SHORT TRIP TO 台湾・金門島 <DAY2>

c0228945_05570733.jpg


前回(vol.1)の続き。

金門島旅2日目のお話です。







DAY2 3/7 mon.


0時過ぎに寝ついて、5時には目が覚めるという...
生粋の早起き人間のワタクシ。


もちろん外はまだ真っ暗。
しばらく布団の上でゴロゴロしていましたが。


昨晩は早い時間から朝まで、がっつり寝ている
お二人さんも、6時には起きたので。


おいしく朝ごはんを食べるべく、ゆるっと
宿の周辺を走りに行くことに。


(動かざる者、食うべからず!)


c0228945_08400988.jpg
(iphoneで撮影)


念のため迷子になっても困らないように

iphoneをもち、足元はサンダル。(xeroshoes



このサンダル、片足120gと軽量&ペラペラ。

気軽に持って行けるので結構重宝しています◎



c0228945_11271233.jpg


実は、宿の周辺は小さな湖がたくさんあり、

多種の水鳥たちの生息地になっているよう。



c0228945_11411883.jpg


昨日バイクに乗ってる写真を撮った場所↑が

慈湖という名の湖なのですが。



ここは半分海水の湖となっており、金門の国立公園で

もっとも規模の大きい鳥類の生息地なのだそうです。



c0228945_08400796.jpg
(iphoneで撮影)



というわけで、思い付きで、
本日のランニングコースは、宿(南山)
からぐるっと大回りで慈湖一周~。



なんやかんやでトータル1時間のrunning。
距離にして9km。



なにせ湿地地帯はバイクでは走れませんので。



漁業、沼、畑、潅木、森など、栄養豊かで
複雑な生態系ということがよ~くわかりました。




朝からいい汗かいて気分爽快♪
もちろんお腹もぺっこぺこ。


c0228945_05483555.jpg


宿に戻って、シャワーを浴びたら、待望の・・・

朝ごはん!



この日の朝食は、金門の人々の朝の定番メニュー

「広東粥」「油條」「焼餅」。



c0228945_05483743.jpg

この「お粥」と「油條」という揚げパンのコンビ。
台湾や香港などでも朝ごはんの定番なのだそう。



油條をちぎり、浸して食べると・・・
めちゃくちゃおいしい~!!



これがあるだけで口当たりやさしいおかゆに
コクと食べ応えが出てきますねぇ。



そうそう、もう一つ、「焼餅」という名の
台湾風焼きパンも超絶美味しかった。


パンとは言えども、生地はパイのように何層にも
なっていて、サックサク。


ハチミツでも入れてあるのか、ほんのりと甘い味と
小麦の味がしっかりとしていて、あっさり完食♪



c0228945_05483691.jpg



そして金門の広東粥は、ものすご~くトロットロ。

日本人がイメージするお粥とは全く別の次元の食べ物です。




コレ、豚骨スープで米をじっくりと煮込み、豚肉、

肉団子、臓物、魚肉団子、卵などが加えられたもの。



具がたっぷりなのに、なんとも朝にぴったりの

元気になれるお粥なのです。



c0228945_05483651.jpg


いやはや、宿泊料が安い(2泊で一人5000円)のに、
こんな満足度の高い朝ごはんが食べられるとは。


うーむ、なんという贅沢。


ぜったい、金門島では、伝統民宿にとまって、
金門式ごはんを食べるべき、ですネ。


朝から全開でニンマリすること間違いなし!



c0228945_05483803.jpg


そして食後には、珈琲のサービスも。

朝からすっかり満たされて、ほっこりほっこり。


ごちそうさまでした^^



c0228945_09042609.jpg


準備を済ませたら、


「今日もよろしくね~♪」

と愛車くんたちにご挨拶。


c0228945_05483192.jpg


まずは、レンタカー屋さんに立ち寄って、

バッテリーの交換。

(ここ以外にも8箇所くらい交換場所があるそうです)


