TRIP TO SHODOSHIMA (2016/11/03-04) sanpo


c0228945_10072461.jpg


11/3-4のおはなし。

4連休の前半に、四国の小豆島へ行ってきました~







11-3-6は思い切って四国と関西へ。





毎度のことながら、4連休のお休みが

確定するのが直前だったこともあり。





今回の旅も2‐3日前にプランニングを開始・・・笑





プラン①
とりあえず後半の土日はカヌーで決まり


11/4-5は、所属しているカヌークラブで

伊勢方面でのキャンプツアーがあったので。

それにあわせて久しぶりの関西遠征。





プラン②
前半は岡山か琵琶湖周辺かで迷う



どうせ関西に行くならと、なかなかいけない

中国地方(岡山)か琵琶湖あたりと悩み・・・






キャンプ地の営業が通年であることや知り合いがいる

という理由で、最終段階で『小豆島』に決定。






突然、「あさってから行くことにしたよー」と

連絡される友人もさぞ驚いたことでしょう。笑







ま、こういったタイミングでも、縁があるというか、

会うべき人には会えるものと思っているし、

たとえ会えなかったとしても、全く気にしない。





若いころは、景色ありきで旅先を選んでましたが、

歳を重ねるにつれ、「人」ありきで行く場所や

お店を選ぶようになってきた気がします。






いつかじゃなくていけるとき、

いきたくなったときに、

会いたい人たちがいる場所へいっておこう。





それが私の旅のモットー。




というわけで、思い立ったが吉日。




前日にカヤックとキャンプ道具を

車に積んでおき、帰宅後すぐにしゅっぱーつ。








22時に家を出て、新東名の途中のSAで

深夜に3時間程度の仮眠...zzz





神奈川を出てから夜中に6時間ほど走り、

空が明るくなった頃は兵庫県内へ突入した後でした。




c0228945_09560507.jpg



朝7:00すぎ 無事、神戸港に到着。


この日は祝日ダイヤで、神戸8:00発の船に乗船予定。




c0228945_09560689.jpg



6m未満の車は車検証不要とのことで、

手続きは楽ちん。



所要3時間、車+運転者で

片道約6000円はお安いですね。



c0228945_09560736.jpg


空いた時間にターミナル周辺をおさんぽ。




それにしても、雲一つなく、

良いお天気そうでなにより◎




c0228945_09575459.jpg



手続きを終えたら、30分前までにスタンバイ。

7:30 いざ、乗船~



c0228945_09560882.jpg



小豆島ジャンボフェリーは、神戸〜高松間を結ぶ

フェリーの一部の便を、小豆島に寄港

させる形で2011年に開設された航路らしい。





ふむふむ、わりと最近できた航路なんですね。


c0228945_09560913.jpg



車両甲板は上下2段あり、上部車両甲板の大部分は

このように露天になっていました。




c0228945_09560499.jpg


青い空に白い船体がよく映えてますなぁ。



c0228945_09560922.jpg



前夜は神奈川にいたのに、半日後には

小豆島にいるなんて、不思議な感覚。



c0228945_09575504.jpg



ひんやり、カラッと。

瀬戸内らしい心地よい空気感。



c0228945_09575694.jpg


ちょっと仮眠でもしようかな・・・

と船内で横になった直後に、ご親切なアナウンス。





まもなく明石海峡大橋を通過します。

船上からしか見られない景色をこの機会にぜひご覧ください





そう言われちゃったら、寝てるわけにはいきませんね。。



c0228945_09575632.jpg



私と同じような人たちが展望デッキへぞろぞろと。笑



c0228945_09575729.jpg



世界最長の吊り橋・明石海峡大橋。



c0228945_09575767.jpg



の橋の下を、スイスイ~っと通過。




そういや、1年前はこの橋の上を走って、

四万十まで自走で行ったな~。


なんて、四国旅を回想してしまいました。




c0228945_09575824.jpg



その後、30分ほど横になったら、

あっというまに小豆島が近づいてました。





前回小豆島に行ったのが2008年11月だから、

かれこれ8年ぶりの上陸。



c0228945_09575813.jpg



小豆島の海岸線は半島と入江が連続する

変化に富んだリアス式。



小豆島の基盤は花崗岩層で、

急峻で岩がむき出しになった岩山の風景は、

いかにも火山島っぽい雰囲気。(ワクワク)





