climbing Mt. Fuji 2016


c0228945_20454940.jpg



8/28(日)-29(月)のおはなし。

今年2回目となる富士登山に行ってきました~





何を隠そう、今年の7/23-24にいってきた富士山@お仕事

が(なにげに)初めての富士登山。




今まであえて行かなかった理由は、

「登山道大混雑」「山頂大渋滞」「窮屈な小屋泊まり」

これらのイメージが強すぎたこと。



富士山は麓から見て楽しむべきものだ!と。




さらに登山道に森がない(変化が少ない)ところに

魅力を感じず、これまで富士登山に全く縁がなかった私。



c0228945_05415149.jpg



しかし今夏になって、突如舞い込んだ仕事をきっかけに

初めて訪れることになった富士山。



これがも~、想像をはるかに超える美しさだったわけです。




ちなみにその時に歩いたルートはプリンスルート。


「プリンスルート」とは、皇太子殿下が2008年に富士登山をされた折にご利用になったルートで、
一番標高の高い富士宮ルートから出発し、途中で御殿場ルートの空いているルートに合流して、
御殿場口頂上をめざすルート。いわゆる富士宮ルートの標高の高さのメリットと、
御殿場ルートの空いていて登りやすいというメリットがある【いいとこ取りルート】。



通常、富士登山といえば、山小屋やその他施設が飛び抜けて

整っており一番初心者向けと言われている「吉田ルート」と。



出発地点の標高が一番高い「富士宮ルート」が

二大人気のコースで、この2つで富士登山者の

8割以上を占めるという統計が出ているそうです。




結果、どこに行っても大混雑で、大渋滞でも

我慢しながら歩く、ということになりがち、、、。




c0228945_05415849.jpg



しかし、「プリンスルート」を歩いてみた感想としては・・・


①マイナーなルートなので静かな山歩きが楽しめた◎


②富士山はと~っても涼しくて虫もいなくて快適そのもの
&雲上の景色が味わえるのがとっても魅力的◎


③山小屋の方々がとっても親切で、食事も美味しかった!


④偶然泊まった山小屋に、同僚のお義兄さんが働いていて、
焼きたてパンケーキ&コーヒーをご馳走してくれた
(これがまた超おいしかった◎)


④小屋ではネパール×日本のチャリティてぬぐいが
販売されており、ネパールに住んでいるハナちゃんと
ネパールトークを楽しめた^^


⑤ご来光は小屋から堪能。山頂とは違って混雑とは無縁、
寒さもしんどさもなく、ゆっくり朝の贅沢な景色を味わえた



と、

いままで敬遠していた富士山も、過ごし方次第で

こんなにもゆっくり贅沢な時間が味わえるんだな~と。




登り方や選ぶルート、泊まる山小屋次第で見えるものや

満足感はかなり大きく変わるし、

一緒に行く人や自分の力量によっても随分

富士山への印象が変わるんだなぁということを

改めて実感したのでした。





そして、はじめての富士登山がと~っても素敵な旅に

なったので、次は同僚を誘ってプライベートで行こう!

と7月末に決意したのであります。




*******



で、混雑する土日は避け、シーズン最後の日月の休みをとって

今季2回目となる富士登山を決行。




6:40 わが地元駅で同僚K氏をピックアップ。

東名御殿場ICで降り、御殿場口Pに8:00到着。



御殿場口は一番登山者が少ないルートなので、

駐車場も無料で五合目まで車でいけるのが嬉しい。




c0228945_20265519.jpg


しかし、実際に歩くのは富士宮ルートから。

第二駐車場に停めてここからは路線バス移動。



8:15の水ヶ塚公園行きバスに乗車し、

8:27に水ヶ塚公園駐車場に到着。




ここからはマイカー規制なので、

シャトルバスで5合目まで移動。



バス代は片道1,150円だったかな。

0分と30分発、30分おきに出てました。



8:30のバスに乗って富士宮口五合目へレッツゴ~


c0228945_20265634.jpg


お~ 晴れてきた!!


30分ほどで富士宮口新五合目に到着。

すでに雲上界♪


4ルート中、一番標高差が少ないのがココ富士宮口。



c0228945_20265684.jpg


登り始める前にトイレを済ませて、

おやつをもぐもぐ。



同行K氏のお義兄さんもなんと迎えに来てくれて(!)

