Kayak and Camp Trip In NANKI ~2014 spring & GW ~ vol.2


c0228945_07461248.jpg

前回(VOL.1)のつづき。



1か月後にまた同じ場所へ再訪してきたお話...

であります。













2回目:5/2-5のGW連休のこと。




5/2(金)


世間は翌日からの4連休が一般的ですが、

シフトの関係で5/2から5連休がもらえることに!




前回は、新幹線と特急を乗り継いでいきましたが、

今回は思い切って車で行ってみることにしました。




・・・目的地までの道のりは、片道約10時間ほど。笑

久々のロングドライブへ~。


いざ!


**********



途中で休み休み、仮眠をとりながら、

目的地に着いたのは集合時間の1時間前。



c0228945_19453332.jpg


テントをちゃちゃっと建てて、今回もレンタルカヤック

(車に積んで自宅から自走)をスタンバイ。




c0228945_19545817.jpg



今回はさぞ暑かろうと、メッシュテント(カヤライズ)に

したので、いや~、快適快適♪




c0228945_19545849.jpg




キャンプ地は前回と同じ場所でしたが、

今回は先客がいたようなので、少し奥まった場所に配置。




今回は車ですが、必要最低限の極々シンプルな装備です。




c0228945_19545994.jpg


電車組が無事到着し、全員揃ったところで
いざしゅっぱーつ。



さすがにGWなので、いままで一番多い人数。

・・・とはいえ、今回の参加者も、5名ほど。




c0228945_19545867.jpg


出発して30分ほどの場所で、昼食タイム。




前回はサンマ寿司だったので、今回はサバ寿司をチョイス♪

これまた安くて、旨しっ。




c0228945_19545838.jpg


初日は腕ならし程度で、漕ぐ距離も短い行程。



遊ぶのによさそうな場所を見つけては、

休憩がてら上陸します。



c0228945_19584869.jpg


ここではスコップ片手に、タケノコをほりほり。




c0228945_19584740.jpg


「デカイの採れたど~!」


って、イヤイヤ、さすがにこれはエグイでしょう~。笑



c0228945_19545986.jpg

「かわいいのがいましたよ!」


うん、このサイズはよさそうですね^^




c0228945_19584805.jpg



かたや、タケノコそっちのけで、

川エビを採っていた人もいたりして。笑




そこそこ収穫量も上がったところで、

カヤックに積んで、再び下流をめざします。



c0228945_20133465.jpg

ん?

なにやら潮の香りがしてきました。



もう少しで、海まで到達。



このあたりの集落はとても味があって、

まさに「にっぽんの里」という感じ。


のどかな雰囲気が、なんともイイのです。



c0228945_20133341.jpg


あの山のほうから下ってきたんだなぁ。



上流から下流へ。

景色の変化が大きいところが

カヤック旅のおもしろさの一つ。





15:00頃、ゴール地点に無事到着!




カヤックを引き上げ、回送車に乗って

キャンプ地へと戻ります。



c0228945_20133459.jpg

キャンプ地に戻るや否や、

今度はノビルの採取に出発~。



こちらは大きなスコップを上手に使わないと、

おいしいところは採れません。




c0228945_20133416.jpg


こちらはノビルの近くで採れたメダケ。

天麩羅にするのがおいしい食べ方なんだとか。




c0228945_20283798.jpg


冷え冷えになったビールとジュースを横目に・・・



c0228945_20283763.jpg


ノビルをきれいに洗って、先端だけCUT。

それだけで、揚げる前の下ごしらえは完了デス。




c0228945_20283684.jpg


ん?

なにやらお二人は、難易度の高い川エビ採りに挑戦中の様子。



「採れますか~?」

「イヤ、ぜんぜーん・・・」



それでも、ひたすら熱中して川を覗き込む

集中力の高さったら...


若いって、すばらしい~



c0228945_20283795.jpg

男性陣は、ただひたすら...

釣り。釣り。釣り!




まさに、働かざる者、食うべからずキャンプですな。


c0228945_20283720.jpg

今回はオーナーの奥様が料理長。


下ごしらえなどのお手伝いをさせてもらいつつ、

野外料理の極意を教わり、とても勉強になりました~



c0228945_20283765.jpg



今宵の夕飯は、採れたてのタケノコご飯と、



c0228945_20344340.jpg

カワムツと



c0228945_20344378.jpg

メダケと


c0228945_20344300.jpg


川エビと

ノビルの

天麩羅とカラ揚げ♪




c0228945_20344241.jpg


近くのスーパーで買いだしをした食材もありますが、

半分以上がこの土地で採れた食材。



いやはや、こうゆうごはんが一番しあわせですね。




どれこれも本当においしくて、あっというまに

おなかいっぱいに、、、。


c0228945_07101690.jpg


夜はそれなりに気温は下がったので、

この日も流木焚火を豪快にファイヤー。





c0228945_07152917.jpg


パチパチパチ

流木の焚火の、このなんとも言えない趣たるや。




炎をみつめながら、静かな夜は

ふけていくのでありました。



********



c0228945_07101519.jpg


2日目の朝。

5:30頃に起床。




アウトドアではアラームいらず。



私の体内時計は空が明るくなってきたら、

自然と目が覚めるようにできているようです。




c0228945_07101673.jpg


ん~ 良い香り。


まずは、ひきたてのコーヒーをいただき。





c0228945_07101631.jpg


焚火にあやかりながら、起き抜けの体を温めます。





c0228945_07154844.jpg


「ほんとにおとなしいワンちゃんですねー」



凛も、みなさんに可愛がってもらって、と~ってもうれしそう。

(尻尾のあたりを撫でると喜びます^^)




c0228945_07154981.jpg


2日目の朝ごはんはトルティーヤ♪




c0228945_07154991.jpg


朝から野菜をもりもりいただきます!




