YAKUSHIMA TREKKING vol.1 ~mountain huts traverse trek 4days~

c0228945_12264263.jpg



11/29-12/3のおはなし。
ちょっくら屋久島まで縦走トレッキングにいってきました~。





もともと10月にとれるはずだった夏休みが、仕事の諸事情により
ずれにずれこんで、ようやくとれたのが11月末になってのこと。

しかも直前までとれるかどうかも不明だっため、休暇中のことは
無計画のままお休み(11/28~)に突入。

・・・で、数分考えて決めた行き先が屋久島。

「思い立ったが吉日」

「行きたい時が行き時」

が、くちグセのわたくし。

その数分後(日曜夕方)にはネットで航空券をポチり、
いそいそと近所のスーパーへ食料の買い出しへ。

スーパーで食材見ながら食料計画。

4日間の避難小屋泊まりの縦走ともなると、
食料もそれなりに必要。。。

なので、多少時間もかかりましたが、パタゴニアの時を
思い出しながら、わりとスムーズに完了。

その他、iPhoneのバッテリーを買ったりなんだりで、
夜にはパッキングを済ませ、翌朝早朝には出発。

***

c0228945_12451239.jpg



8:30頃
羽田空港から飛び立ち~の

c0228945_12463915.jpg



ぽっこり富士山と自分の家を見降ろし~の

c0228945_12475475.jpg



乗り継ぎの鹿児島空港で薩摩黒豚たべ~の

c0228945_12484984.jpg



鹿児島の開聞岳みおろし~の

c0228945_12493742.jpg



九州本土のはしっこ確認し~の

c0228945_1251076.jpg



(iPhone 機内モードで撮影)

晴れ晴れとした屋久島に上陸したのは
13:30頃だったでしょうか。

予想外の晴れっぷりに、うき足立ちつつ、
まずは空港前の観光案内所へ。

ネットで確認はしてましたが、最新の登山道情報やら
バスの運行状況などを改めて確認。

ご親切に資料をたんまりいただきました。
感謝感謝であります。ペコリ

で、バスもあるんですが、なるべく明るい時間に向かい
たかったので、タクシーに乗って登山口へ。

それと、ちょっとは島にお金も落としていかないと、という
思いもあり、今回はタクシーを利用することにしました。

途中、薬局に寄ってもらって燃料用アルコールもゲット。
少し余分に、500ml×2本を買って、まずは一安心。

とっても親切なタクシーの運転手さんと、最近の島の気候
やら世間話をしつつ。30分弱で目的地に到着。

こういう時間が結構好きだったりするんですよね。
ふふふ。

そして白谷の入口で、顔なじみの受付のおばちゃんと
世間話をしながら今回の歩行ルートを再度検討。

おばちゃんの一言で、心は「無難にピストン」から「縦走」に。
「あとは天気できめよかねー」と歩き出しました。

c0228945_13132314.jpg



「わ、森の恵みのエメラルドグリーンだー」
と、早速にんまり。

入り口からしばらくは、白谷川沿いを
てくてく往きます。

c0228945_1319441.jpg



あいかわらず苔の美しい森は健在で、
雨上がりなのか、森もしっとりしていました。

まだ標高が低い場所では、紅葉もちらほら。

c0228945_13214630.jpg



葉っぱの形が好きなナナカマドさん。
色とりどりで、キラッキラしてましたねー

太陽の日差しを喜んでいるかのようでした^^

c0228945_13234885.jpg



整備された歩道から、登山道(楠川歩道)になり、
徐々に森が深くなっていきます。

もふもふの切り株たちがごろごろと。

c0228945_13273439.jpg



ついつい、なでてしまいたくなるほど。
ふっさふさでっせー!