坂手港に予定通り、11:10着岸。


わざわざ港までお迎えに来てくれた友人の水島君。





おひさしぶりです~。

急に来ちゃってすいませんねぇ。

とご挨拶。笑





島に移住して5年になる彼。

なので、水島くんに会うのもおそらく5年ぶり。






といっても、共通の知り合いが島に遊びにいっていたり

facebookでちょこちょこっと近況を知ってはいるので

あまり久しぶりな感じはしなかったかな。





c0228945_12464215.jpg



挨拶もそこそこに、坂手港から向かった先は、

『パンとアートの小さな集い』

というパン屋さん主催のローカルなイベント。





c0228945_10003698.jpg



このイベントに誘ってくれた

友達の水島くんとそのご家族。




c0228945_10003308.jpg


息子くんの周くんと、奥さんの律ちゃんは、

今回が「はじめまして」でした◎




c0228945_09592331.jpg




ちなみにイベント会場の堀越に着いて

初めて見た光景がコチラ。



海岸で島の子供たちが

全員すっぽんぽんで遊んでいるという。。



c0228945_09592456.jpg

一瞬、どこかの海外かと。笑


見てるだけでほのぼのしちゃいますね^^




c0228945_09592333.jpg


「ワンちゃんも大丈夫ですよ」と言ってもらい。

凛も一緒にイベントに連れてきました。



こうゆうゆるいところも、うれしかったりします。



c0228945_09592784.jpg



周くんは、すっかり凛がお気に召したよう◎



c0228945_09592443.jpg


今回、この「堀越」という場所に来ることができたのは

海辺の小さなパン屋さん・Kainaさんのおかげ。






小豆島はいろんなところを旅行した中で

初めて住みたいと思った場所




そう話すオーナーの渡辺さんは、

大阪から島に移住してきて5年目なのだとか。




渡辺さんが作りたかったのは、

お子さんに安心して食べさせることができるパン。




自家製のパン作りの趣味が高じて、今や

一般販売するようになったそうです。




c0228945_09592618.jpg


イベント中は、そんなこだわりのパンも販売していたので、

うっかり売り切れる前に購入。



たくさんの種類があったので悩みつつ、


*黒糖レーズンの丸パン
*小豆とバターの丸パン
*新漬けオリーブの全粒粉パン
*ドライフルーツmix&ナッツ


の4つを購入しました♪



c0228945_09592637.jpg



Kainaさんのこだわりは、自家培養でつくる酵母。



カンパーニュ、ブリオッシュはルヴァンという

小麦粉と水だけで作るパン種を使用。



そしてこれをできるだけ自作の薪窯で

焼いているそうです。




c0228945_09592273.jpg



「材料も小麦粉はすべて国産で、

有機モラセスやオーガニックのメープル、

種子島の洗双糖を使用しています」




と、こだわりの材料について書かれた紙も

一緒にいただいてきました。






洗双糖(せんそうとう)って初めて聞きましたが、

カルシウムは上白糖の50倍、お米でいえば玄米のような

糖で、ミネラルたっぷりでよさそうです。






ちかぢか私もこれでお菓子作りをしてみよっと◎



c0228945_10003256.jpg


こうやって紙袋に入れてもらうと

なんだか魔女の宅急便のパン屋さんみたいで

ワクワクしちゃいますね。





小さなパン屋Kaina
営業日:水・木・金
営業時間:10:00-16:00





c0228945_10033466.jpg



買ったパンは明日の朝ごはん用にして、

この日のランチは出店されていたべジカレーを注文。




c0228945_10003302.jpg



野菜たっぷりで、中身も調味料もすべて

植物性のもので作られたカレー。



c0228945_10003447.jpg



きれいな海を眺めながら食べる

カレーランチはまた格別◎




ほどよくスパイスが効いてて、

見た目以上に食べ応えがあっておいしぃ~。




c0228945_10003598.jpg


食べるとみんなが笑顔になるカレー^^


周くんもぺろりと完食してました。




c0228945_10003758.jpg



堀越にも瀬戸内芸術祭の展示があるから
見に行ってみる?

と、水島君からの提案があり。



食後のおさんぽがてら、

集落の奥まった場所にあるアートを見学。



c0228945_10022242.jpg

堀越の作品は、こちらの「シシ垣」。


「瀬戸内国際芸術祭」は、香川県・岡山県の島々をめぐりながら
200点あまりの芸術作品や美術館を鑑賞できる、3年に一度のアートの祭典。

2010年からスタートして以来、来場客は増え続け、普段は静かな島々に、
このときばかりはおしゃれな若者がわんさかと訪れ、期間中は大賑わいになるらしい。
会期は、春、夏、秋の3シーズンを合わせて108日間。次回は3年後!



