OZE camp trekking 2011'summer vol.1

c0228945_641774.jpg



7/17-18のおはなし。
思い出の地、『尾瀬』をのんびり歩いてきました~。



梅雨も明け、いよいよ夏の行楽シーズン突入ですね。
世間は3連休の週末でしたが、私はいつもと変わらない2連休。

さてさて、どこも混みそうだけども、どこいきましょうかね
と、考え始めたのが週末直前の金曜朝。(←遅)

そして、思い立ったが山日。

ふと、数年前の同じ時期に尾瀬に行った記憶がよぎり、
「そうだ、尾瀬に行こう」と即決断。

早速、その日の夜には
尾瀬沼方面の夜行列車のチケットを購入。

そのままの勢いで帰宅後パッキングを済ませ、
翌日土曜日は50Lのザックを担いで出勤。

土曜日は通常通りお仕事をし、会社近くのいつもの銭湯
立ち寄ってから、真夜中に向かうは東武線の浅草駅。

駅前で最後の買い出しを済ませ、『特急尾瀬夜行』に
乗り込みます。

c0228945_645897.jpg



『特急尾瀬夜行』は浅草を23:55に出発して、尾瀬に
直行する週末限定の夜行列車。

ガタンゴト~ン...
ガタンゴト~ン...

出発後、わずか3時間ほどで会津高原尾瀬口駅に到着。
あっという間の福島県入りです。

その後、尾瀬口駅からは連絡バスに乗り、2時間ほどバスに
揺られ、目的地の御池に到着したのはAM6時頃。

バスを下り、空を見上げると、雲ひとつない快晴の青空。
見るからに絶好のハイク日和についつい心躍ります^^

c0228945_652829.jpg



どうやらバスに乗っていた乗客のほとんどは御池の先に
ある二大人気の登山口・沼山峠の方から歩くようで。

通好みの御池ルートは今日も静かな山歩きが
たのしめそうな気配。

御池ロッジでいそいそと出発準備を済ませ、まずは
燧ケ岳をめざしてれっつご~。

c0228945_655297.jpg



御池から燧ケ岳までは標高差約800mの登り、
所要約4時間ほどの行程です。

尾瀬といえば木道のイメージが強いかもしれませんが、
こちらの道はとってもネイチャー。

c0228945_663838.jpg



まるで気分は渓流遡行…

「ここはひょっとして沢ですか?」

とおもってしまうほど、悪く言えばぬかるんだ、
よくいえばとても潤った路。

(もちろん私の感覚では後者ですが)

c0228945_665233.jpg



時刻は7時台。
まだ朝早い時間ということも影響してか。

どこからともなく吹くマイナスイオンの風が
なんとも心地よく。

c0228945_67443.jpg



苔むした岩や森の木漏れ日が美しい、
静かな森歩きが楽しめる、実に私好みなルート。

視界の先に広がる、ササで覆われたブナの森を見ていると、
いかに冬の尾瀬が雪深い地かを彷彿させられます。

c0228945_661885.jpg



頭上にはカエデやミズナラ、ナナカマドなどの葉っぱたちが
キラキラと輝いていて、とってもきもちよさそう^^

c0228945_66650.jpg



いたるところに佇む、落葉樹を見上げながら、
ここはきっと秋に訪れたらさぞキレイなんだろうなと。

ついつい妄想がふくらむトレイル。
次はぜひとも紅葉の時期に訪れてみたいものです。

c0228945_673886.jpg



登り始めてから一時間半ほど経った頃。
目の前に現れた’広沢田代’なる湿原にそよぐふわふわ草。

そう、なんと予期せずしてわたしの大好きな
ワタスゲの大群落に遭遇・・・!

