NEPAL TRIP ~ANNAPURNA CIRCUIT TREKKING~ vol.1

c0228945_19411356.jpg


遅ればせながら11日間ほど夏休みをいただき、

ひさしぶりにネパールへと旅立ってきました~。







ネパールに行くのは、仕事での渡航を
含めると、かれこれ7回目になるでしょうか。


初めて訪れたのは2005年。


プライべ-トでは、3年に一度くらいのペースで
ネパール病にかかる体質のようでして。


c0228945_14365130.jpg

2008年秋:ムクティナートからベニまでMTB

(最高高度 約3,800m)


c0228945_14365680.jpg

2011年秋:ランタン谷トレッキング

(最高高度 約4,550m)


c0228945_14400242.jpg

そしてこの後、仕事で2012年GWに行っているので、
今回もやっぱり3年周期のタイミング。





ただ、今回は、昨年4月におきた大地震による
被害が気がかりで決めた渡航でもありました。


タメルにも山にも、全然観光客がいない・・・

震災後のネパ-ルを知る人は口々にそう言います。



地震で崩壊した建物はごく一部なのに、
全く影響のないルートでもトレッカーの姿は
まばららしく・・・


観光の仕事をしている人が多いネパールでは
風評被害による損失のほうがよっぽど大きいに違いない、、、。



ネパールは、個人的にも大好きな国の一つ。
いままでネパールという国や人からたくさんの恩恵を
受けたお礼に、自分もなにかできることはないか。


震災の支援として、お金を送ることも
もちろんとてもスバラシイことだと思います。


ですが、わたしは、できるだけ自分の足であるいて、
現地にお金を落とすこと。


そしてネパールは今も安心して旅ができる国であること、
こんなにもすばらしい大自然があることを、
写真や文章を通じて多くの人に伝えること。


それが、いまの自分にできる最良の
支援ではないかと思ったのです。





「いつかネパールに行ってみたい!」


そうおもってくださる方が
一人でも増えてくれることを願って・・・





なので、今回はいつもの、’のほほ~ん’とした旅より
ちょっとばかし気合が入ってました。


「書く」こと、「伝える」ことを意識して、
リアルな雰囲気が伝わるようにと、写真もたくさん
撮りましたし、メモもたくさんとりました。


さながら、トラベルライター気分。笑




ちなみにパタゴニアやユーコン等、過去の旅日記は
どれも途中で力尽きましたが・・・(汗)


今回はその反省を生かして、旅をしながら大筋を
iphoneにメモしてきました。



最後まで更新できるようがんばる所存ですので
気長にお付き合いいただければ幸いですm(_ _)m



(「行ってみたーい」などのコメント大歓迎♪
いいね拡散もぜひおねがいします!)



********




1/13(水)

朝、ザックを担いで出勤し。
20:30 仕事が終わってから、そのまま羽田空港へ。


c0228945_11080899.jpg

東京モノレールに乗るのは久しぶり。
成田と違って、羽田の移動は気楽でいいですねー。


少し時間に余裕があったので、空港到着階にある
シャワールームに立ち寄ることに。



c0228945_11223225.jpg

事前予約不要。
30分で1,030円也。

タオルやシャンプー類、一式備え付けられていて、
さらに個室が使えるとのこと。


しかも、ドライヤー完備で、隣のカフェの
ドリンク無料券付き。


今回のように、仕事を終えてから行くとき
などは、なかなか利用価値高いと思います◎


あ~ さっぱりさっぱり。



22:30頃、荷物のパッキングを済ませ、
タイ航空のチェックインカウンターへ。


事前に、WEBでシートリクエスト済み
(夜行便は通路側、日中便は窓側)
なので、特に急ぐ理由なし。


唯一気がかりだったのは、新調した軽量
ザックがボロボロにならないかという点、、、。


ちなみに新調したザックは「山と道three


一応70Lサイズのゴミ袋は用意してましたが、本来は
キャリア側でサービスしてくれるはず。


私:「ザックに袋カバーおねがいできますか?」

カウンターの人:「申し訳ありませんが、今在庫を切らしてまして…
どうしても希望される場合、あちらの場所で
有料サービスがあるはずですが、いかがですか?」

私:・・・え( ̄O ̄;)



しかし、ちょっとゴネてみたら、「別のカウンターで
予備がないか探してきます!」と、
5秒ほどで用意してくれました。←速


あまりにもあっさり用意してもらえたので、
ただ単に経費削減なんじゃないだろうかと
疑ってしまったり。。


ともあれ、何事もまずはごねてみるもんですね。
(旅先での教訓です)






無事チェックインと出国審査を済ませて、搭乗口へ。



買い忘れた耳栓をGETし、水を買って機内へ。
しかし、空港はやはり暑い…


現地は寒い寒いと脅されていましたが、
いちおう半袖着てきて良かったです。


c0228945_11080942.jpg

欧米人の方はどこでも半袖。

c0228945_11081026.jpg

ちなみに今回のチケットはタイ航空のサイトで
直接購入しました。破格の5万円弱!
(通常はオフ期でも10万前後)