c0228945_10022431.jpg




すごいところに作ったもんだね~




c0228945_10022670.jpg


周りは竹やぶ。

そして、集落の奥まった丘の上に作られたこの展示。




たまたま展示の修復に来られた方がいらっしゃったので

この場所になぜ作ったのかお話を聞いてみたところ・・・



c0228945_10022713.jpg


お話を要約すると、、、


『私たちは早稲田大学で建築を学ぶ学生であり、
堀越の自然・街並・生活・そしてそこに暮らす
人々のことが大好きな堀越ファンのひとり。


どうしたらこの堀越の魅力を皆さんに知ってもらえるか、
どうしたらこの堀越の人々が豊かに暮らし続けていけるのか、
そんなことを考えながらこの作品を構想し、
堀越の方々と一緒になってこの作品を作りました。


堀越地区には度々イノシシがやってきて、
畑や野菜を荒らすことが人々の悩みの種でした。


でも、イノシシはとても臆病な動物で、本来は
人間のいるところには寄ってこない
慎重な性格なんです。


かつての堀越の段々畑は、高齢者が増えた今では
雑草と竹だらけで荒れ放題。


だからイノシシが棲みついちゃって、
ひと気のないときにこっそり皆の畑を荒らしてたんです。


でも、イノシシも悪さをしてばかりではありません。
伸び放題になって街を荒らしそうな竹を、
たけのこのうちに食べて減らしてくれていたんです。


おかげで堀越の家は守られていました。


人里に暮らす私たちと、里山に暮らすイノシシが、
上手に共存することはできないものか・・・


そこで堀越を見渡せる場所に、地区にたくさんある
竹を使って、みんなで一緒に大きな垣根、
シシ垣をつくる事になりました。


それは、単にイノシシの侵入を防ぐ柵ではありません。
イノシシにとってはここから先は人間の場所で
この手前までがナワバリだよと教える境界線。


堀越地区のみんなの集いの場所にもなり、
(そうなればイノシシも怖がって来なくなり)
そして外からやってくる来場者さんが一休みできる場所。


座ることも寝ることもできる、大きな大きなシシ垣です。


ここから眺める堀越はとっても素敵。
きっとこの「堀越」という場所が気に入るはず!』



ほほ~。

なんとも素敵なお話。



そんな想いをもって、このシシ垣を作ったというお話を

学生さんから直接聞けて本当によかった。




c0228945_10022746.jpg


堀越の魅力が伝わる

シシ垣でつくる堀越暮らしの輪プロジェクト



詳しくはサイトに写真付きで書かれていますので、

ぜひ覗いてみてください。


本当にこころ温まる試みです。






きもちがさらにほっこりしたところで、

イベント会場へ戻ります。



c0228945_10022860.jpg



13:30から、こちらのお二人のライブがスタート。



c0228945_10023170.jpg



大阪からなんとノーギャラで来てくださった、


田淵徹(ボーカル&ギター)
with
増谷紗絵香(ピアニカ)

さん。




c0228945_10022125.jpg


どことなく、奥田民生さんにも似ているような・・・


田淵さんは、なんと3児の父だそうです。



c0228945_10033201.jpg


昼下がりにぴったりの、メロウな楽曲。



c0228945_10033346.jpg



個人的にはこの「リセット&リラックス」

という曲が一番好きでした。


★音源 (音が出ます) 




c0228945_10033379.jpg



そうそう、前回来た時にカヤックツアーでお世話になった

自然舎のガイド・山ちゃんにも偶然遭遇。




c0228945_10033454.jpg



相変わらず、良い人オーラ全開で、

このあと海辺でキャンプをすると行ったら、

水島くんと一緒に遊びに来てくれることに。




本当は事前に山ちゃんに連絡して、どこかで

会えたらいいなと思っていたのだけど。



まさかの、願ったり叶ったりの展開。



c0228945_14184019.jpg

(ちなみに前回は山ちゃんの事務所の目の前の海岸で

キャンプさせてもらったのでした。笑)




