真冬の伊豆七島への旅 (2016/12/16-17)


c0228945_10103446.jpg



12/16-17のおはなし。

冬の伊豆七島、珍道中(?)の巻。








本来であれば、ブログを書いている今この時間は

伊豆七島の新島にいるはずだったのですが。。。



結果的に目的地へ行けなかった旅話。





DAY1

12/16(金)


c0228945_10064129.jpg



キャンプ道具+ヘルメットを積んだ

ザ・過積載スタイルで出勤。



赤いちっちゃなトートバックは、最近買ったばかりの

RawLow mountain worksさんの tabitibi tote




もうお気にいりすぎて、買ってから毎日

カメラバックとして持ち歩いてます◎




c0228945_10064211.jpg



20:00まで通常通り都内で仕事をし、

21:00には浜松町の竹芝ターミナルへ。




c0228945_10064181.jpg



インターネット(20%割引)で

予約しておいたチケットを受け取り。



c0228945_10064264.jpg



21:40 船に乗り込みます。



最近はどの船でも「女性専用エリア」っていうのが

あるんですねぇ。



c0228945_10091562.jpg



22:00 伊豆七島へ向けて出港~

(このとき、利島と式根だけは条件付きの出航




c0228945_10064347.jpg



東京湾のきれいな夜景を見ながら



c0228945_10091582.jpg




ちょっとしたナイトクルージング気分。




c0228945_10091654.jpg



夜空には煌々と光るお月様の姿も◎




c0228945_10091782.jpg




寄港地の横浜を経て、消灯がされたあとは

朝まで爆睡...zzz








4:30すぎ。


いつも起きてる時間になると、どこで寝てても

自然と目が覚めるのが不思議。





c0228945_10091798.jpg



5:40頃だったかなぁ。


一番大きな伊豆大島に着岸。



c0228945_10091733.jpg



ここで半数以上の乗客が下船。




c0228945_10103274.jpg



船は一路、次の利島へ向けて出発~




c0228945_10091953.jpg



刻一刻と。



c0228945_10091415.jpg



次第に明るくなっていく空。



c0228945_10103144.jpg



この、夜から朝へと・・・




c0228945_10103264.jpg



空の色が変わる時間がとても好きです。



c0228945_10103214.jpg



こんなにキレイなのに、デッキには

だ~れもいませんでした。




c0228945_10103313.jpg



ほどなくして、朝陽がお目見え。



c0228945_10103370.jpg



おはよ~sun。

今日もいい空、いいお天気◎




このあと、条件付きで着岸できないかもと言われていた

利島も無事接岸できたので。




さぁて、次は新島だ~と、

身支度を整えて下船する気満々でした。











新島まであと10分ほどというところで海況が悪化し

さるぴあ丸が、突然、欠航となりました・・・。





いろいろ船で国内外旅してきましたが、

このパターンは人生で初めての体験。




さぁて、困った困った。



自分だけの旅なら良いのですが、今回は

新島に先入りをしていた友人がいたのです。


c0228945_12490535.png

ほぼこのやりとりで終わり。笑




ま、でも、騒いだってどうなるもんでもないから、

こればっかりは仕方ない。





こうゆーときの自分の中の魔法の言葉は、

ま、しゃーない。次いってみよ。」です。




とりあえず自分が決めることではないことは
頑張りようがないしジタバタしたら、よけい疲れる。





待つときも、ある。

ダメなときも、ある。

でもチャンスはまたくる。



うまくいきすぎてるときも、人生は表裏一体。


いいときばかりではない。

でもダメなときばかりでもない。





でも、行けなくなった人(わたし)より、

待ってる人が来れなくなった人(あか姉)の方が

きっと何倍も悲しかっただろうなーと思います。。








この瞬間、目的地まで行けないことが決まり、

船に残された乗客の選択肢は2択。




①大島で降りる

②東京まで戻る




ちなみに①だと大島まで乗船した扱いになるので

船代の払い戻しは、大島~新島間のみ。



②だと往復分の全額(約10,000円)払い戻し。





一瞬考えましたが、②だと、ただのクルージング

になってしまうので、それはちょっと避けたいなと。





というわけで、私の選択は①

日帰りで大島を楽しむ、でした。





私はわりとあっさり諦め、次のことに思考が

向いていましたが、船内では、も~大変。笑




条件付き運航じゃなかったじゃない!どうしてくれるのよ

と、船員にキレてかかる人。



どうして私がこんな目に遭わなくちゃいけないの?」と

電話口で愚痴を言いまくる人。



飛行機等でどうにかして島へ行こうとする人etc...