この時期でもバンコクまでは混んでいるようで。
見渡すと、席は9割方埋まっている様子。


0:20 定刻通り出発。
いつも通り、離陸とともに爆睡…zzz



機体が安定した頃、目をさますとドリンクが
手渡しで配布され、機内食の軽食が置いてありました。


c0228945_11081017.jpg

ふむ。
これがグルテンフリーのサンドイッチ。


というのも、今回はすべて特別食を
リクエストしてみたのです。


お味はというと、、、
「めっちゃ薄味。というか無味。and パッサパサ。」


・・・深夜1:00すぎだったこともあり、
無理はしませんでした。


その後すぐに消灯。


10列位前にいる赤ちゃんが延々3時間くらい
夜泣きをしていて、それはそれは
かわいそうな泣き叫びっぷり。。



(こんなときに耳栓が活躍)



昔は移動中や旅先では全然寝れない体質(ザ神経質)
だったのに、いったいいつから寝られるように
なったんだろう??


年々、確実に鈍感(細かいこと気にならない人)に
なってきてますねぇ。


いいことだ。





日本時間5:30頃しばらくして、明るくなり、
朝食が配ばれてきました。


なにげに、特別食のいいところは、通常食よりも
先にサーブされるところ。


c0228945_11081112.jpg
↑グルテンフリー食

クロワッサンと、オムレツと、チキンソーセージ。
通常食と何が違うかといえば、丸いパンがあるか無いか?くらい。


このクロワッサンは、本当に小麦粉じゃ
ないのかしら??(謎)


普通においしかったです。


ちなみに特別食には、ベジタリアン(数種類)、
ムスリム食とか、フルーツプレートとか、
他にも10種類くらいあります。


ちゃんとしたキャリアさんは、きちんと
細かく対応していて素晴らしいなぁと思いました。






タイ時間で5:20 バンコク空港に到着。
広~い空港内を、テクテク移動。



c0228945_11080724.jpg
c0228945_11080604.jpg

乗り継ぎ時間はたっぷりあるので、搭乗口近くの
フードコートでしばしネット&やり欠けの仕事を
やっておりました。


以前より、wi-fiが使いやすくなってます。(嬉)


c0228945_11080605.jpg

タイと言えば、フルーツ天国。

個人的には甘くないバナナチップが大好きなので
トレッキング中の携行食として購入。


時間が来たので、再び搭乗。


c0228945_11080844.jpg
c0228945_14110288.jpg
窓側に乗るとテンションあがりますっ⤴


3時間くらいの飛行時間ですが、
機内食はしっかり目。


c0228945_14110405.jpg
↑シーフード食


これはめちゃくちゃ美味しかった~◎


さすがシーフード天国のタイ。
この選択は間違いありません!




おなかも心も満たされたら、あっというまに、
離陸のアナウンス。


そろそろかな~?と思って窓を見たら、案の定
ヒマラヤが見えてました。


c0228945_14110542.jpg


幸先良いなー♪

どんどん近づいてくるヒマラヤを見ながらニヤニヤ。


そしてほぼ定刻通り、カトマンズ空港到着。



c0228945_14105906.jpg

入国審査と空港取得のVISAを申請し、
心配していた荷物を待つこと30分強


c0228945_14110046.jpg

おー。

無事でてきた!


c0228945_14110021.jpg

ビニールは一部穴が開いてはいましたが、
ザックは無傷でした。(ホッ)



ここでつまずいたら元も子もありません。


着陸から1時間以上経過して、
ようやく空港出口へ。



ガイドのディルさん、ドライバー(
バイラワさん)と無事合流。



前回のランタンでもお世話になった二人。

今回もよろしくお願いしますー!