9:30ごろ、いざ、しゅっぱーつ。



c0228945_20265646.jpg


気温17度。

いや~快適快適。



五合目の登り口で写真を撮ってもらい、

てくてく20分ほどであっさり六合目に到着。



さーて、ここからが登りの本番!



c0228945_20265612.jpg


しばらく歩いて振り返ればこの景色!

ん~ やっぱり富士山の空気感はきもちいい◎



雲が下にあるってのが日々の生活にない景色で

新鮮です。



c0228945_20265674.jpg


富士登山では、下山する方々との挨拶、

ちょっとしたふれあいが楽しかったりします。


「頑張ってくださ~い」なんていわれちゃうと

ほんわか元気をもらえます◎



c0228945_20265783.jpg



息が上がらないくらいのゆっくりペースで

七合目に到着し、

そこからこれまた一時間弱で元祖七合目に到着。



c0228945_20265794.jpg


下界がチョロッと見えるだけでテンションUP↑


c0228945_20265736.jpg


時折ガスが晴れてきて、雲の中にいるんだなーと実感。


c0228945_20265582.jpg


ス~ッ

ハ~ッ


何度も何度も深呼吸。



c0228945_20275828.jpg



3000m越えてくると、空気感が変わる気がするのは

気のせいでショーカ。



c0228945_20275816.jpg


8合目の小屋からトラバースルートを通って、

富士宮ルートから御殿場ルートへサクッと移動。



c0228945_20275941.jpg



水平移動はらくちーん。


しかし、頭上を見ると、なかなかのサイズの石が。

落石怖しであります。。



c0228945_20275939.jpg


あっというま(10分ほど)に、御殿場口八合目にある

赤岩八合館に到着◎



c0228945_20275910.jpg


登り始めて2時間。

ほどよく空いたおなかに、具沢山のカレーがおいしいっ!




c0228945_20275922.jpg



食後にはデザートまでいただいちゃいました。



c0228945_20280066.jpg



コーヒーとクッキーは最高のコンビネーション^^



c0228945_20280018.jpg



小屋周辺では、日テレ24時間TVのクルーの方がわらわら。

(富士登山挑戦中のみなさまもチラッと拝見いたしました)

ミストたっぷりの霧の中お疲れ様です!!




この赤岩八号館もお義兄さんが以前勤めていた小屋なので

要らない荷物を預かってもらえることに。



ありがたやありがたや~。

御殿場口の小屋の方は、本当に親切な方が多い。




13:00 

山頂目指して 再びしゅぱーつ。



御殿場ルートになってからは、

明らかにすれ違う登山者の数が少ない。




さらに荷物が軽くなったおかげ(?)か、

山頂までの道も全然思っていたよりしんどくなく。



九十九折の山道を登った先に、頂上の鳥居が見えてきました。



c0228945_20280075.jpg

あら、もう山頂??


八合目からわずか1時間で山頂に到達!


c0228945_20275886.jpg


富士宮口頂上を経て、富士山本宮浅間神社奥宮へ。

改修が終わったばかりのようで、外も中もピッカピカ。



c0228945_20283772.jpg


まずは神社の神様にご挨拶をし。



そういえば今年は前厄なので。

厄除け守りを購入。



c0228945_20283726.jpg


ちなみに今年2016年は申年。

富士(山)信仰の神社、浅間神社の神使いは

「猿」なんだそうですね。



今年登ると特におめでたい(功徳が高い)そうで。

「申年限定ご朱印」もいただいてきました~。





さーてと、念願かなったので、

あの右奥にある剣ヶ峰(富士山頂の一番高いところ)

に行くとしよう。





ここで手ごわいラスボス登場。


「馬の背」という名の急坂。



なかなかの強風で、、、

ココが一番キツかった。。



c0228945_20283895.jpg


よ!

ニッポンのてっぺん!!


(こんな天気なので写真撮影渋滞なんぞ一切なし)




c0228945_20283859.jpg


我々が来た時間は登山者も少ないので

あっさり写真が撮れましたが。


週末の朝なんかは1時間待ちとかザラにあるようで。。

すごいですね~ それに並ぶ人も。




登頂を遂げたあとは、知り合いを尋ねて

山頂にある秘密基地へ。


c0228945_20283821.jpg


まるで宇宙船のような基地で1時間以上

過ごさせていただきましたー。



貴重な体験をありがとうございました!