こうゆう想定外のトラブルが起きたときって

本当にその人の人間性が現れるな~と

しみじみおもいました。







海況の悪化なのだから、船員さん責めても何もならんし。

(というか、謝り通しの船員さんもおつかれさまです・・・)



愚痴ばっかり言ってるご婦人の発言内容は

聞こえてくるこちらがどっと疲れてしまうほどでした。





不安とか不満とか、それにエネルギーを費やすのではなく。



今の状況を素直に受け入れて、ほかに楽しめる方法に

頭を向けた方が、よっぽどラクなのになーと。





ちょうど、出発前日の木曜日に、新島に先入りしていたあか姉と

こんなにやりとりをしておったのですよ。




※あか姉は条件付きで金曜日の神新汽船・下田~新島に乗船。

c0228945_12052006.png


ちなみにこの時に、むしろ私が行く土曜日の方が荒れそうなのは気づいていましたが。
言葉は言霊になるので、あまり不安にさせることは言わないようにしていました。笑


c0228945_12051943.png


※正しくは、「案ずるより産むが易し」↓
c0228945_12052041.png
c0228945_12051966.png



まさか自分が勇気づけた言葉がそのまま自分に

返ってくるとは、おもわなんだ。笑



私は、人事を尽くして天命を待つ』という言葉が好きで

生きる上でのモットーにもしています。



意味は、何かをしようとする時、その時々に応じて
自分のやれることをやり尽くし、 あとは、余計なことを考えず、
ただ、天から与えられた運命に全てをまかせ、
愚痴や不満などを口にしないで時を過ごしてゆくこと。



つまり、結果は天に任せて、心を労しない  
結果を良くするために今できることをする。 


結果をあれこれ考える時間があったら、
結果を良くために今できることをする。


その時の「ベストを尽くす」こと。





人事を尽くして天命を待つ

もとい、

『天命に従い 人事を尽くす』



そんな生き方が私はとても好きなのです。




c0228945_10103586.jpg


10:00 無事、大島に着岸。



ターミナルで払い戻しの手続き&帰りの船の変更をし、

不要な荷物を「観光案内所」に預けて、一路三原山へ~




c0228945_10103548.jpg


10:30に港を出て、

30分ほどで登山口に到着。



c0228945_10103092.jpg



トイレを済ませて、念のため飲み物を買い、

ハイキングにしゅっぱーつ。



c0228945_10125872.jpg


いまも噴煙をあげる活火山の三原山。



ここも以前悪天候で歩けなかったことがあり、

実は、今回が三原山リベンジの旅!


c0228945_10125980.jpg



ひとまず今日は時間が限られているので

遊歩道~火口見学道~裏砂漠ルートで温泉へ。



港の観光案内所のおじさまいわく、

所要2時間半くらいとのこと。



c0228945_10130050.jpg



結構な登りを上がると、

振り返れば、美しき富士がどーん。



c0228945_10130004.jpg



最高の天気のおかげで、

360℃蒼い海と空がババーンと!



c0228945_10130009.jpg



富士山がすっぽり収まる、三原神社の鳥居。

これまた素敵な場所に建てましたねぇ。



c0228945_10161269.jpg



振り返ればこの景色。




c0228945_10161396.jpg




おぉ~、これは、なかなかの絶景ロード!



c0228945_10161288.jpg



そこここで上がる噴煙。



そういや、2016年に登った山って、

なぜかほとんど活火山でした。




火山の宇宙的世界観が好きなのかもしれません。


c0228945_10130164.jpg


荒々しい噴火口。


現在、火山活動は静穏で、噴火警戒レベルは1だそうです。




c0228945_10161494.jpg




三原山から見える富士山(ズーム)。



c0228945_10130283.jpg



ちょうどこの角度で撮っていたら、



c0228945_10161450.jpg



タイミングよく、サイクリストの方が登場。




わ~ きもちよさそう。


ここも自転車で来れるんですね。




c0228945_10135379.jpg



火口見学道から戻り、火口一周道を少し歩いて

裏砂漠へテクテク。



c0228945_10161596.jpg



箱根のススキなんて比じゃないくらい



c0228945_10175236.jpg



三原山のススキはとっても素敵でした。




c0228945_10161525.jpg




海まで駆け下りれそうな爽快トレイル。



c0228945_10175173.jpg



三原山山頂は噴煙をあげて勇ましい。



c0228945_10135499.jpg


トレーニングをかねて、無駄に持ってきた荷物が

10kgちかく。




けっこう、ズッシリなわけで。汗


c0228945_10135553.jpg



今回はじめてカメラ2台持ちをしてみましたが。




c0228945_10175126.jpg



自分以外の被写体がいないソロのときほど、

便利だなと思った次第です。




(風景の中に人が居る、旅感がある写真が好きなだけで、

決して自撮りが大好きな訳ではありません)



c0228945_10135505.jpg



あと2kmかぁ~



意外と足元がザレ場続きで歩きづらく、

すでにこの頃には程よい疲労感に包まれてました。



c0228945_10135677.jpg



ホテルまでの最後の登りが本当にキツかった!




