slow kayak ~jungle cruising~


c0228945_15123139.jpg



4/17-18のこと。

前回書いた宿坊の前後の旅のお話です。








「もし興味あったら、秩父の宿坊いってみない?」

と、誘ってみたのは、ひと月以上前のこと。




「行ってみたい!」とトントン拍子で話が進み、

宿泊日は、休みがとれそうだった4/17に決定。




宿坊だけは早々に予約して、あとは前日まで、

完全なるノープラン。笑




前日の昼頃に、天気予報をチェック。

大荒れ予報も多い中、秩父地方はさほど悪くない模様。




これならアウトドア遊びも楽しめそうだな~と、

カヤックかハイキングプランを提案すると・・・




ぜひカヤックがやりたい!!

とのことで。






朝、いつも通りの時間(4:00すぎ)に起き、

大荷物を詰め込んで、いざ!



カヤック旅へしゅっぱ~つ。





車を走らせること1時間半。

8:00 目的地に到着。





今回は、湖畔でレンタルなどもされているところに

駐車し、そこから出艇させていただきました。





車を停め、まずは組み立てを開始。





20分後くらいに管理人さんがやって来て、

親切に湖の見所や注意点を教えてくださいます。



ありがたや、ありがたや。





c0228945_15060486.jpg


これ。

天然のキクラゲですって。




c0228945_15060591.jpg



そして湖上へ・・・・




c0228945_15060505.jpg

「わ~ まだ山桜が咲いてる~♪」



風が吹くと桜吹雪が舞い散り、

なんとも贅沢なお花見、ですこと。



c0228945_15060549.jpg


「新緑、めちゃくちゃきれいー」



c0228945_15060410.jpg


「ほんとキレイねぇ、凛さん。」


カヤックの上では、仲良しの二人。笑



c0228945_15082926.jpg


岸辺には、おいしい緑がいっぱい。



c0228945_15082976.jpg

c0228945_15083038.jpg

この湖は両岸から木がせり出しており、

新緑のトンネルをくぐっていくことができます。



c0228945_15083073.jpg

「ほわ~ 癒されるねぇ」


木陰から見る、新緑の鏡面は実に美しい。



c0228945_15083077.jpg



ここは穴場的な場所で、ヒトの姿も少ないせいか、

生き物の気配もたくさん。



c0228945_15083061.jpg



滑るように、湖面をスイスイ~。



c0228945_15082982.jpg


「マイナスイオン きもちいぃ~」


空気がひんやりするとおもったら、

小さな流れ込みがありました。


c0228945_15123005.jpg
c0228945_15123044.jpg


「なんか晴れてきた!」


ちょうど、曇ったり晴れたりで。

暑くもなく寒くもなく、絶好のカヤック日和◎



c0228945_15123037.jpg



いったん下流まで漕ぎ、それから上流へ。




c0228945_15123124.jpg



「わ~ 新緑がほんとにキレイー」



c0228945_15064358.jpg

「みどりがおいしい~!」


カヤックの上で、大きく深呼吸。



c0228945_15123148.jpg

c0228945_15123070.jpg

c0228945_15135759.jpg


そして、管理人さんから聞いた、

おすすめの支流にも入ってみると・・・



c0228945_15135719.jpg


くんくんくん・・

なんだろう、肥沃な森の匂い?



c0228945_15135836.jpg


おぉ~


まさに、気分はジャングルクルーズ!