c0228945_675255.jpg



わ~!
木道のすぐ近く、手に届く範囲に咲き乱れるワタスゲたち。

過去幾度となく尾瀬を訪れていますが、こんなに一面の
ワタスゲ野原は見たことがありません。

c0228945_68799.jpg



「♪夏が来~れば想い出す…」

あまりに気持ちの良い湿原歩きに、ついつい
このフレーズを口ずさんでしまうほど。

c0228945_682386.jpg



き~もちいーな~

足もとにはふわふわ。
そよそよ。

c0228945_683352.jpg



蒼く澄んだ青空と。

イキイキとした緑の湿原と。

c0228945_684766.jpg



それらを鏡のように映し出す池塘と。

ひっそりと咲く、黄金色に輝く花
キンコウカにも出会い。

c0228945_69175.jpg



白と緑の絨毯を引き立てる
ヒオウギアヤメもあり。

終始ごきげん♪な湿原歩き。

c0228945_69151.jpg



短い夏の訪れ、花の季節を喜ぶかのように
うつくしく咲き乱れる花々。

c0228945_694018.jpg



そんな花のトレイルはただただ歩いているだけで
幸せな気持ちになれるのでありました。

******

広沢田代からさらに1時間ほど歩を進め、
ふと振り返ると、眼下に先ほどの湿原が。

c0228945_695680.jpg



どうしてこんな山の中に平原ができたんだろう・・・?
見れば見るほど、なんだか不思議に思えてきます。

そんなことを黙々と考えながら歩くのも楽しい時間^^

c0228945_6101446.jpg



そして、目の前にはふたたび
美しい湿原風景どーん。

こちらは2,000m弱の標高に位置する
‘熊沢田代'なる湿原。

c0228945_6104431.jpg



澄んだ青空と、わたがし雲が写り込んだ池塘は
ただただ美しく。

c0228945_11591370.jpg



「これぞ尾瀬!」という、開放感のある
爽やかな湿原風景にしばしうっとり。

「本当にキレイな景色ですね~」

すれ違うハイカーさんもみなさん自然とニコニコ^^

c0228945_6102868.jpg



のんびり歩いていても、時刻はまだ9:30。

あまりの理想的な好天に、まるで燧ヶ岳が
「おいでおいで」と言ってくれているかのよう。

足元に凛と咲く花々から元気をもらい、
いざ!東北地方最高峰の燧ヶ岳を目指します。

(続)

※今回撮影写真が多いので、ひさしぶりに
四話くらいいくかもしれません(^^;;

あまり代わり映えのしない写真ばかりですが、
しばし気長にお付き合いくださいませm(_ _)m
Commented at 2011-07-20 21:39 x
ブログの持ち主だけに見える非公開コメントです。
Commented by レンジ at 2011-07-22 02:25 x
あうw~
大好きな尾瀬!
Ttさんのキャンプレポだあ。

天気も味方してくれたようで、
出だしから、素敵な表情で迎えられたんですね。

写真も沢山撮られたとのこと。
当分わくわく楽しめそうです。
Commented by slow_trip at 2011-07-22 20:04
>非公開コメント at 2011-07-20 21:39 さま
いつも見ていただきありがとうございます♪

「思い立ったが吉日」「後悔先立たず」を信念に動く
人間でして、わりとよく、勢いで行動してしまいますね。

尾瀬、とっても素敵なところですので、
ぜひ一度は訪れてほしいと思います。

私は今回、ヤマノボリコースを選びましたが、
いろいろなルートがあるので、もっとゆるい
ハイキングももちろん楽しめますよ~。

写真の構図もお褒め頂き、ありがとうございます!
ぜひ続編も見て行っていただけたらうれしいです^^
Commented by slow_trip at 2011-07-22 20:07
>レンジさん
コメントありがとーございます!

おや。
レンジさんも尾瀬好きなんですね^^

私も四季を通じて何度も訪れるほど
尾瀬は大好きな場所の一つです。

ほんとに、お天気に恵まれて素敵な
景色をたくさん見せてもらいました。

まだまだ続きますので、ぜひ続編も
楽しみに覗いていってくださいませ^^
Commented by けれる at 2011-07-22 23:15 x
緑や空、雲がとてもキレイですねぇ
気持ち良さそう~

次も楽しみです
Commented by ゆーだい at 2011-07-23 00:01 x
はじめまして、
北海道在住のゆーだいと申します。

モニター内に表示される現実世界以上のきれいな景色にただただ感動しました。
今後もこっそりと拝見させていただきます。
Commented by slow_trip at 2011-07-25 21:58
>けれるさん
コメントありがとーございます^^
いやーほんとにどこまでもきれいな景色でした!

ようやく最終話までUPしましたので
続編も楽しんでいっていただけたらうれしいです♪
Commented by slow_trip at 2011-07-25 22:00
>ゆーだいさん
はじめまして!
コメント&閲覧ありがとうございます♪

北海道在住のゆーだいさんにそんな素敵なほめ言葉を
いただけて本当にうれしいです。

こっそりではなく、今後とも気軽に遊びにきて
いただけたら喜びますので^^

これからもどうぞよろしくおねがいしますm(_ _)m
Commented by こいっち at 2011-08-01 16:44 x
ぬーん。
夜行列車だと。。?うらやましすぐる。うぅぅ。
まねっこしよかな。ふはー行きたいところ大杉
Commented by slow_trip at 2011-08-03 06:05
>こいっちさん
むほーん。

夜行列車って響き、いいよね。
わたしも結構、旅情をそそられるタイプ。

寝台じゃないのが残念だけど、近いしお安いしで
尾瀬へは夜行列車トレッキングもお勧めです。

秋もいいよ~。
今度一緒にゆるゆるハイクにでもいきませう。
by slow_trip | 2011-07-20 08:00 | camp trek | Comments(10)

slowな旅やアウトドアの備忘録です。たいしたものはありません。どうぞごゆるりと。


by slow_trip