ただ観光で見て周るだけだったら味わえない、

ここちよいローカルな空気感。




いやぁ、のんびりできたし、実に良いイベントでした。

水島くんファミリーに感謝感謝です。ペコリ




c0228945_10033509.jpg


イベント会場を後にし、現地合流予定の友人

(岡山在住の未央さん)を醤の郷でピックアップ。



途中のスーパーで買い出しをし、30分ほど走って、

水島くんおすすめのキャンプ場に到着。


c0228945_10033570.jpg



この日は風もほとんどなく穏やかだったので

ロケーションの良い海辺に設営。




車はすぐ裏手に停められるし、

ほぼ貸し切り状態で、一泊600円は破格◎



c0228945_10033679.jpg


ここ、めっちゃいい◎



近所に住む管理人さんが親切に声を掛けてくれたり、

トイレは水洗で電気もあるし、炊事場もゴミ捨て場も

掃除が行き届いていてとてもキレイ。




c0228945_10033129.jpg


大人になってからのキャンプは初めてという

未央さんは、すでにこのロケーションだけで

大満足そうなご様子。笑



c0228945_10051497.jpg


寝袋を4つもっている私は、未央さん用には

冬用のダウンシュラフを貸出。




「うわ~、想像以上に快適じゃないですかー。

これなら、しばらく住めますね!」



こうしてキャンプにハマった友人を

私は何人も知っています。笑



c0228945_10051541.jpg


陽が完全に落ちる前に、車で1‐2分の温泉へGO。



こちらも通年営業のキャンプ場で、

実は最初はここにしようと思ってたのでした。



c0228945_10051672.jpg


入浴料300円なのも驚きですが、

さらにシャンプー&リンス&石鹸も備え付けがあり、

ドライヤーまであるのがスバラシイ。



島ってやっぱり素敵~。




c0228945_10051719.jpg



おみやげに、岡山名物いただいちゃいました◎




c0228945_10051869.jpg



ほかにも、おみやげいろいろ。


ありがとーございます◎



c0228945_10051979.jpg



17:10頃が日没。


小豆島はやっぱり西にあるから

陽が落ちるのも遅いですねー。



c0228945_10051457.jpg


ひんやりしてきたので、お湯を沸かしてTEA TIME。



モロッコのミントティをいただいて。

なつかしい味をかみしめる夜。



c0228945_10062363.jpg


お茶飲んでまったりしてるうちに、

水島くんと山ちゃんが到着。




さすが、手際よく、あっという間に

豪快な焚火の出来上がり。



c0228945_10062389.jpg



ついでに、山ちゃんのカフェで出しているメニューを

差し入れも持ってきてくれて超感激。




c0228945_10062418.jpg



自分たちでつくる手間もなく、

おすそわけプレートで大大大満足◎




あ~ どれもこれもおいしかったなぁ。



c0228945_10062645.jpg



ちょうど新月近かったのか、予想以上に

星空もキレイでした。



c0228945_10062694.jpg



中盤、いい感じに落ち着いたころに、

鳴門金時の焼き芋を投入。



c0228945_10062723.jpg



じわじわじっくり。

おいしくなぁ~れ。




c0228945_10062844.jpg



火を見つめていると、なぜか心が安らぐ。



こうやって、直火で焚火をしたのは

いつぶりだろうか。



c0228945_10062804.jpg



30‐40分ほど経って、大サイズの鳴門金時が

いい感じの焼き芋に◎




ん~ ホックホクで甘ーい!

やっぱり秋は焼き芋に限りますなぁ。



c0228945_10062252.jpg



山ちゃんは島生まれ島育ち。

一度は島を離れ、奥多摩や小笠原諸島で生物の調査・

研究をしていたというおもしろい経歴の持ち主。

現役のシーカヤックガイド。



水島くんは元ニュージーランド在住で

当時はアウトドアガイドをしていた経歴あり。



c0228945_10072106.jpg


で、私も元屋久島のガイドで、カヤックが趣味。




未央さんは、青年海外協力隊でミクロネシアの

小さな島に赴任していたこともあり、

それぞれちょっと変わった経歴をもつ4人。




カヤック話やら、海外話やら、

愉しい話はつきませんねぇ。




c0228945_10072494.jpg



色々ほかにも国内をカヤックで旅した山ちゃんから

夏の知床は一度行っといたほうがいいよ~

とお勧めされたので、近々行ってこようと思います◎




c0228945_10072322.jpg


ほんとに、良い夜。

良い時間でした。



水島くん、山ちゃん、ほんとにありがとう~。


c0228945_10072054.jpg



DAY2



5:30すぎ 太陽が昇る少し前に起床。



c0228945_10072504.jpg



東向き浜辺なので、日の出が見れるかな~と、

少し早起きして海岸をおさんぽ。




c0228945_10072655.jpg



「おはよ~sun」

明るくなって、海鳥たちも活動開始。



c0228945_10090982.jpg



島の方々は、干潮時にあわせて

海藻採りでしょうかね。



c0228945_10091050.jpg



朝早くからおつかれさまですm(_ _)m




c0228945_10090618.jpg


朝のさんぽを終え、テントに戻り、

まずはお茶の時間。



これまた未央さん土産の甘~いコーヒー。

インドネシアみやげでしたっけ?