またぜひ遊びにいかせてください◎




時刻は15:40すぎ。

そろそろ下山しましょーかね。



c0228945_20283881.jpg


帰りはトレランスタイルで

スタコラサッサー。




c0228945_20283939.jpg


一時間弱で八合目を通過。

預けた荷物を受け取り、お礼を告げて、再び下山。







本日のお宿、7合目にある砂走館には

16時半頃に、チェックイン。



c0228945_20283932.jpg


本日の宿泊者は10人ちょっと。

前日は100人以上だったようで、、、

やっぱり富士山は平日来るに限りますな。ウンウン




夕飯は早めの17時半ごろに。


昼がカレーだったので、夜はまかないのラーメンを。



やっぱ野菜がたっぷりで美味しい~

丸兄さん毎度美味しいごはんをありがとうございます!



c0228945_20283929.jpg



小屋に着き、夕食を食べている頃から外は暴風雨。

夜は小屋のスタッフさんと酒盛りタイムに突入~。

(私は飲めませんのでジュースで乾杯)




ここの小屋の、このアットホームさがたまりませんっ。



c0228945_20283777.jpg


モンゴル土産とネパール土産入りの不思議なおつまみ。笑


いやはや、小屋に勤めてる方って、実におもしろい人生を

送ってる方が多い。


いろいろ楽しい話に華が咲きましたが、

21:00 消灯




まずはいびき対策用に耳栓で騒音をガード。




とはいえ、宿泊者が少ないので騒音も少なく。

前回は全く寝れませんでしたが今回は寝れました...zzz




何時間かおきに起きて、外の音を聞いてみるも、

「ザー」っとはげしい雨音しか聞こえてきません



今回ばかりは、ご来光は、ダメなのかぁ。。。(涙)



3時頃からうとうと状態が続き、気が付けば4時。



c0228945_20292100.jpg


お~!?

晴れた!!


4時半頃、山小屋の外に出ると、

遥か遠くの空に綺麗なグラデーションがかかっており、

絶好のご来光タイムを迎えることが出来そうな予感!




下界と山頂は雲の中。

見事に、7-8合目だけが晴れているではありませんか。



c0228945_20292264.jpg


真っ暗だった景色も、少しずつ明るくなり




c0228945_20292279.jpg



山小屋の外に出て、刻一刻と変わる空に見とれる我々。



c0228945_20292234.jpg
c0228945_20292216.jpg


やっぱり富士山で見る朝焼けは一味違う。

実に神秘的。




c0228945_20292243.jpg
c0228945_20292334.jpg



まさに海のような雲海。


7合目の小屋からだと、雲海が近くに見れるのが魅力。

山頂からだときっとこんな景色は見れなかったに違いない。



c0228945_20292388.jpg



c0228945_20292314.jpg


言葉いらず。


もうね、ものすごくキレイ。




c0228945_20292184.jpg
c0228945_20300024.jpg
c0228945_20300016.jpg


スゴーイ!
スゴーイ!


c0228945_20300063.jpg
c0228945_20300178.jpg


どこを撮っても
なにを撮っても

フォトジェニック。


c0228945_20300197.jpg
c0228945_20300148.jpg
c0228945_20300109.jpg


「火星みたい」

本当にそう思ってしまうような光景。



c0228945_20300215.jpg
c0228945_20300213.jpg
c0228945_20300047.jpg

c0228945_20305797.jpg
c0228945_20305738.jpg


午前5時すぎ、ついにご来光の瞬間!



c0228945_20305723.jpg

ヒャッホー!



