Patagonia Fitz Roy Trekking vol.5

c0228945_2151113.jpg



前回(vol.4)の続き。
ぼちぼち下りましょ。





朝5時にキャンプ場を出て、6時ころから朝陽と山々を愛で、
下山を始めたのは昼過ぎでした。

朝テント内で食べたコーヒー+チョコビスケット、途中おやつでたべた甘納豆と
チャイ以外は何も食べていないので、さすがにおなかがすいてきました。

でも気分が高揚しているため、意気揚々と下ります。
で、後ろ髪ひかれまくりで、振り向くとこの迫力。

c0228945_10592672.jpg



かっちょえぇぇぇ~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~

なんなんでしょう、この存在感は・・・。


ちなみに行きは日の出前だったため、真っ暗でどんな道や景色なのか見えて
なかったのですが、結構な急坂みたいですよ、ここ。(写真はすでに半分以上下ったところ)

c0228945_21585992.jpg



川を渡ったところが私が泊まっていたキャンプ場なり。

まぁ、日帰り装備だったら、日本の山を多少歩いてる人ならまず問題無いですね。
私ごときで膝が笑わない程度なので。

日帰りの人がちょうど登ってくるピークのようでした。
パタゴニアは夜22時ころまで明るいので、みなさんかなりのんびりペースでうごいています。

みちしるべもちゃんとあるので、迷うことはないです。
足場は悪いですが、そこそこの体力さえあれば、だれでも歩けるルートです。

c0228945_223825.jpg



下り始めて30分ほどでしょうか。
日本の尾瀬のような湿原っぽい場所に出ました。

c0228945_2271582.jpg



ふわっふわでそよそよと風になびくススキのような穂に癒されます。
そして、ふと気が付くとフィッツロイの周りが青空ではなくなっていました。

c0228945_2284378.jpg



真っ青な青空と煙が取れたフィッツロイはおそらく30分~1時間くらいしか
見られなかったのではないかと。

帰国後知ったことですが、フィッツロイは午後になると逆光になるため、
青空が映えるのは昼までなんだそうです。

下り始めて45分ほどでキャンプ場に帰着。
13:30ころだったかな?

ひとまず、ごはんごはん。
っというわけで炊き込みごはんをば。

c0228945_22114919.jpg



それと定番マルタイらーめん食べました。
めずらしくがっつり?

いつもはなぜか、山に行くと食欲落ちるですよね、、、。

で、ほうじ茶飲んでまったりして、昼寝しようか、カプリ湖まで戻るか少々悩み、
居心地の良いカプリ湖まで戻ることにしました。

15:30頃撤収~。
日が長いので焦ることもなく、のんびりとお引越し。

c0228945_22154898.jpg



行きはヒョウだかアラレが降ってましたが、帰り道は曇ってただけ。
(いつも強風なのは変わりませんが)

南極ブナの森の中は、ほんとに安堵感があります。
きっと、花や植物たちもそうに違いないとおもうのデス。。。

そんなこんなで1時間弱で初日に泊まったカプリ湖まで戻ってきました。

c0228945_22183276.jpg



なぜだか私は湖のそばが落ち着くようです。

夕飯はいつもほとんど食べないので、夕方におしるこをば。
フリーズドライのおしるこにおやつの甘納豆入れて、玄米もちを投入し、いただきました。

お手軽でうまうま。
あったまる~。

こういう瞬間に、すごく日本人を感じてみたりしちゃったりします(笑)

で、やっぱり早々と20時過ぎには就寝。。。。

前回と場所を変えて森側に設営したため、風やら雨やらアラレやらの音は
ほとんど気になりませんでした。




トレッキング4日目の朝。
夜中に星空撮影に挑む予定でしたが、アラレまじりの雨と強風であえなく断念。

この日は朝から雨。
夜18:00チャルテン発のバスを予約していたので、焦ることなく、テントに引きこもる私。

朝、とりあえず珈琲を飲んで、ごはんは前日の炊き込みごはんを雑炊にしたものを。
カニ味噌汁がサイコー。

ほんとに日本食は胃に優しくてホッとします。

で、天候が回復してきたら雨でぬれたフライやらザックカバーやらをほしつつ荷物整理。
今回のザックの中身はこんな感じでした!

c0228945_22284151.jpg



え~っと、だれもこれがなんだか興味ないと思いますが。

左から、マット、シュラフ、サーモス山専ボトル、雨具、着替え、食糧、トランギア、小物入れ、
ごみ&食材入れ、ダウンベスト、テント類一式、レンズケース、カメラバック、ザック、ですかね。

ちなみに独断と偏見で選ぶ、持って行って良かったグッツはこちら。

★トランギアストームクッカー:やっぱり強風&嵐の中でも調理できるのがサイコー。燃料も入手しやすい。
★リッジレスト:どんな岩があろうと気にせず寝られる。
 飛行機預け時など丸めずザックの中に這うようにいれるとクッション性が抜群になって安心。
★シートホルダー:停滞の多いパタゴニアでは、マットを入れて使える椅子があると重宝します。
★サーモス山専ボトル:とにかく冷めない。
★防風マッチ:防風・防水で氷点下でも対応。アメリカ乗り継ぎでも持ち歩ける。
★グラナイトギアULパッキングシステム:防水・止水、シルナイロンで軽量、パッキングに便利、カラフル。

とりあえずグッツ紹介はそんなところでしょうか。
また思い出したら加筆しますね。

(まだまだ続く)
Commented by i0812n at 2010-03-07 14:44
こんにちは。初めまして。つぶろぐからたどってきました。
どの写真もきれいにとれていて、感心です。山登りの風景、すごく
気持ちよさそうでいいなと思います。炊き込みご飯などもおいしそう
でいいなと思います。では今後、つぶろぐ、Twitter,ブログとよろし
くお願いします。また窺いますね。
Commented by slow_trip at 2010-03-07 15:08
>はまかぜさん
コメント&つぶろぐありがとうございます。
山登り、普段はあまりしないのですが(笑)、たまに頑張るとやっぱり楽しいものです。それと、自然の中でたべるごはんは、何でもおいしいですね。こちらこそ、これからつぶろぐ、twitter、ブログとよろしくおねがいします♪
by slow_trip | 2010-03-05 22:54 | patagonia | Comments(2)

slowな旅やアウトドアの備忘録です。たいしたものはありません。どうぞごゆるりと。


by slow_trip