c0228945_10090679.jpg



このあとカヤックをやるつもりだったので、

そのままちょっと早めのあさごはん。




c0228945_10090731.jpg



Kainaさんのパン、やっぱり、おいしそー♪



c0228945_10090722.jpg



毎度おなじみストームクッカー+

ロースターでしばし焼き焼き。




c0228945_10090414.jpg



あっというまに焦げるので要注意。



c0228945_10101712.jpg


このくらいがサクサクでおいしい◎


やっぱりハード系の硬いパンが好きです^^



c0228945_10101607.jpg


山ちゃんがくれた10個入りで100円?!のミカンと

未央さん土産のミカン&ブドウ。



朝からビタミンCをたっぷり補給。

フルーツが安く買えるのもいいですねぇ~



c0228945_10101788.jpg



陽もすっかり昇って、暖かくなってきたので

目の前の海でモーニングカヤックをば。



c0228945_10101860.jpg



一応準備体操をして・・・



c0228945_10101972.jpg



ライジャケも着込み・・・



c0228945_10102012.jpg



いざしゅっぱーつ。




c0228945_10102200.jpg


ほぼ無風、海なのにべた凪で、最高のカヤック日和。


c0228945_10112374.jpg


この辺りは湾になっているので、ほとんど波も立たず。




c0228945_10112587.jpg



まるで湖を漕いでいるかのよう。



c0228945_10112510.jpg



カヤックはミクロネシアぶりという未央さん。



c0228945_10112641.jpg


ファルト(布)のやわらかい感覚や

思ったより座椅子が快適なのが

新鮮だったよう。




楽しんでもらえてよかったよかった。


c0228945_10122546.jpg



小一時間ほど海で体を動かして、満足満足。


ぼちぼち撤収して、島めぐりにいきましょ~。



c0228945_10122572.jpg


ここのジェラートは食べた方が良い!」と

みんながいうので。笑



運動後の糖分摂取にお立ち寄り。





c0228945_10122668.jpg


ちなみにこちらはもともと瀬戸内芸術祭の

一作品でもあったそうですが。


使われていなかったお米の倉庫を改装して

ジェラート屋さんに。



なんといっても島の食材を使って

つくられているのがすごいところ。


c0228945_10122764.jpg



みかんやすだちなどの柑橘、紫芋や酒粕、

そして落花生などなど。



2種類または3種類のジェラートを選べます。

これは迷う〜。



c0228945_10122773.jpg

島の素材がジェラートというかたちになって

食べられるのはなんともうれしい。



c0228945_10122849.jpg


島の食材を使ってつくる。

「言うは易し、行うは難し」



それをこうしてジェラートというかたちで実現しているのは

本当にすごいことだなぁと思います。


c0228945_10122307.jpg



ちなみに、旅先でソフトクリームを食べ歩くのが

趣味という未央さん。


めちゃくちゃ幸せそうでした。笑



c0228945_10130796.jpg



また違った味を食べに、

違った季節に訪れたくなりますね。




MINORI GELATO
営業時間:10:00〜19:00
定休日:木曜、第1・第3水曜




c0228945_10130897.jpg

道中のふるさと村にあった作品のひとつ。


花寿波島の秘密


三都半島の沖に浮かぶ無人島、花寿波島をモチーフとした

陸と海を表現した作品とのこと。


真ん中に立つと、不思議な体感ができるアートでした。



c0228945_10130959.jpg



その後も、芸術作品を拝見しがてら、

水島くんおすすめの三都半島ドライブへ~



c0228945_10131028.jpg



三都半島は、小豆島のちょうど真ん中に長く延びる半島で、

小豆島の豊かな自然をいちばん楽しめるところかもしれません。




いやしかし、ほんとに海がキレイで穏やか。

たしかに住みたくなる気持ちもわかるなぁ。




c0228945_10131015.jpg


南端の絶景ポイントに展示されていたのが、


怪物と少年Ⅱ/この彫刻は一万年の生命を持ち

ヒトの一生の間には10mほど歩くⅢ』です。



広場と砂浜に「怪物」の彫刻が設置されています。



c0228945_10131146.jpg
c0228945_10131151.jpg



最初は違和感しかありませんでしたが、

見てるうちに段々かわいく見えてくるのが不思議。笑



c0228945_10131289.jpg



ここもスバラシイ場所。



作品が無ければこんな島の端っこの海岸まで

来なかったでしょうね~。



c0228945_10141295.jpg



つい、のんびりと長居してしまいたくなります。



ただ芸術作品が展示されているわけではなく、

それらの作品を巡ることで、

島の魅力に気づけるアートたち。





c0228945_10141336.jpg



瀬戸芸のアートは島の素材をひきたててくれる

スパイスみたいなものだなとしみじみ思いました。




c0228945_10141322.jpg


そしてそして、これにもびっくり。



島を巡っていると、なんと「お接待」サービスにも

あやかることが出来ます。




c0228945_10141417.jpg



島のお母さんお父さんたちが、手作りの

「おそうめん」「オリーブうどん」
「わかめおにぎり」「梅ジュース」
「カボスジュース」など

いずれも島の名物を食べさせてくれました。




c0228945_10141519.jpg



四国ではもともとお遍路さんに「お接待」といって、

食べ物などを差し出すという風習があり。



それが一部の地区では芸術祭の間にも

観光客へ振舞われるそうです。




どこに行っても思いますが、

小豆島の人たちはと~ってもやさしい。



ここでは、おうどんが特に美味しかったです。

ごちそうさまでした!



