Snowshoeing In Mt.TAKAMINE

c0228945_7411156.jpg



2/5-6のおはなし。
週末は、もふもふハイクとゆるゆるキャンプにいってきました~。





2/5(土)
仮眠を3時間ほどとったのち、まだ真っ暗なうちから
家を出て、長野県まで高速をひとっ走り。

道路にはまったく雪が無く、「ほんとに雪あるのかなー?」と
心配になるほどのコンディション・・・汗

雪道運転の心配ご無用で軽快に走り、目的地に着いたのは
AM8:30頃だったでしょうか。

すでにこちら、車坂峠は標高1973m。
はい、車であっという間に2000mクラスでございます。笑

車を降りるとキーンとした空気がここちよく。

美しい八ヶ岳、アルプスの山々を眼下に見下ろしながら、
いそいそとスノーハイクの支度をはじめます。

・・・しばし悩んだのち、スノーボードとレンズ2本はお留守番。

買い換えたばかりで操作不能気味?な一眼レフを
旅のおともに連れていくことにしました~。

c0228945_661971.jpg



今回のルートの登山口、高峰高原ホテルの裏手を見に行くと、、、

・・・ホッ。
雪、ちゃんとありました。笑

駐車場にはアイゼンを履いた人もちらほら。

背中にはかんじきを背負っていらっしゃるご様子で、
黒斑山へ向かうハイカーさんだったのでしょうか?

アイゼン&かんじきハイカーさんも素敵ですね~。

わたしもここでさっそくスノーシューを装着し
いざ、高峰山と温泉目指して出発!

出だしは比較的急な傾斜で、
息を切らしながらハイクアップ。

ゼェゼェ・・・
ゼェゼェ・・・

やすみやすみ、カメ足で歩き、20分もしないうちに稜線へ。

c0228945_8525227.jpg


c0228945_1281784.jpg



稜線にでると、一気に気分爽快!^^

思いのほかお天気も良く、グローブ不要、
上着も脱ぎたくなるほど穏やかなコンディション。

c0228945_915059.jpg



「クリーミーでおいしそーだな~」
なーんて。

いかせん生クリームに見えてしまうのは
くいしんぼうの習性によるものなのでしょうか。。。

風が無いおかげで、いそがずのんびりペースで
歩けるのが何よりうれしい稜線歩き^^

c0228945_621367.jpg



初心者向けで人気のルートといわれているだけあって
登山道の目印もトレースもしっかりついています。

むむ?

c0228945_79032.jpg



おっと、本来はあなたたちの道ですよね。

すいません、ちょっとお邪魔させてもらってます。
ぺこぺこり。

c0228945_7154127.jpg



ほどなくして分岐点に到達~。

右に行くと高峰温泉とアサマ2000のゲレンデ。
左が高峰山山頂方面。

まずは山頂目指して進みます。

c0228945_7185534.jpg



こちらはシカさんかカモシカさん・・・?
四つ足動物のあしあとがそこらじゅうに^^

そこらじゅうに落ちているカラマツぼっくりにも
気をとられつつ。。。

ぽくぽくぽくぽく

c0228945_7242869.jpg



歩くこと20分ほどで山頂に到達!
山頂は標高2106m。

・・・まぁ、つまりは登山口から標高差100mくらいしか
登ってないんですが。笑

c0228945_7265840.jpg



山頂には高峰神社があり、神社を抱いた大岩には
背丈以上もある「矛」が建ててあります。

眼下には小諸市が広がっていて、こちらは市内にある
大室神社奥宮になっているようです。

c0228945_751487.jpg



山頂からは360度の展望。
お天気が良ければ富士山も見えるそうですよ。

風もなく、ぽかぽかと気持ちが良いので、
山頂でのんびりお茶休憩を。

c0228945_7554982.jpg



ぬくぬくあたたかい飲み物とおやつの時間でございます。

いつもお山には、たいていあんこ持参ででかけるわたくし。
ザックにはあんこなおやつがなにかしら入ってます^^

もぐもぐうまうま。
あ~、しあわせ。

ぼーっと景色を眺めつつ、ぼちぼち温泉に入りたくなって来たので、
再び分岐点まで元来た道をもどります。

c0228945_858097.jpg



分岐点をすぎたあたりから、もふもふ度やばし!
パウダースノーの、キレイなことキレイなこと。

下手っぴなわたしの写真では伝わらないであろうあのふわふわ感…。
やっぱりスノーシューにはパウダースノーがよく似合いますね^^

c0228945_8582491.jpg



おー!
ときおり樹林帯から覗く雪山を望みつつ。

ぼふぼふ…
キュッキュッ

雪原を歩く、その独特な音に耳を澄ませながら、
ところどころ変化のある雪の感触を楽しむのであります。

c0228945_1223161.jpg



きーもちいーな~
ついつい、登山道を外れて歩きたくなってしまうわたくし。

あまりにもパウダーだと、ついついこんな風に・・・

c0228945_8595364.jpg



ぼふ!
れっつ雪原ダイブ。

いくつになっても童心にかえてしまうパウダースノーマジック。
・・・あると思います^^

c0228945_859185.jpg



ハッ、もしやこれは!?