1個でだいたい20㎞くらい走るそうですが。

ガソリンより安いのも電動バイクのメリット。



c0228945_05483284.jpg


バイク大国の台湾では、2輪車レーンが

ちゃんとあるのもうれしいポイント。



速度は時速30㎞なのでトコトコですが、

速い車&バイクが追い抜くスペースがあるので

ほとんど気を使わなくて済みました。



日本で走るよりよっぽど走りやすいと思います。


c0228945_05483333.jpg


まず、向かった先は、水頭港。

今日はここからさらに島に渡るのです。



船の時間までまだ20分以上あるようなので、

ターミナル内のお茶屋さんで小休憩。


c0228945_05483301.jpg


金門島は本島と違って日本に統治されていないため

ほとんど日本語は通じませんが。



メニューの漢字を見ればなんとなくはわかるので

中国語圏は比較的旅しやすいと思ってます。



c0228945_05531800.jpg

これが、それぞれ注文した飲み物たち。



c0228945_05531893.jpg


クンクンクン・・・

え~、とりあえず、まずは匂いCHECK。


c0228945_05483493.jpg


ここでも一か八かのチャレンジオーダー。


チョイスが当たりか、外れだったかは、

写真からお察しください。笑




ちなみに私はミルクティ(麦芽入り)を注文。

砂糖抜きにしたこともあり、すごく好みな味でした◎




しかし、これ、ひとり分で700mlはあろうかと。

サイズが大きいのに安いことにびっくりです。



おなか、タップタプっす。



c0228945_05531916.jpg


で、あれよあれよというまに、乗船時間。


チケットを買う場所では、そばにいた軍人さんが
ご親切にしてくれました。


ありがとうございますm(_ _)m


船にバイクも載せられることは知っていたのですが、
あえてそのまま置き去りにして、人のみで移動。


c0228945_05532009.jpg


船内はバイクの人、乗客と様々。


ちなみに大金門と小金門との間は、このフェリーが
毎日28往復もしているそうです。


船は30分おきに出ていて、乗船時間はわずか20分ほど。


10:45 あっという間に小金門島に到着です。



c0228945_09355169.jpg


これが、google earthでみた、大金門島(右)と

小金門島(左)の位置関係。





ちなみに、あえてこの島にやって来た理由は、

おいしいと評判のタロイモ料理を食べるため。




そのために、体力を使わないバイクで回るよりも、
人力で向かうことを選択した我々。

(芋をおいしく味わうための意気込みが尋常ではないw)





港で自転車を借りるつもりだったのですが、船を下りても
それらしい場所が見つからず・・・


時間もあることだし、歩くことに。


c0228945_05531350.jpg


ここはぐるっと巡って20㎞ほどの小さな島。

人口8000人ほどで、よりいっそう、のどかな時間が流れています。



c0228945_05531485.jpg

歩き始めて30分ほどした頃。
見覚えのある(おそらく有名な)お土産屋さんを発見~。


1960年創業の「金瑞成貢糖廠」さん。


金門島名産のお菓子といえば、この「貢糖」。
「落花生」を原料にした福建省特産のお菓子だそうです。


試食を頂いたところ、サクサクでほどよく甘く、
濃厚なピーナッツ味がとっても美味しい!


中でも絶品だったのは、竹の葉でくるんだ竹葉貢糖


これを、お土産にしたところ、大好評◎


いろいろ入ってるアソートタイプも好きでしたが、
竹葉貢糖は別格のおいしさです。



そして、買い物を終え、再び歩こうとしている我々に、
お店の方が、この先の「烈嶼郷文化館」で
自転車が借りれるよ!と教えてくれました。


OH、これはうれしい。
ご親切にありがとう♪


おかげで、ここから先は念願の自転車!


c0228945_05531503.jpg


「自転車さいこー!」


…だったのは、下り坂の、ほんの一瞬だけでした。笑


まぁ、島だけに、道がどこも平坦なわけはなく。


ほぼほぼギアの利かないママチャリで巡るのは
思った以上にタイヘンで、、、


いやはや、相当に体力を消耗。。。


c0228945_05531730.jpg



でも、下り坂だけはやっぱりきもちいいぃ~♪




自転車を全力で漕ぐこと1時間弱。
(もはや苦行)


結局、目的地の食堂に辿り着いたのは、
12:30過ぎのこと。



お店に着いた時点で、汗をかきまくってびっしょり。
すでにだいぶクタクタの面々。笑



c0228945_05571190.jpg


・・・タロイモ、はよ!