c0228945_20320372.jpg
c0228945_20305701.jpg


日が差すだけで、ほっと心がゆるむ瞬間。



c0228945_20305808.jpg


心が洗われる光景。



c0228945_20305879.jpg


富士山はやはり別天地。


見える景色が他とは全然違います。


c0228945_20305603.jpg



富士山のご来光は登った者だけの

最高のご褒美。



c0228945_20323812.jpg


「生きてて良かった~」




自然とそう思えてしまうから不思議です。




感動。
感動。
感無量。



これだから山登りはやめられないのです。




c0228945_20323952.jpg


はしゃいでいたら、すっかりおなかもぐーぐー状態。




c0228945_20323922.jpg


5:30頃朝食を頂き、荷物の整理。


山頂は昨日行ったので、朝はゆっくり過ごして

山小屋の方にお礼をいい7時に出発。



「本当に楽しい時間をありがとうございました!」



下山路は一気に御殿場口を下ります。



c0228945_20323877.jpg



下りの場合は7合目辺りから大砂走という砂礫の登山道があり、

ここが御殿場ルートの醍醐味。





c0228945_20323949.jpg



一気に砂場を駆け下りるこの爽快感たるや!



c0228945_20323968.jpg
c0228945_20323979.jpg


勢い余って、砂にダーイブ!



c0228945_20323904.jpg


わー、、、



c0228945_20324043.jpg



しかし、コケても痛くないのが砂走りのステキなところ◎


c0228945_20333113.jpg
c0228945_20333195.jpg

おー、あれがゴールだ!

と、下界が見えてからが長い。。。


(頑張りすぎると足がぷるぷるになるのでご注意ください)



c0228945_20333209.jpg

下り始めて1時間ちょっとで

大石茶屋到着。



駐車場まであとちょっとですが

ここで最後の休憩を。



大石茶屋でココアwith自家製グラノーラを頂き

ほっこりほっこり。



あ~ 温まる。



結局山頂までは3時間。

下山はトータル2時間ちょい。



歩いているときは終始曇り&霧でミストたっぷり

だったのも快適要因のひとつでした。

(暑いのと混雑が苦手なので)




ほーんと、良い旅だったな~

余韻に浸るひととき。




しばしゆっくりしたあと、さて帰ろうかと思った矢先に雨。

最後の最後に雨。。。




傘を差して駐車場までラストダーッシュ(約5分)。



c0228945_20333253.jpg


9:00 御殿場口へ、ぶじ下山。


おつかれさまでした~


あー 楽しかったっ!!





下山後は富士宮口の方にある「花の湯」さんで

リフレッシュ。


最高に気持ち良かったデス。





c0228945_20333274.jpg


下山後は御殿場でお蕎麦をいただき。



c0228945_20333160.jpg


山×温泉×蕎麦。

く~ 最高のご褒美。


このセットで〆るのがまたたまりませんな。




その後は御殿場から高速乗って、昼過ぎに帰宅。






台風の影響で一時は取りやめも考えた富士登山でしたが、

終わってみれば、実に美しく有意義な2日間でした◎



c0228945_20323935.jpg

とにもかくにも、楽しい時間を過ごさせていただいた

丸兄さんと同行K氏と小屋の方々に感謝感謝です。






富士山に行くだけで得られるふわふわとした浮遊感、

鮮やかな朝焼け、異世界たっぷりの宇宙世界を見ず知らずして

ハイカー人生を終えてたとしたらゼッタイ損してたな!と、

今となっては思います。




いやはや、もう、すっかり富士山の魔力に

とりつかれてしまいました。





ぜひまた来年も必ずや砂走館へ

次回は山頂での夕陽を楽しみに登りたいと思います!



(完)






Commented by asaasa32 at 2016-09-07 20:53
連続ですみません(汗)

slow_tripさんの最初の富士山のイメージとまったく同じ理由で登ったことがないです。

本当に富士山なんですよね!?
私が想像していた富士山ではないのですが( ・∀・)

“登らずにハイカー人生を終えたら損”
そこまで言われると行かないわけには~…(笑)
Commented by slow_trip at 2016-09-30 22:34
>asaasa32さん

おひさしぶりです!コメントうれしく拝見していました。
(ちょうどモロッコに行ってまして、なかなか返事が遅くなりすみません・・・汗)

ネパールも台湾も富士山も、どれもほんとうによかったです。
富士山は仕事がなければ一生行かなかったかもしれませんが、思い込みはよくないな~としみじみ思いました。

asaasaさんくらいのハイカーさんなら簡単に登れると思うので、ぜひ一度、マイナールートでいってみてくださーい♪
by slow_trip | 2016-08-29 20:00 | hut trek | Comments(2)

slowな旅やアウトドアの備忘録です。たいしたものはありません。どうぞごゆるりと。


by slow_trip