c0228945_07154960.jpg


ん~ うまうま。



トルティーヤって、野菜もたくさん摂れるし、

お手軽なので、キャンプごはんにいいですね。




c0228945_07154969.jpg


8時近くなってくると、河原に陽が差し込んで、

気温もぐんぐん上昇。




いや~、今日もいい天気になりそうです^^



c0228945_07254960.jpg

支度が終わったところで、キャンプ地から上流へと移動。


サイダーブルーの世界へといざしゅっぱーつ!





c0228945_07255080.jpg


前回より水温もグンと上がって、カヤックするには

絶好のコンディション♪



c0228945_07254908.jpg


雨の後でしたが、水は、前回来た時以上の美しさ。



人工物が見えなくなると、

そこはまるで「箱庭」のよう。




c0228945_07254910.jpg

すっかり葉っぱも生え揃って、新緑がまぶしい~



c0228945_07314773.jpg

前回も休憩したポイントで、今回も上陸。



前回より気温も上がって、遊びの幅が広がったので

遊びの時間もたっぷりと^^




c0228945_07314675.jpg


岩場へ登って釣りをしたり...



c0228945_07254977.jpg


ぷっかぷっかぷっかぷっか...





c0228945_07254968.jpg


ライジャケ泳ぎをしてみたり。




c0228945_07314685.jpg


「ここにおっきい鯉がいるよ~」と、

川魚たちが肉眼で見えてしまうほどの透明度。



c0228945_07314624.jpg


「こんにちは~^^」

この日同じ川を下ってたのは、3組ほど?



この川が一番混むのがGWと聞きましたが、

それでもたった4組しかいないとは。



ほんとに良いところだなぁ、南紀って。(しみじみ)




c0228945_07314603.jpg

私もこのときばかりは、釣りにも挑戦。

無事に、なんとか4匹釣れました(^^)  ヒャッホ-




c0228945_07314637.jpg

この日のランチは、ご当地ご飯。


塩焼きにした川魚とともに、昨晩のタケノコごはんを

いただきます♪



c0228945_07184189.jpg
のんび~り2時間ほどの休憩タイム。



まるで、無人島のビーチで遊んでいるような、

そんな錯覚すら覚えた、とってもステキな場所なのでした。



c0228945_07461343.jpg
午後1時。

下流に向かって、再びどんぶらこっこ~と漕ぎだします。



c0228945_07461248.jpg


c0228945_07461269.jpg


c0228945_07461354.jpg

「ここには沢蟹がいるよー」

「お! じゃぁここでも休憩1時間!」


そんなこんなで、ちっとも前に進みません。笑





通常ならば、2時間ほどで下れてしまう川ですが、
寄り道、道草しながら、5時間ほどでゴール。



あ~ たのしかった♪



もうちょっと気温が上がったら、ドボンと岩場から
飛び込みたいなぁ。(また次回)




15:00すぎ。


再び回送車に乗って、キャンプ地へと帰還します。



c0228945_07461322.jpg


2日目の夕食は、アジのお刺身と



c0228945_08083834.jpg



沢蟹のから揚げと



c0228945_08083899.jpg


卵とじと塩鍋と


c0228945_08083809.jpg


ダッチオーブンのパエリア♪



c0228945_08083807.jpg



川エビの出汁がきいていて、と~ってもおいしかった^^


今度自分でも作ってみよーっと。





個泊個食キャンプもたしかにラクでいいですが、

こうやって、みんなで力をあわせて採取から漁をし、

その日食べられる量だけの収穫をして、

それらの命をいただくという。




このプロセスを意識することが、自分にとっては、

とてもとても有意義で。




自然の中に、一時的に身を置かせていただき、

豊かな時間の中で、

「生きるチカラ」が培われるような、

そんなキャンプとでもいいましょうか。




最近は、娯楽的要素が強いキャンプよりも、

こういったシンプルな野営スタイルのキャンプに

魅力を感じている今日この頃です。




c0228945_08083815.jpg




清流の景色は、まさに知る人ぞ知る一級品!

だけども、山に行くよりも気楽にいけて、

凜も一緒に楽しめるところが

カヤック旅のいいところ。



また近いうちに、どこかに行けるといいね^^






(完)






Commented by みっち at 2014-06-16 21:27 x
こんばんは。ご無沙汰しています。
南紀の一話目から拝見しました。

つ、ついに10時間ドライブですか(汗)
それにしても水の透明感や色が素晴らしい表現ですね!
写真で拝見していつか行きたい場所になりました。

皆で食材の調達から頑張るキャンプや、川を下るだけではないゆとりのある愉しみ方に憧れます。
そういえば、釣りをされるのは初めて見ました。どうでしたか?
Commented by slow_trip at 2014-08-16 06:18
>みっちさん
ご無沙汰してしまってすみません。汗
いつもコメントありがとうございます。

ついに10時間走ってしまいましたねー。苦笑
これを体験しちゃうと、白馬あたりすら近く感じるほどです。

南紀は奈良から近いですし、ぜひいかれてみては?

カヤックの楽しみ方は本当に奥が深いです。
こうゆう遊びがあまり流行らないのが不思議で仕方ないのですが。

釣りはめったにやらないのですが、簡単に釣れるとやっぱりうれしいですね。
今後は少しづつやってみたいと思いました!
by slow_trip | 2014-06-10 06:00 | kayaking | Comments(2)

slowな旅やアウトドアの備忘録です。たいしたものはありません。どうぞごゆるりと。


by slow_trip