c0228945_15135837.jpg


「リアルディズニーみたい~」

と、冒険心が躍ります⤴



c0228945_15135608.jpg


すぐちかくに民家があるとは思えない

この別世界感。


c0228945_15154674.jpg


心ゆくまで景色を堪能。


c0228945_15154661.jpg


さぁて、上陸ポイント(おやつタイム)目指して、

漕ぎますか~。



c0228945_15172865.jpg



しばし漕いだ先に、よさげなポイントを発見し、上陸。



c0228945_15154614.jpg



おなじみのJETBOILくんでお湯を沸かし、

おやつはミルクティとちびスコーン。



c0228945_15154710.jpg



おやつをうらやましそうに見る黒犬はん。笑



c0228945_15154629.jpg


「あげないよーダ」



c0228945_15172880.jpg


ゆる~っと漕いで、

自分たちだけの貸し切りの場所で、

の~んびり寛ぐ。



c0228945_15172864.jpg


「あ、SLの汽笛ー」



カヤックは、こ~んな、お昼寝時間が

一番の贅沢かもしれません。




c0228945_15172953.jpg



「さぁて、お蕎麦目指して漕ぐぞ~」



c0228945_15172937.jpg


c0228945_15172922.jpg

c0228945_15172945.jpg


ほんとに、どこまでも美味しそうな緑。

お~なかイッパイ。



c0228945_15154631.jpg



相当、揺れが気持ちよいのか、

ちょいちょい湖上で寝てるウチの犬さん...zzz



c0228945_15172871.jpg
c0228945_15184686.jpg


帰りは、いつも、あっとゆーま。



c0228945_15184651.jpg


ここは、湖の静けさと、
変化に富んだ景色の楽しめる川の良さ。


両方持っているのが魅力ですねぇ。

大変お気に入りの場所になりました^^



比較的近い場所にあるので、
今度は紅葉のシーズンにも来てみたいものです。









12:00すぎ、カヤックを片付け、
お次は長瀞方面へ~。



ランチに向かった場所は、「わへいそば」


c0228945_15184687.jpg


秩父でお蕎麦と言えば、くるみ蕎麦。


ここ「わへい」さんでは、そばつゆが

秩父産のくるみをすり入れた汁で作られています。



c0228945_15184634.jpg


ん~ 香りがいい◎

どろっとしていないので、さっぱりといただけます。



蕎麦は、いわゆる田舎蕎麦と言われる、

少し太めで黒い粒がみえるお蕎麦でした。



こちらも美味しい。



c0228945_15184698.jpg


あか姉ちゃんは、たけのこ御飯も追加注文。


やさしい甘さと苦味が口の中に広がります。



c0228945_15184759.jpg


天ぷらには、季節の山菜もありました。

山菜の天ぷら、大好物です^^




そして、このあと、宿坊へ

(日記はこちら




<2日目>


10:30頃に宿坊をあとにし、

向かった先は、秩父市内にある有機野菜食堂


c0228945_15215168.jpg


染料を保管する倉庫として利用されていた

土蔵を改装した小さなカフェ。



c0228945_15215138.jpg



 「たべものや 月のうさぎ


11:30からオープンとのことで、

しばしお店の前で開店を待ちます。



c0228945_15215294.jpg


ギャラリーも併設されているお店で、

外観も内観も、とっても素敵。



c0228945_15215298.jpg



こちらの一押しは、秩父地方のおいしい水と

季節の山の恵みを満喫できる

「四季のごはん」だそうです。



c0228945_15215237.jpg




1階がカフェ、2階がギャラリー。



c0228945_15215328.jpg


女性好みのインテリア。


c0228945_15215398.jpg


使われている食器にも、こだわりが感じられます。



c0228945_15215181.jpg



心地のいい風が入り込む店内。



c0228945_15215302.jpg


ちょこんと置いてあるストーブもかわいらしい。


c0228945_15215291.jpg