c0228945_10141616.jpg


そして、お次の作品は『潮耳荘』



高さ8m、横12m、島の廃材を使って

つくられたというこちらの建造物。




c0228945_10141107.jpg

ちなみに、たいてい野外の作品は

犬連れでも子連れでも楽しめるのが素敵。




c0228945_10153604.jpg


木の柱が集まったドーム状の作品の中に入ると、

奥の壁に「耳」につながる大きな穴が二つ。



近づくと、「耳」が拾った波の音が、

海がすぐ間近にあるかのように響いてきます。




堤防に遮られて海が見えないのに、

耳を澄ますと潮騒に包まれる。




見えないのに聞こえる

その感覚が制作の着想だそう。



空間内に響く、寄せては返す音に身を任せていると、

気分が落ち着いてきます。



素敵なサウンドアートですね~。






この作品のように、作品の多くは、島で材料を集めて作ったとか、

島の人たちの協力を得て制作したとか、

そうした数々の素敵な背景があるので、

それらを感じながら巡るととても楽しいデス。





島では、芸術祭を終えた後も展示されつづける作品が多く、

やがてその作品が島の景観として

島の人々の暮らしになじむことも多くあるとのこと。




島の中には長いあいだ眠っている場所、放置されてる場所、

すぐそばにあるのに見ていない場所がたくさんあり、

芸術祭が行われることでそれにたくさん

気づかせてもらえるような気がしました。






c0228945_10153828.jpg



次に向かったの場所は、「うみねこかしや」さん。




お菓子を作り始めたきっかけは、

茨城県にある「くろねこかしや」というお菓子屋さん。




そこのお店のお菓子が食べたくて食べたくて、

とうとうお菓子屋さんを開くことになったそうな。



c0228945_10153954.jpg


お店に入った途端、い~い匂い。

棚にはずらりといろんなお菓子が並んでいます。




店構えもおしゃれで素敵。

スコーンやクッキーも可愛らしいものばかり。




c0228945_10154061.jpg


結構通行量のある車道沿いにあるのですが、

この入口を一歩入ると、穏やかで静かな空間

広がっています。



店内では飲食スペースが用意されていて、

本を読みながら美味しいお菓子を楽しむこともできます。



c0228945_10154092.jpg



焼きたての新漬けオリーブのパン。

おーいーしーそー



c0228945_10154192.jpg



「うみねこかしや」で使われる小麦粉はすべて国産で

砂糖はてんさい糖、きび粗糖などミネラルの多いものを。




新鮮な食材やオーガニック素材を選び、保存料、着色料は不使用。

中には、動物性の食材を使わないお菓子もあるそうです。



c0228945_10154233.jpg



安全な食材で、少量ずつ、丁寧にお菓子作りをされています。




私が買った「おさかなバニラ(クッキー)」は、

国産小麦粉、バター、アーモンドプードル、卵、てんさい糖、

小豆島の塩、オーガニックバニラビーンズで作られていました。




c0228945_10153691.jpg

お二人とも吹奏楽部出身とのことで、

お店でバイオリン教室もされているそうです。



c0228945_10163142.jpg



このお店の味を作っているのは、瀬尾朋子さん。

2012年4月に千葉県から小豆島へ引っ越した移住組。




本当にここ数年で、小豆島には

素敵なお店がどんどんできていますね。




こういうお店があるかどうかで、

島旅の楽しさはずいぶん変わります。




国産小麦粉とオーガニック素材のおやつ
うみねこかしや
営業日:金・土・日曜日
営業時間:11:00~18:00



うみねこかしやさん、

美味しいお菓子をありがとうございました♪



c0228945_10163215.jpg

お次は、山ちゃんが作ったカフェへ向かいます。

タコのまくら



※タコのまくらは海の生きもの。

丸い形にお花模様をしています。





残念ながら滞在期間中は臨時休業だったのですが

自然舎のキャンプツアーの準備が終わったら

お店を見せてくれるということで、お邪魔することに。





c0228945_10163269.jpg



海の見えるカフェというか、もうほんとにすぐ目の前が海。



看板はビーチコーミングで集めた

流木などで作られてます。



手作り感いっぱいで温かみがありますなぁ。




c0228945_10174333.jpg



タコのまくらは、やまちゃんが、

自然舎のスタッフや仲間たちとともに、

約6年をかけて改築した古民家カフェ。



c0228945_10163386.jpg



残念ながら、この日は何も食べれませんでしたが、

地元の素材、オーガニックな素材を

なるべく使うようにしているそう。




デザートは卵、乳製品を使わずに作られていて、

アレルギーのあるお子さんでも食べられるおやつを

提供しています。




c0228945_10163441.jpg


お店は臨時定休日でしたが、

知らずに来てしまったこちらの若いお2人。



なんと「タコのまくら」を研究しているとか・・・!




