Patagonia Fitz Roy Trekking vol.4

c0228945_22135647.jpg



前回(vol.3)の続き。
みなさんお待ちかね?の、お山の絶景集!!!

※注 写真満載ですので山酔いにご注意くださいませ~。




なんで今回はキャンプにしたの?と聞かれることがあるならば、
私は「そりゃ朝焼けと絶景を真近でより長く見たいから」と答えるでしょう。

そんなわけで行ってきました!
朝焼けアタック!!!

2/2の朝。
ポインセノットキャンプ場を5:00に出て暗闇の中一人黙々と歩きだします。

何しろパタゴニアは天気が変わりやすく晴天率が低いことで知られる場所。
朝焼けも正直、「まぁ見れたらラッキー」くらいで歩きだします。

しかもフィッツロイ山の位置がいまいち分からないまま歩く私。
(もちろんトレッキングルートはわかっていましたが)

・・・お、なんか星出てる。
・・・あ、白い山が月光で光ってるし。
・・・うん、なんかイケそうな予感。

といつもの野生の勘で今日はイケるんじゃないかと意味もなく確信し、急登を登ります。
ヘッデンだけが頼りに、歩くこと20分くらいで他のトレッカーの姿を確認。

あとについて行きます(笑)

日の出の時間すらもろくに調べてなかったのでちょっと焦って登っていた私は
ここで気持ち少し安心したのでした。

結構な上り坂を小汗をかきかき必死でのぼること30分。
フィッツロイ山が!!!

しかも、ほとんど雲もないじゃぁぁあ~りませんか。
奇跡!!!

c0228945_22265196.jpg




月明かりの下で待つトレッカー。
私のほかにいたのはわずか二組ほど。

その場所についてから10分ほど経った頃でしょうか、、、。

c0228945_22282886.jpg



きたーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー!!!
残念ながらメインの山は雲が掛かってましたけど。

それでも十分な迫力でした。

c0228945_2229376.jpg



神々しい!!!
自然の神秘さを感じます。

ちなみにこうやって赤く焼けたのはわずか30秒足らず。
一瞬の光景をこの目に焼きつけたのでした。。。

c0228945_22322030.jpg



で、今度は太陽が出て来ました。
ブエノスディアース!

c0228945_22315326.jpg



朝からエネルギッシュな光線がピカーン。
ほんと、「幸せすぎて今死んでも悔い無いなぁ。自然はほんとに素晴らしい」っていつも思うのです。

c0228945_223628100.jpg




早朝にしか出会えない色。
出会えない景色。

サイコーっ。

と、感動に浸っていた私ですが、気づけば他のトレッカーは下山を開始し、
自分ひとりになってました。

c0228945_22391721.jpg



じっとしてると凍傷になりそうだったので、ひたすら写真を撮りまくる。
スケール感出すために、黄色い人(私)も映ってますが、、、すみません。。。

それでは、しばし写真でお楽しみください。

c0228945_2241139.jpg




c0228945_2246979.jpg



c0228945_2249560.jpg



c0228945_22492726.jpg




で、写真撮るのもある程度満足したので、お茶休憩をば。
持参したサーモスの山専ボトルのお湯でチャイ作って甘納豆と一緒にいただきました。

c0228945_22505921.jpg



寒いところにいくとなぜかあま~いミルクティが恋しくなるんですよね。
甘納豆は山には必ず持っていく命の源、ですけど(笑)

で、しばし昼寝なんぞしていたのですが、風が強すぎるため、岩にへばりついて寝てました。
寝心地は、、、イマイチです(爆)

それにしても何で誰もいないんだろう。
こんな素敵な景色なのに。。。

朝からず~~~~~~~~~~~~~~っとフィッツロイ山には雲がかかっていて
それが取れるのを一人で待っていたんですが。

朝11時ころになってようやく人が来ました。(おそらく日帰りの方々)

c0228945_2255841.jpg



みんな、今日はラッキーだね!って口々に言ってました。
・・・私もそう思います。

で、フィッツロイを眺めること6時間。
お腹も空いてきたので、「アディオス、グラシアス、フィッツロイ」と言って去ろうとした瞬間・・・

c0228945_2258392.jpg



雲がきれたーーーーーーーーーーーーーーーーーーー!!!
いやぁ、さすがです。フィッツロイさん。

ああ、来てよかった。
素直にそう思いました。

地球の裏側まで来たかいがあるってもんです。
幸せすぎて涙出るかと思いました。。。

これだから山はやめられないのデス。
頑張った分、いや、それ以上に感動が勝るんですね。ゼッタイ。

ほんとにありがとう。
ほんとにありがとう。
また来るよ~!

ちなみにフィッツロイの原名は先住民の言葉で「煙を吐く山」を意味する
チャルテン(村の名前で残ってます)なのだそうな。

つまり、ずっと私は本来のこの山の姿を見ていたわけです。
神々しく、気高い山フィッツロイ。

アウトドアメーカーpatagoniaがロゴにした気持ちが分かります。
フィッツロイ、サイコーーーっ!!!

(続く)
Commented by ママレード at 2010-02-26 14:17 x
こんちは!
新疆でお世話になったものです。
いやいや、こんなにもアウトドア&山が好きだったんですねぇ~。
いつも素晴らしい写真、楽しみにしています。
眺めていると、ため息が出ます・・・。
パタゴニア旅中継も毎日わくわくしながらみていました。
これからも元気に、あちこち旅してください。
それでは、またのご縁で!
Commented by slow_trip at 2010-02-26 22:56
>ママレードさん
ヤクシムセズ!ご無沙汰です~。嬉しいコメントありがとうございます。その節はおいしい手作りママレードジャムを送っていただきありがとうございました。あぁ、アレは本当においしかったなぁ。。。
パタゴニア中継&旅日記、楽しみにみてくださっているようで、光栄です。すみません、こんなに実のない内容で・・・汗。ただの自己満ブログになっておりますが、少しでも楽しみに待っていて下さる方がいると思うとヤル気が湧いてきますね~。ママレードさんも良い旅を!これからもぜひ覗いていって下さいね♪嬉しいコメントありがとうございました!
Commented by こいっち at 2010-03-08 12:40 x
やばいやばい。写真もそうだけど
これを目の前にしたんだね。ほんとすごい。涙がでる。
Commented by slow_trip at 2010-03-08 21:39
>こいっちさん
なんも言えねぇ。。。って、まさにこんな時に使いたい名言!
by slow_trip | 2010-02-23 23:17 | patagonia | Comments(4)

slowな旅やアウトドアの備忘録です。たいしたものはありません。どうぞごゆるりと。


by slow_trip