行ってみることに。



「温泉保養センター」は、島唯一の温泉施設で、

内風呂と水着着用の露天風呂があるそうな。


湯は茶褐色で、舐めてみると、やはりしょっぱい。

これぞ島の温泉って感じで、泉質も良かったですょ。


あ~ ほっこりほっこり。


c0228945_1115029.jpg



で、湯上りにソフトクリームを食べつつ、

図らずして、夕陽観賞の時間に。



c0228945_11204077.jpg



空と海が、茜色に染まるひととき。

やっぱり、島の夕陽は、デッカイなぁ~。


c0228945_11205135.jpg



写真の中の、東屋のある場所が、外湯の大露天風呂。


大露天風呂に浸かりながら、夕日や星空を見る、

なんてのも、きっと最高なんじゃないでしょーか。


また、いつかの機会に、拝んでみたいものです^^




そして、真っ暗になる前に、キャンプ場へ帰還。


お昼ゴハンが遅かったためか、おなかも空かず、

テントの中でゴロゴロしていたら、

どっと眠気に襲われ、そのまま早々と就寝・・・

オヤスミナサ~イ...zzz



c0228945_1250182.jpg



きっと、今晩の星空はスバラシイに違いない・・・!と

確信していたので。


目覚ましをかけ、真夜中2時にむくりと起床。



「・・・わわ やっぱりすごい!」と、

期待通りの星空に感動。


2月のモロッコ以来ぶりに、銀塩カメラでの

長時間露光の星景写真に挑戦してみました。



いくら条件が良くても、一晩で撮れるのは、

1枚だけか、せいぜい2枚まで。


今回は、1チャンスに賭けて、ほとんど勘で撮影。


・・・で、撮れた写真が、冒頭の星景写真でございます。

(ヒャホ~イ。)


そういえば、露光時間が終わるのを待っている間に、

流れ星もいくつか見れました^^


こんなふうに、海のそばで、

潮騒を聞きながら、ゴロンと横になって、

星を眺めていられる幸せたるや。



テン泊って、やっぱり最高だなぁと。

至福の景色に見とれながら、

再び眠りについたのでありました...zzz




c0228945_11214731.jpg



島旅2日目(5/5)の朝。

5:00am 起床。


空が明るくなってきたと同時に、

いつも自然と目が覚めます。


c0228945_1122520.jpg



このキャンプ場がある場所は南西よりなので、

実際に、朝の太陽の光が届くのは、

もう少し時間が経ってからになるようですね。



c0228945_11221519.jpg



まぁ、何はともあれ、まずは目覚めのコーヒーを。


神津島の水で淹れたコーヒーは、

なんともまろやかで美味しいのであります。


c0228945_11222932.jpg



しばらくぼ~っと地図を眺めて、

お腹がすいたら、朝ごはん。


ほんとは、夕飯に食べようとしてた島寿司どーん。


c0228945_11231092.jpg



少しひんやりとした、きもちのよい、

朝の空気を感じながら。


c0228945_11232369.jpg



大自然の中でのんび~り過ごす、

キャンプの朝の時間が、わたしはとっても大好きです。


c0228945_11235077.jpg



これから、家に帰る人。

また、次の島に行く人。

今日も、ここに泊まる人。

みんな、それぞれに島旅を楽しんでいるようで。



そして、私というと、これから山に登る人。



・・・さてと、ゆるりと山支度をして、

ぼちぼち出発するとしますかね。




(続く)
Commented by pomukorosuke at 2013-05-18 13:57 x
この時期の島旅、ほんとうに良いですよね。そっか、私も目覚ましをセットして夜空を見たら良かったと 読んで気が付きました。
星空、海、島の空気が伝わって素敵だ・・
Commented by みっち at 2013-05-21 22:12 x
こんばんは。

島キャンプ、開放的で気持ちよさそうですね!
毎度素敵な写真にウットリです。
銀塩カメラで長時間露光・・・難しそうなのに凄く綺麗に撮れていますね。
アイスコーヒーの写真背景のブルーのグラデーション好きです。
めっちゃ美味しそう^ ^
後半?の山登りも楽しみにしてます。
Commented by slow_trip at 2013-05-26 22:34
> pomukorosukeさん

コメントありがとうございます^^
ほんと、5月の島旅って、サイコーですよね。

暑すぎず、寒くもなく。
しかも今回は、暴風にも遭わなかったので、キャンプ中も
ずっと安眠できたのが良かったです。

沢尻は、真夜中でも温泉の明かりが点いていたのが気になりましたが、
それでも星空はキレイでしたね~。いつかぜひリベンジを^^
Commented by slow_trip at 2013-05-26 22:41
> みっちさん
いつも、閲覧していってくださり、ありがとうございます。

関西だとあまり島旅にはご縁はないですか?
あ、渓流釣りが趣味だと、たしかに島にはあまりいきませんよね。

島はすごく開放的で、静かで、のんびり過ごせて良いところですよ~。
港周辺でも、ガンガン大物が釣れるみたいで、海釣りの方はたくさんいらっしゃいます。

キャンプ場の夜は、毎晩毎晩、焼魚の匂いが漂うという。笑

あ、それと、いつもお気に入りの写真を教えてくださってうれしいです!

銀塩カメラの星景写真が撮りたくてフィルムを再開したので、
思ったように撮れた瞬間は、心底嬉しいですね。

一写入魂、これからも頑張っていきたいと思います^^
by slow_trip | 2013-05-16 21:00 | island trip | Comments(4)

slowな旅やアウトドアの備忘録です。たいしたものはありません。どうぞごゆるりと。


by slow_trip