こだわって細部まで自分たちの手でつくった店内は、

ほんと~に居心地がいいです。




ふわっと力がぬけて、つい眠くなる。

そんな、友達の家のような、心地よい空間。



c0228945_10174481.jpg



内装の各所に試行錯誤して造り上げてきた工夫が

見え隠れしています。





c0228945_10174417.jpg



漆喰の壁に埋め込まれた、

かわいらしいタイルや色ガラス。





c0228945_10173986.jpg



絵本なども充実しており、

お子様連れにもやさしいお店です。



c0228945_10174089.jpg



窓から差し込むやわらかな陽射しもいい。



瀬戸内の海を眺めながら、

ゆったり・まったりできる素敵なほのぼの空間。




c0228945_10174247.jpg



天井を抜いた広々とした店内。




冬場は薪ストーブが登場するそうです。

想像しただけで、素敵な空間。




c0228945_10163567.jpg



なんと、お店は定休日にも拘わらず

山ちゃんが珈琲を淹れてくれました。



c0228945_10163057.jpg



ん~ コーヒーの良い香り♪




c0228945_10174129.jpg



山ちゃんへの手土産に、「うみねこかしや」さんの

アップルチーズタルトを買ってきたので

みんなで珈琲と一緒にいただきましょー。





ん~、おいしい◎

丁寧に作られた感のある、やさしいお味でした^^





c0228945_10174217.jpg


そんなおいしいケーキを頂きながら、やまちゃんから

タコまくオープンまでの長い奮闘記を聞かせていただき。



多少経緯を知ってる身としては、そりゃもう、

わが家のように愛着を感じずにはいられませんでした。




6年越しに足を運べて、お店が見れて本当に良かった。

山ちゃん、ほんとうにありがとう。



これからも応援してるよー!



タコのまくら
営業日:金土日月
営業時間:11:30~17:00



c0228945_10173849.jpg

時刻は15時過ぎ。

滞在中、最後となる展示『オリーブの夢』を見に行きました。



こちらは継続作品の一つでもあり、なんと地元の竹を

約4000本も使って作されたそうです。



c0228945_10205039.jpg

棚田のなかに突如現れるドームは圧巻です。

というか私はこの棚田の美しさに感動しました。




733枚の大小さまざまな田が連なる中山の棚田。

いや~ 美しい。



c0228945_10205047.jpg



もちろん、内部に入ることもできます。

寝転んで、くつろぐこともできますよ。



c0228945_10205297.jpg



作品までの散歩道も、のどかでよかったデス。



c0228945_10205220.jpg


今回は瀬戸内芸術祭目的の旅ではありませんでしたが、

結果的に、この開催時期に行けたことで、

さらに小豆島の印象が良くなった気がします。





正直さほど期待していなかったのですが

作品を通じて、島の自然や生活文化も感じ取れるところが

とてもよかった。




実際、それが一つのきっかけで、この島に

移住してくる若い人も年々増えているのだとか。




高齢化が進む離島に、こうして活気が出るのは

とても良いこと◎




またぜひ機会をつくって瀬戸内芸術祭、

ゆっくり楽しみに来たいと思います。



c0228945_10205343.jpg


なんだかたべてばっかりな気がしますが、

島での最後の食事は、こちらで。


小豆島ひとやまの農家カフェ、HOME MAKERS。



c0228945_10205556.jpg

”「HOMEMAKER」 

かつてアメリカで主婦のことをそう呼んだ時代がありました。



家でいろいろ作るのが仕事という意味です。

食べ物、洋服、家具、家など身の回りのモノを色々作る。



そんな暮らしに必要なものを自分たちの手で作る生活が送れたら、

きっと人生は豊かになるだろう。


そんな気持ちを胸に2013年6月、

夫婦で「HOMEMAKERS」を立ち上げました。”