さらに時折射す西日に照らされた森がとてもきれいで、
ついつい足を止めて、みとれてしまうのでした。

c0228945_13294599.jpg


c0228945_13301920.jpg


c0228945_1331095.jpg


c0228945_1331206.jpg


c0228945_1337488.jpg



途中、よっこらせーっと倒木の合間をぬけ~の

c0228945_13375113.jpg



くぐり杉を、ひょいっとくぐり~の

c0228945_1338363.jpg



苔むした河原のせせらぎにいやされ~の

c0228945_13395317.jpg



歩き始めてから1時間少々で小屋に到着。
避難小屋一泊目は白谷小屋。

ちなみに屋久島の山の中ではキャンプは禁止、
原則、無人の避難小屋に泊まることになるのです。

そして案の上、この日はだれもおらず貸切でした。

c0228945_13432448.jpg



ザックを下ろし、寝床をつくり、落ち着いたところで
明るいうちに、小屋の前のベンチで夕食作りをば。

小屋のすぐわきには水場があり、水も豊富なのがありがたい。
ノドを潤し、「う~ん、あまい!」

屋久島の水はやはり感動的においしいのであります。

ランチに食べた黒豚さんのおかげで、まだあまりおなかも
すいておらず、この日はお手軽マルタイラーメン。

おやまでの生活は、いたって単純でシンプル。

小屋のわきにながれる川のせせらぎを聞きながら、
初日は19時すぎには就寝したのでした。

(まだまだ続きます)
Commented by 91KABU at 2010-12-04 20:43 x
お元気さまです!

屋久島って憧れます。一度は絶対行ってみたい場所のひつです。

でもキャンプ出来ないんですねww
当然なんでしょうが無知なワタクシは今日初めて知りました。よっ!世界遺産!

そして雨多いんですよね・・なのでまた暫くはココで行った気になります(笑)

続き楽しみにしてます。でもゆっくりで。
Commented by slow_trip at 2010-12-05 19:14
>91KABUさん
いつもコメントどもですー。

憧れの屋久島って、よく聞きますね~。

意外と近いですよ?
思い立ったらすぐいけますよ?笑

キャンプはお山の中では、原則できなくて、避難小屋の周りで
テントを張ることはできます。(混雑期は定員オーバーもありえるので)

できたとしても、雨や土でぐしゃぐしゃになってしまうので、
あまりお勧めもしませんが・・・。

里はキャンプ場がいくつかあるので、ためしに一度
いってみてはいかがでしょうか。

山を歩かなくても素敵な場所はいっぱいあります。

わたしもキャンプはしたことが無いので、今度は
キャンプしにいこうかと思ってます^^
Commented by YUKA at 2010-12-07 00:24 x
去年、初めて屋久島に行って、
ヤクスギランド、白谷雲水峡、縄文杉を見てきました。
まだ、本格的に登山を始めてなかったので、
縦走はしなかったのですが、
やっぱりいつかは縦走したい!って思いますね。

そうそう、今日たまたまBS日テレの『登る女』を
初めて見たら、宮之浦岳へ行ってたんです。
なんか、シンクロしてるなと思ってしまいました。
Commented by slow_trip at 2010-12-07 06:41
>YUKAさん
コメントありがとうございます^^

YUKAさんは去年屋久島にいかれたんですねー。
今回は、白谷~縄文~ヤクスギランドと4日間で縦走してきました。

雨が多く、避難小屋の宿泊人数も限られているので、連休などはお勧めできない
&またはテント携行になるかとおもいますが、日帰りハイクにはない、山につつまれる感が
味わえるので、ぜひいつか縦走にいかれてみてください^^

縦走の方が、お山でのんびりできますしね。

「登る女」、仕事がらみとtwitterで知っていながらも、私はあいにく見てないのですが、
YUKAさんは「次は縦走の旅」へ、また屋久島に呼ばれているのかもしれませんね^^
by slow_trip | 2010-12-04 14:00 | island trip | Comments(4)

slowな旅やアウトドアの備忘録です。たいしたものはありません。どうぞごゆるりと。


by slow_trip