三原山は、普通の格好+重量級の荷物で歩くと、

それなりに歩きごたえのあるルートです。。汗




c0228945_10135647.jpg


3時間歩いて、三原山温泉ホテルがゴール!



とりあえず温泉で汗を流して、

ふ~ すっきり。


c0228945_10135747.jpg



あ”~ きもちがいい。


大島の中ではここの温泉が一番好きです。



c0228945_10135831.jpg



温泉でぽかぽかになったあとは、

定番の大島牛乳アイスをば。




ちょうど食べ終わったころに14:07のバスが来て、

この日の出航港岡田港へ。



c0228945_10135352.jpg



14:30~

ちょっと遅めのランチを一峰さんで。



c0228945_10150110.jpg




ひさしぶりの伊豆七島名物べっこう丼。


やっぱり冬の方が脂がのってて美味しい~!


地海苔の香りもすごくよかったです◎



c0228945_10150233.jpg



港に向かう途中で、見覚えのある販売車を発見。



c0228945_10150325.jpg



昨夏、大島に一緒に行った友達が紹介してくれた

大島珈琲さんじゃありませんか。





その時はご自宅で営業されていましたが、

今は港での営業許可が下りたとのこと。



お~ 一等地に出店できるとはなんとスバラシイ。

1年ぶりにお会いできてうれしかったです^^



c0228945_10150138.jpg



珈琲をテイクアウトし、

15:30大島を出航。



高速船はなんて快適なんだ~

たった1時間で熱海に到着。



路線バスと東海道線を乗り継いで

18:00すぎに帰宅。




充実感のある長~い1日でした。





東海汽船の関係者の皆さん、出会った大島のみなさま、

多岐におよぶ親切な対応、

本当にありがとうございましたm(_ _)m






おかげで、今回もたのしい旅でした。




いろいろ当初の予定からは変わっても、

終わりよければ全てよし



これにつきます。











でも、今回、天からの思召しで新島へ行けなかった理由を

帰路の間ずっと考えていました。




それは、今回のことで、「私が学ぶべきことは

何だったのだろう?」という意味です。





そう考えているうちに、あることが頭をよぎりました。




私は仕事でも、国内外によく出かける機会があるのですが、

なぜか決まってトラブルが起きるのはプライベートな旅だけで、

不思議と、仕事ではほとんどトラブルが起きません。

(スムーズに進む方が奇跡なくらいの場所によく行くんですけども)






なにかあった時に落ち着いて対処できるよう、

旅先での経験値を上げるために

あえて試練をもらっているのかも、と思っています。






そしてまた、もし毎回旅が何事もなくスムーズで、

それが当たり前になってしまったら

私はきっと感謝の気持ちを忘れてしまうでしょう。




心が痛むからこそ、他の人が同じ想いをした時に

共感することができる。





自分と同じように困った人を見かけたら、

できるかぎり全力で助けてあげたいとも思います。






あぁ、そういえば、1週間前、北海道便の欠航で

困っていた案件を全力で助けてあげたばかりでした。






今の仕事でも、大いに生かせる今回の旅でのきづき。




つらいこと、マイナスな経験こそ、必ず、

人生の、未来の、糧になる。







それに気づいたら、なんだかまた一つレベルが

上がった気がしました。笑





またこれに懲りずに、近々リベンジしまっせ、

新島さん!







一緒に旅はできなかったけど、一人で伊豆~新島と旅した

あか姉にはどんな良き学びがあったのかなぁ。




今度じっくり聞いてみよ~っと。







こんなとき、あなたならどんな選択をしたでしょうか?




今回は自分のポジティブマインドを文章化して

勝手におすそ分けしてみました。





たくさんのポジティブマインドが、

身の回りの多くの人たちに飛び火しますように◎



(完)




Commented by ともえ at 2016-12-19 12:44 x
ともえです、おひさしぶりです。
旅をしていると(というか、人生が旅なんていうこともあるけど)旅の楽しみは想定もしていなかったことに出会える醍醐味だと思っています。あぁ、こうくるかぁ的な(笑)
Commented by slow_trip at 2017-01-01 20:25
>ともえさん

ごぶさたです。ともえさんも、楽しそうな旅されてますね。笑
想定外も楽しめるってことは、良い旅をしている方だからこそ、そう感じられるんだと思いますよ◎
by slow_trip | 2016-12-18 15:30 | island trip | Comments(2)

slowな旅やアウトドアの備忘録です。たいしたものはありません。どうぞごゆるりと。


by slow_trip