pray for northern Japan

c0228945_10153131.jpg



2011年3月11日(金) PM2:46頃
マグニチュード9.0の地震が東北地方太平洋沖を襲いました。





発生時、わたしは都内の職場で
仕事をしていました。

東京は震度5強。
過去の人生において最大の揺れでした。

職場がビルの6階であるために、かなりの揺れを
感じましたが、特に目立った被害等はありません。


自宅とは発生から2時間後に連絡がつき、

出しっぱなしだった雛壇とその下で寝ている
わんこが心配でしたが、家族も凛も元気です。


地震当日は帰宅難民をおそれ、早々に帰宅を
諦めて当日はシュラフで就寝。

翌日午前中は仕事をし、午後2時過ぎに
帰宅することができました。

すでにその頃には電車の運行も
ほぼ平常通りに戻っていました。



当ブログをご覧いただいている
読者の皆さん、ご無事でしょうか。

大切な人、ご家族やご友人とも
連絡はついているでしょうか。



どうかこれ以上、
被害が拡大しませんように・・・。



そして、早く平穏な日々が訪れることを
願ってやみません。

c0228945_104551100.jpg


c0228945_10461799.jpg



今回の地震で

「地球は巨大なる生命体」

ということを
あらためて身を持って痛感しています。


ヒトはただ、その上に住まわせて
いただいているだけ、、、。


日本は、

フィリピン海
ユーラシア
北米
太平洋

の4つのプレートの上に位置しています。

私が住む、関東や東海でも
いつ地震が起きてもおかしくありません。

(参考:地震のメカニズム)

地震は、日本に暮らす以上、
どこでも起こりうる事象。


・・・今、自分にできることは何だろうか。


c0228945_10431319.jpg


c0228945_10442479.jpg


c0228945_10444585.jpg


c0228945_1045322.jpg



私たちは、祈ることで誘惑に打ち勝つ強さを得るでしょう。

なぜなら、少しでも神に近づいた人間は、
まわりにいる人たちに楽しさと愛を広めるからです。

それはとてもシンプルなものなのです。

私たちすべてが必要としているのは、祈ること、
そして、他の人をもっと愛し始めることなのです。

だれにでも、沈黙し、黙想する時間が必要です。

私はいつも沈黙のなかで祈りをはじめます。

神は静寂の友です
-私たちは神の声に耳をかたむける必要があります。

祈りは魂を満たしてくれます。

祈ることで、あなたは清らかで純粋な心を与えられるのです。

マザー・テレサ語る より


c0228945_1047011.jpg


c0228945_10472921.jpg


c0228945_10474780.jpg



今、この瞬間幸せでいましょう。

それで十分です。

その瞬間、瞬間が、私たちの求めているもの
すべてであって、他には何もいらないのです。

今、幸せであるようにつとめましょう。

他の人をーあなたより貧しい人々も含めてー
愛しているのだということを、行動によって示すことで
、彼らを幸せにすることができるのです。

たくさんのものが必要なわけではありません。

ただ、微笑みかけてあげるだけでいいのです。

だれもが微笑むようになれば、世界はもっと
素晴らしい場所になるでしょう。

ですから、笑って、元気を出して、喜びなさい。

マザー・テレサ語る より


c0228945_10482721.jpg


c0228945_1049124.jpg


c0228945_1049285.jpg


c0228945_10495721.jpg


c0228945_1144291.jpg


c0228945_10504123.jpg


c0228945_11423427.jpg




まず、

「祈る」こと。




そして、

「今自分が出来ること」


を、冷静になって、じっくりと考えてから
行動をはじめたいとおもいます。


【pray for Japan】世界から届いた日本への祈り



pray for northern Japan.
by slow_trip | 2011-03-13 12:00 | memorial box

slowな旅やアウトドアの備忘録です。たいしたものはありません。どうぞごゆるりと。


by slow_trip