オーダーして、のんび~り待つこと

10分ほど。



c0228945_15231309.jpg


【春の山菜料理】 

前菜は、「黒千石大豆と里芋と黄人参のテリーヌ」


 
c0228945_15231376.jpg


こちらのプレートの上には、

「青山大豆の真珠蒸し」
「豆腐とつくしのグラッセのたまご焼き」
「車麩のカツと蕗味噌」

の3種。


c0228945_15231460.jpg


他にも、

「うるいとこんにゃくと人参の酢味噌がけ」
「蕨とアケビの新芽の白和え」
「つくしのピクルス」
「お汁」
「雑穀米ごはん」


丁寧に作られたお料理が、テーブルにズラリ。



なんと、こちらの店主さん。
休みごとに、山に入っているそうで。


季節ごとの山の実りと、有機野菜農家さんで
育った元気な野菜たちが主役のごはん。



c0228945_15231464.jpg



有機野菜は、野菜本来の甘みや苦みなどを
味わえるところが大好きです。


秩父地方のおいしい水を使っているからでしょうね。
ご飯とお汁も、やさしい甘さを感じました^^



店員さんも素敵で、本当に美味しかったです。
ごちそうさまでした~ 




c0228945_15231513.jpg


ランチのあとは、お土産を買うべく、
長瀞にあるお豆腐屋さんへ。


お豆ふ処 うめだ屋


豆腐を買いに行ったのに、
目が留まったのはとうふドーナツ。笑


試食が美味しかったので、3つお買い上げ。
もちろん、お豆腐も購入。


翌日、家族でおいしくいただきました◎


c0228945_15243011.jpg

で、スイーツもおいしそうだねぇ~と、
併設のレストランで早めのスイーツタイム。


このおとうふプリン、甘さ控えめで
と~っても美味しかったです。




なんやかんやで、たべてばっかりな2日間。

あー しあわせ。



帰宅して、体組成計にのってみると、
なぜか体が軽くなっている・・・?



この理由を私なりに推測しますと。




古くから「春は苦味を盛れ」と言われ、
春は苦いものを食べると良いとされています。



冬の間じっとエネルギーを重鎮した生命力あふれる
春野菜には、健康な体を保つための
さまざまなパワーが溢れています。



薬膳では冬の間に新陳代謝が落ちて脂肪や毒素を
溜め込んでいる人の体から毒素を排出し、
体を目覚めさせる食べ物として春野菜を取り入れます。



つまり、春野菜を食べる習慣には、老廃物が溜まった
冬から、苦味でカラダを目覚めさせたり、新陳代謝を
促すという、昔ながらの知恵が込められているようです。



旬の食材にはちゃんと役割があって、春の食材には
デトックス効果が高いものが多い。



薬膳の世界では、春は一年の体調を左右する大切な季節。

この時期は「肝」と呼ばれる臓器の働きが活発になるため、
心身のバランスを崩しやすくなるといわれています。
精神神経の失調が多くなるのも春。


「肝」が盛んになりすぎると、熱、くしゃみ、微汗、鼻水、
鼻づまり、のどの痛み、目の充血、目やに、
顔面のむくみ、めまい、のぼせ、頭痛など、
主に上半身の症状となって表れます。



そんなときにこそ積極的に食べたいのが、
「肝」の働きを助ける=解毒作用のある春野菜。



蕎麦、あわ、小麦、豆腐、セロリ、三つ葉、白菜、
キュウリ、トマト、ごぼう、キウイフルーツ、あさり、
ハマグリ、菊花、茶葉、薄荷、葛(くず粉) 。


ふきのとう、タラの芽、ウド、セリ、フキ、菜の花、
タケノコなどの苦みのある山菜も◎。


この苦み成分こそが、冬の間活動が停止していた
胃腸の動きを刺激し、身体に溜め込んでしまった
老廃物を排出してくれるデトックス効果があるわけです。



きっと、この旅で食べたものたちのおかげで、
カラダの中もキレイになったのかもしれません。




「春」ならではの恵みを、目から耳から、
口から、内臓から・・・

カラダい~っぱい味わった旅でした◎








そしてあか姉ちゃん。


私好みの、なかなかディープで
ゆるい旅におつきあいただきありがとう~。



食の好みが合う人と、出かける旅は
やっぱり楽しいねぇ。



さてさて、お次は、どこの宿坊にいきましょーか。
今から楽しみにしておきます^^




(完)









by slow_trip | 2016-04-25 19:00 | kayaking | Comments(0)

slowな旅やアウトドアの備忘録です。たいしたものはありません。どうぞごゆるりと。


by slow_trip