という我々の願いが通じたのか、お店はガラガラで
料理も手早くサーブされてきました。


c0228945_09050155.jpg


注文したのは、150元のセットメニューと芋頭丸子


きっとコロッケに違いない!と信じて注文。

見事正解だったようです。(ホッ)



c0228945_05571235.jpg


・・・う”まっ。



c0228945_05570889.jpg


なんでしょう、このソフトな食感がたまりません。

何もつけなくても、すっごく美味しい~。



ちなみにタロイモとは、里芋の仲間。

お味は、里芋と薩摩芋の中間みたいな感じでしょうかねぇ。


c0228945_05570640.jpg


こちらが、セットのプレートwith丸子。



カボチャ、貝柱、干しハマグリ、タロ芋、シイタケが入った

焚きこみご飯と、ほうれん草炒めと海鮮スープ。



どれもこれも、本当においしかった◎


c0228945_05570772.jpg


ちなみに魚肉団子も、金門島の名物。



美味しいシーフードが味わえる島旅は

やっぱり最高です。


c0228945_05570949.jpg

そして、一番楽しみにしていたのがこの

タロイモアイス。


c0228945_05570951.jpg


うっひょー


もう、サーブされた瞬間から、このアイスが

自分の好みすぎて、笑いが抑えきれない人が。笑


c0228945_06023167.jpg


この、小さすぎず多すぎない量も、

ちょうどいい塩梅◎


c0228945_05571046.jpg


・・・これはやばい。



というわけで、あまりの美味しさに、ここまでの辛い道のりと
疲れもすっかり吹き飛んだ我々なのでした。


いや~、小金門島に、芋料理を食べにくるだけの
価値は十分ありです!(きっぱり)



c0228945_05571133.jpg


ちなみにこれが、調理される前のタロイモ。



小金門島の名産で、この地の特殊な赤土と水質により、

このような美味しい芋が栽培できるんだそうです。



c0228945_06023246.jpg


ちなみにタロイモが一番おいしいのは「秋」。

秋の芋は甘みが全然違うそうですよー。


むー、これは、また秋に再訪せねば!!




三層樓芋頭餐館
金門県烈嶼郷黄厝23-1号
(08)236-2415、0937-682-749
営業時間8:00~17:00



c0228945_06022623.jpg


すっかり身も心もチャージされたところで、

再び自転車に乗って帰路へ。


c0228945_06022884.jpg
(涼しげに漕いでいるように見えますが、実際は結構タイヘン。)



途中、海の方を眺めると、橋が見えました。

金門大橋と言って、大金門の金寧郷と小金門を結ぶ
海上に架かる橋になるそうです。


2017年完成予定だそうですが、たぶんまだまだ先でしょうね…。



その後、無事、自転車を返却し、さすがにホトホト疲れた
我々は、路線バスに乗ってみることに。


c0228945_06022830.jpg

運賃もわからず、適当に払って乗っては見たものの・・・


「行く方向が真逆じゃない・・・?
(内心オロオロの図↑)」


とはいえ、遠回りはしたけれど、無事に最終的には
港にたどり着くことができました。


ふぅ~。
よかったよかった。


再び船に乗って、
15:00頃 大金門島へ帰還!



停めておいた電動バイクに跨った瞬間、



やっぱり貴方が、島旅には一番の相棒です。

自由で気楽な電動バイク旅サイコー!


と、より一層の愛着が出たことは言うまでもありません。



こうやって、いろんなこと(徒歩=時間がかかりすぎる、
バス=難解、自転車=しんどい)に感謝できるように
なるのも、苦労を体験したからこそ。


だから、自力で頑張ってみることも、ハイテク移動では
得られない、大きな価値があると思うのです。


旅は、少しくらい苦い思い出がある位のほうが
きっとぜったい面白いはず◎






さて、お次は、金門島の一大観光地を目指してしばし南下。


c0228945_06022977.jpg

翟山坑道
住所:金城鎮古城里 
電話:(082)313-241 
開放時間:8:30~17:00 
無料


昔から戦争の最前地にあった金門島には、
船を停泊させたり、誘き寄せて閉じ込めるための
海へ面したトンネルが各所にあります。


この翟山坑道は、1963年に勃発した「八二三砲戦」の後、
中国との関係が緊張化したため掘られたものだそうです。


c0228945_06023079.jpg


しかし、さすが有名観光地。
周りは団体の中国人観光客の方ばかり。


1991年以前は、台湾人もビザを取って金門へ行きました。
もちろん中国から金門へ来ることもできなかったので、
金門は閉鎖された島でした。


1994年になって、外国人の観光も解禁されたことで、
年々金門を訪れる観光客の人も増えているそうです。


c0228945_06023063.jpg

団体さんがいなくなると、一気に恐怖感が・・・(汗)


このように、かつては、戦争の前線基地だった金門島。


戦争の痕跡が至るところにあるこの島の戦跡を
見ていると、平和な今のこの時代がいかに幸せかを
あらためて感じさせられます。


平和は何より大切なこと。
もう、戦争はあってほしくないと切に思います。





c0228945_08590182.jpg

夕方近くなり、小腹がすいたので、、、

金城へ移動して、レッツ食べ歩き~



c0228945_08171917.jpg


旅も中盤になると、各々の役割が定着してきますね。



はっせー:しゃべる&たべる&記録担当
(努力家でものすごくマメな人)