c0228945_10204941.jpg


築120年の古民家を改築してオープンした

「HOMEMAKERSカフェ」。



外観・内装ともにとにかくセンスが良い。




古民家ならではの木のぬくもりが心地よく。

ほっとするような懐かしさを感じます。





c0228945_10223174.jpg




店内は古いものを生かしつつ新しいものをミックスした、

落ち着ける空間。




c0228945_10222530.jpg



ふだんの居住スペースが、カフェ営業日(金土)は

カフェスペースに。



ここから見える肥土山の風景はとても素晴らしい~。





c0228945_10234311.jpg




オーナーの三村夫妻は、この肥土山の畑で、

農薬や化学肥料は使わずに、有機肥料を使って

季節ごとに旬の野菜や果物を栽培しているようです。




c0228945_10222748.jpg



注文してからほどなくしてタコライスが登場。



ひとつひとつの野菜を、お店の方が

丁寧に説明してくれました。




c0228945_10222821.jpg


オーガニック野菜がたっぷりでうれしい~


c0228945_10222803.jpg



野菜や果物は、採れたてのものをおいしい旬の時期に

いただくのがなによりのごちそう♪



どの野菜も、とーっても美味しかったです◎



c0228945_10222983.jpg



食後には、自家製ジンジャーミルクティをオーダー。


c0228945_10223085.jpg


未央さんは、自家製のジンジャーエール。



辛すぎず甘すぎず。

普段飲むジンジャーエールとは違った味わい。




c0228945_10234304.jpg


お会計の際に、焼き菓子をひとつお土産に♪




三村さんと最後に少しお話ししましたが、

週中は農園での畑仕事、そして日曜日は家族との時間を

大切にするために、基本的にカフェの営業は金土のみと

しているそうです。




自分たちでやりたいことを曲げずにやって、

家族の時間を大切にする。



そんな生き方がとっても素敵だな~と思いました。



営業時間: 10:00~17:00
営業日:金・土曜日





その後、土庄港まで未央さんを送り、

未央さんは一足先に岡山へ。




愉しい時間をありがとうございました~。

またどこかで会える日を楽しみにしています^^




c0228945_10234443.jpg



私は夜20時の船に乗るので、

それまでの時間は、お土産などを物色し。



c0228945_10234517.jpg



あ、おそうめんさんの色違い。

とか思いつつ購入し。



c0228945_10234137.jpg



最後は、オリーブ温泉でひとっぷろあびて、

20時の船で神戸港に戻りました。







小豆島、出会った島の人たちが

みなさんとても温かくて

それがなにしろ一番印象的でした。




直前のお誘いにもかかわらず岡山から来てくれた未央さんや、

小豆島で出会えた優しいみなさんに感謝感謝です。




家から薪をもってきてくれた水島くん。

休みにも関わらずお店を開けて隅から隅まで

見せてくれた山ちゃん、本当にありがとう。




今度はタコのまくら営業中にランチを食べに行きますね!

自然舎のキャンプツアーにも行きたい!




二人のおかげで、普通の観光では体験できない、

スペシャルな旅になりました。





小豆島、ほんとーに、ほんとーに素敵な島です。




機会があればぜひ、こんな素敵な小豆島の人たちに

会いに行かれることをお勧めします^^





長々と、最後までお読みいただきありがとうございましたm(_ _)m



(完)





追記

きづけばこのブログをはじめて丸7年がたちました。

8年目もゆるゆるがんばりまーす。







Commented by まさよん at 2016-11-29 18:19 x
ちょうど1週間前に小豆島に行ってました〜!
ニアミス残念です〜
何回か訪れている小豆島ですが、何回行っても楽しいですよね〜^_^
わたしも次はキャンプしたいです〜😊
行かれたキャンプ場教えて頂けると嬉しいです〜^_^
ブログ8年目も楽しみにしていますね〜^_^
Commented by ジン at 2016-12-01 01:38 x
平山さん

小豆島の旅を素敵に綴ってくれてありがとうございます。
あまり大したおもてなしはできなかったけど、
島の滞在を楽しんでもらえてようで、嬉しいです。
またいつか焚火を囲んで焼き芋食べましょうね♪
Commented by slow_trip at 2017-01-01 20:18
>まさよんさん
いつも読んでいただきありがとうございます!
小豆島ニアミスでしたか~。

お互い島好きなので、いつかどこかでバッタリなんてこと
ほんとにありそうですね!

今度小豆島へ行かれるときはtwitterで教えてくださいませ。
キャンプ場はそちらでお知らせしますね◎
Commented by slow_trip at 2017-01-01 20:23
>仁くん
その節はほんとうにありがとうございました!
仁くんがあのイベントに誘ってくれてなかったら山ちゃんとも会えず終いだったかもしれないし、海岸での焚火もできなかったかもって考えると、ほんとにいろいろタイミングよく楽しめてよかったなと思ってます。

何度行ってもいいところなので、はっせーも行きたいって言ってるし、また近いうちにぷらっと遊びにいかせてくださいねー。
by slow_trip | 2016-11-27 21:00 | camp | Comments(4)

slowな旅やアウトドアの備忘録です。たいしたものはありません。どうぞごゆるりと。


by slow_trip