c0228945_14345958.jpg
今日はこのTOYOTA車で移動。


昼過ぎに空港を出発し、その日のうちに登山口の
ベシサハールへ向かいます。



c0228945_14345482.jpg
c0228945_14345591.jpg


ノーヘル、2人乗りは日常茶飯事。



c0228945_14345659.jpg

着くのは20時すぎになるとのことで、
途中で軽めの軽食をいただくことに。



c0228945_14345739.jpg

ネパールと言えば、どこにいっても紅茶。
特にミルクティやマサラティをよく飲みます。


そして、山奥や小さな商店でも見かけるのが
この「TOKLA TEA」のティーバック。


「TOKLA TEA」はネパールのイラム地方で
採れる茶葉を使った紅茶です。


実はネパールのイラム地方というのは、
紅茶の一大産地ダージリンのすぐ隣。


国境をはさんでいるだけで、気候や地形も
似ていて、おいしい紅茶が取れる土地なのです。


そんな紅茶の本場で生産される「TOKLA TEA」。


ダージリンほどネームバリューがないため、
お値段がお手頃なのがうれしいポイントです。


c0228945_14345756.jpg

私はとくにマサラティ(インドでいうチャイ)
が大好きですねー。


「チャイ」とは、お茶のこと。
そして、「マサラ」とは、様々な香辛料を
粉状にして混ぜ合わせた物のこと。


つまりマサラティーとは、スパイス
たっぷりのミルクティーのことを指します。


スパイスはもともと漢方薬の原料で、胃腸を活発にし、
肝臓の働きを助け、強壮作用があります。


要は、スパイスは薬膳(漢方)みたいなものと
一緒なんですね。



ちなみに使用される主なスパイスとその効能は、


●丁子(ちょうじ=クローブ)
【働き】*胃痛、腹痛に効果


●桂皮(けいひ=シナモン)
【働き】*体を温める


●生姜(しょうきょう=ジンジャー)
【働き】*血行促進、発汗、体を温める、消化吸収など


●小豆蒄(しょうずく=カルダモン)
【働き】*消化促進



丁子、桂皮は、内臓から温める働きを持つ作用の食材。

生姜や小豆蒄(カルダモン)も温性で、
余分な水分を排出する働きもあるそうです。


つまり、マサラを飲むことで、内臓から体を温め、
気や血液をスムーズに巡らせてくれるということ。


また、発酵している紅茶も体を温める性質なので、
マサラティーは寒い時期にピッタリというわけです。



郷に入れば郷に従え

現地の方が飲んでいるものを一緒に飲むのが一番!



c0228945_14520496.jpg
c0228945_14520687.jpg


そして、この日の軽食はチョウメン。

一番早く作れるのがコレとのことだったので、
チョウメンを2皿オーダー。


3人でシェアして美味しくいただきました♪


その後もひたすら走って、西へ西へ。



c0228945_14520053.jpg


車の上に乗るのもネパールでは当たり前。



c0228945_14520176.jpg

車の上でお菓子ムシャムシャ。

自由だなぁー


ふふふ



c0228945_14520160.jpg


西陽がとってもいい感じの夕暮れなのでした。



c0228945_14350098.jpg

ついでに余談。


日本から履いて来た靴下(ドライマックス)は
機内や暑い空港(特にバンコク)などの気温差が
ある環境でも蒸れず、たいへん快適でした◎


トレラン&トレッキング用ソックスとして購入しましたが、
今後は旅行用としても重宝しそうです。



c0228945_15072315.jpg

19:30 目的地のベシサハール到着!

意外と都会的な町でびっくり。



c0228945_14520338.jpg

夕食は、念願のダルバート。


ダルバートは、ネパールの庶民的な料理で、
ダル(豆スープ)とバート(米飯)の合成語。


それに野菜などのおかず(タルカリ)、
漬物(アツァール)の2つを加えた4つが
セットになった食事をいいます。


ネパールでは毎日朝晩食べられている料理で
日本の「味噌汁、ご飯、副食」の組み合わせにあたるもの。


ちなみに私はダルとカレー味のじゃがいもの
タルカリが好き◎

ネパールは300種類にも及ぶ豆を料理に使うため、
ダルが食事の主役といっても過言ではありません。



レストランなどでは追加料金で肉(おもにチキンが多い)
もつけられますが一般家庭では稀であり、
週に一度くらいしか食べないようです。


食事としては大変に栄養のバランスが取れているらしく、
米と野菜と豆と漬物なので、日本人には非常に合う料理
かと思います。





c0228945_14520249.jpg

そして、もちろん食前・食後にはマサラティー。


ドライバーさんはククリラム(サトウキビのラム酒)を
飲んでいらっしゃいました。



c0228945_14520439.jpg

食事が終わるころには、21時をすぎており。

あとは寝るだけ。

(シャワーはあるけど、ほぼ水なので浴びません)




おやすみなさーい・・・zzz











朝5:00

チベット仏教のお経で目が覚めます。



c0228945_15072376.jpg

(写真は7時頃のもの)


ここから先はチベット仏教の世界なんだな~と
しみじみ。


c0228945_15072017.jpg
c0228945_15072066.jpg
c0228945_15072149.jpg

朝は紅茶、トースト、卵、ポテト、
リンゴという朝食セットいただきました。


だいたいこれで400円前後かな?



c0228945_15072121.jpg

明るくなったら洗濯する人々の姿も。


c0228945_15072274.jpg

今回の旅のパッキングウェイトは11㎏くらい。


でも、今日は歩かず、ひたすらジープで移動の日。




「8:00にジープを予約した」と言っていたけど、

一向に来る気配がないので、しばし散策。


c0228945_15072469.jpg

これが泊まったガンガプルナホテル。


どこでもわりと「ホテル」と書いてあるけど、
設備は寝るだけの部屋という簡易ロッジがほとんどです。

(大体1泊300円~500円が相場)


c0228945_18375923.jpg


カメラを持って、ふらふらしていたら、

かわいい子と目が合いました。



もこもこの帽子がなんともかわいい^^

ネパールの人々は恥ずかしがり屋さんが
多いですが、基本的にとってもフレンドリー。



このあとも、ジープが来るまでの間、
宿の子供たちとしばし戯れ、
楽しいひとときを過ごさせてもらいました。



(つづく)





by slow_trip | 2016-02-01 18:00 | nepal | Comments(0)

slowな旅やアウトドアの備忘録です。たいしたものはありません。どうぞごゆるりと。


by slow_trip