かわゆすなぁ。
うさぎどんの肉球萌え~

きっとわんにゃん飼いのみなさんは
私と似たような肉球好きの方も多いはずでは?^^

ぴょんぴょこ、ぴょんぴょこ。
雪原のうさぎ飛びを一度リアルに見てみたいものですねー。

とまぁ、そんなこんなで、ゆるやかな斜面を下り、
ランプの宿・高峰温泉に到着~。

まず出迎えてくれたのはお宿の方々の朗らかな笑顔。

「スノーシューなどは暖かい暖炉の前において乾かしておきますね」

そんな、さりげない心遣いのおかげで、一瞬で心がほころびました。

c0228945_624612.jpg



入浴料500円をお支払いし、いざ
雲上2000mのいで湯へ。

ランプの湯に入ると、硫黄の香りと木の香りが
ぶわっと香ってきます。

c0228945_904138.jpg



たまたまタイミングが良かったのか、貸切温泉。

ほどよい湯温できもちよすぬぁ。

c0228945_91430.jpg



ぬくぬく、ぽかぽか
湯けむりもくもく...

窓際には、餌を食べに来た野鳥たちがかわいらしいしぐさで
飛び交っていました。

やっぱり私は、荒涼とした森林限界の世界よりも
お山の森の中の空間の方が落ち着きますね。

そして温泉はもとより、宿の方々のあたたかい人柄と笑顔が
とっても素敵だったので、次回はぜひ泊まりに行こうと思います。

c0228945_6244877.jpg



そんなこんなで、ぽっかぽかになった後は、雪上車の通るアサマ2000の
ゲレンデわきの林道をたどって下っていきます。

高峰温泉の宿泊客は、雪上車でいらっしゃるんだとか。
それもたのしそうですね^^

で、15:00頃に無事下山~。

通常のコースタイムの倍近く掛かっていたと思いますが、、、汗
思いのほか人が少なくて、とーってものんびりできたハイクなのでした。

そして、どうやら私は旅先でその土地に暮らす方々の人柄にふれた瞬間、
心がほっこりと満たされ、その旅が印象深いものに変わるようです^^

c0228945_912523.jpg



で、お腹をすかせた私がおやつを食べに向かった先は、
軽井沢にあるcafe shakerさん。

ここでよんよんやあか姉、サンダーと合流。

c0228945_914563.jpg



・・・シフォンケーキ、んま!
いや~、ぜったいに期待を裏切らないおいしさ^^

そしてなによりあの和み空間。
居心地良すぎて、毎度時間オーバーな我々。

黒ちゃんいつもありがとー。

c0228945_92483.jpg



夕暮れ間近になって、いそいそと向かった先は
スウィートグラスキャンプ場。

昨年4月にもモニター利用でお世話になった
満天星屑キャビンを再訪問させていただきました。

部屋の中で焚火が出来るというのが
こちらのキャビンの最大の特色。

c0228945_922745.jpg



mijincoをはじめ、その周りの愉快な仲間たちと
ワイワイガヤガヤ焚火料理を。

女子が集まると、必然的においしい料理が
廻ってくるのがうれしいのであります^^

c0228945_924580.jpg



私は軟弱キャンパーなのでキャビン泊でしたが、
徒歩部メンバーは雪中キャンプ特訓とやらで雪上設営に挑戦。

夜はマイナス10度くらいまでは下がったと思いますが、
朝、お散歩がてら覗きにいったら、みんなちゃんと無事でした^^

c0228945_93322.jpg



もう少し雪があったらかまくら作りたかったですねー。
ざんねん。

またぜひいつかリベンジしたいものです。

c0228945_932159.jpg



ちなみに朝ごはんは夜に作って置いたシチューをば。
ごはんをちょっと炒めて、シチューをON!

c0228945_933758.jpg



ドリア風朝ごはん。
やさしい味でおいしかった~。

と、そんなこんなで、楽しいキャンプの時間は
あっという間に過ぎていくのでした。。。

ご一緒させていただいたみなさま、ありがとうございました~。
またよろしくですー^^

(完)

■Youtube:音声つきキャンプ動画
■Every trail:スノーシューGPS MAP
■Flickr:スノーシュー&キャンプ写真
■dyog:スノーシュー装備・ギアリスト
Commented by nanjaku yucamp at 2011-02-08 08:38 x
わわわ~。ランプの湯も朝日を浴びる女子キャンプ村も素敵ですな^^
無理できないお年頃なんで今回いけなくて残念だったのだけど、次回もあると信じ・・・
テントシューズ買っちゃった♪少しは快適になるかな^^
Commented by slow_trip at 2011-02-10 06:31
>nanjaku yucampさん
コメントありがとーございます。

いやはや、今回は直前の体調不良で参加できず残念でしたね・・・。
体調は完全復活できましたか?

積雪は無くともキャビンもそれなりに寒く、雪中テント組はさらに冷えたようなので、
今回は無理せず見送って正解だったと思いますm(_ _)m

防寒アイテムも着々と増えているようなので、、、
今シーズン中にまたどこかでやりたいですねー^^
by slow_trip | 2011-02-09 01:30 | snowshoeing | Comments(2)

slowな旅やアウトドアの備忘録です。たいしたものはありません。どうぞごゆるりと。


by slow_trip