あか姉:はしゃぐ&道先案内・先導役
(度胸があって道覚えるの早い人)


で、

私:カメラマン&プランナー
(基本、地味な裏方が好きなタイプ)


てな感じで、なかなか良いバランスではないかと。


c0228945_08163850.jpg


「千と千尋の神隠し」の釜爺の部屋みたいと

いわれている薬房。(噂)



c0228945_08171823.jpg

金城のレトロな町は、結構、私のツボだったりします。


c0228945_07555925.jpg


「果物たべたーい」


c0228945_07555813.jpg


「これ好きなんだよね~ byあか姉」


c0228945_07555943.jpg


今日の夜食と明日の朝食のお供に

お買い上げ◎



c0228945_08590249.jpg


なにやら、長蛇の列になっているお店を発見し。

「きっと美味しいに違いない」と
並んでみる二人。



c0228945_08590034.jpg

どうやら「蚵嗲之家」という店名の、

カキ入りかき揚げ屋さんのようです。


c0228945_07555743.jpg


他にも、野菜のかき揚げ、ゴマ団子、サツマイモ

フライが販売されています。


c0228945_07555761.jpg


目の前で、2度揚げされていくかき揚げ。

それにしても、相当の人気店の様子。



c0228945_08000809.jpg


私は胡麻団子好きなので、気になるのはこっち。


c0228945_08000991.jpg


味が3食(緑豆・小豆・落花生)も

あるのも素敵。


そして、お店のお兄さんが、またイケメンで。



写真を撮ろうとすると空気を読んで作業を

中断してくれるところがまたニクイ。



台湾の方って、言葉が通じなくても、空気を
読んでくれる人がとても多い印象。



c0228945_08001090.jpg


揚げたて、アツアツ!

特製ソースを絡めていただきまーす♪


c0228945_08172028.jpg

ん”ー、旨い。


と静かに唸っておりました。

食べ歩きはやっぱり楽しい^^




蚵嗲之家
住所 金門県金城鎮莒光路一段59号
082-322210
営業時間 14:30~19:00


c0228945_08001108.jpg


飲食店街を抜けると、今度は市場エリアが

広がっていました。


お肉ドーン。



c0228945_08000524.jpg



魚どーん。



c0228945_08000561.jpg


道端に、素麺ドーン



交通量多いばしょだったので、これを食べるのは

ちょっと勇気がいりますね、、、。



その後、スーパーでお茶やらお土産やら購入し、

「足休めにカフェでお茶でもしましょかねー。」

と、金城にあるオシャレなカフェへ。


c0228945_08194572.jpg
c0228945_08000727.jpg


メニューに英語があって、実にわかりやすい。笑

私はここでもミルクティ。

(台湾紅茶も名産の一つなのです)



c0228945_08171753.jpg

はっせーが頼んだストロベリーミルクティラテ(?)、

めっちゃかわいいラテアートに一同テンション⤴



c0228945_08261162.jpg

そして私のラテはパンダ模様でした。



コーヒーのラテアートはよくみますが、

ミルクティのラテアートは初めて。



これほど上手に描けるものなんですねぇ。


c0228945_08194844.jpg


この日は、前日の反省を生かし。

「夕食は食べずに、軽く済ませる」つもりで、

頼んでみたワッフル。



c0228945_08194401.jpg


思いのほか、BIG SIZEだったわけですが。


結局3人でシェアしたので、
ペロッと食べられてしまいました~


フルーツがたくさんあるのも良かったです◎


c0228945_08194607.jpg

しかし、このカフェも、2~3組しかおらず。

「ザ・定番観光地」以外はほとんど観光客に会いません。



なにせ、この2日間で見た外国人は一人だけ。




でも、この、観光地っぽくなく、普通の日常に
溶け込める感が私はものすごく好きです。



言葉が片言しかしゃべれなくても、
冷たくあしらう人もおらず。
(やっぱり同じ中国語圏でも大陸とは全然ちがうなぁ)


みんなとっても親切。



やっぱり人も食も素敵なトコロ。 

最好的台湾◎






宿に戻って、何も食べずに寝たおかげで、

この日はぐっすり眠れたのでした。



(3日目につづく)







by slow_trip | 2016-03-19 18:00 | island trip | Comments(0)

slowな旅やアウトドアの備忘録です。たいしたものはありません。どうぞごゆるりと。


by slow_trip