slow hike and kayak camp in OKUNIKKO

c0228945_11372175.jpg



9/29-30のおはなし。

先週末は、台風の合間をぬって、栃木のお山と湖水で
めいっぱい遊んできました~。






9月の半ば、いわゆる世間一般の方々が連休の時期
(シルバーウィーク)はお仕事だったわたくし。


そのかわりに、3連休がもらえたこの週末。


はてさて、「どこいこ~かな」と、時折、考えつつも
連休前は連日、帰宅も深夜続きで、いかんせん
遊びの思考回路が完全にSTOP状態に・・・汗。


そんなわけで、毎度のことながら、まったくの
ノープランでお休みに突入。。。


翌朝の気分と天気(台風)次第で、行き先を考える
ことにし、ひとまずは夢の世界へ。オヤスミナサ~イ。





翌朝。


結局、台風18号の影響(おもに風)は、夕方位まで
残っていましたかねぇ。


低気圧のせいもあってか、日中はとにかく眠くて、
ここぞとばかりに、しばしの間、‘寝だめ’をば・・・zzz。


そんなこんなで、ようやくパッキングを開始したのは、
22時を過ぎた頃、でしたでしょーか。


天気やら、道路やら、台風17号の進路をもう一度
確認し、AM1:00すぎに自宅を出発~。


深夜の関越道をスイスイ走って、予定通り、
朝の早い時間に登山口の駐車場に到着。


この日の朝焼けもすっごくキレイで、朝から
一人うきうきのワクワク。


すっかり空も明るくなったam7:00すぎ。


片や、尾瀬への登山者でにぎわうルートとは、
打って変わってひと気のない、静寂に包まれた
森へと、一人てくてく歩き出します。


c0228945_11315437.jpg


スタートしてまだ間もない頃、前方に、二人組の
ハイカーさんの姿が目に入りました。


「おや、今日はどちらまで?」と声をかけられ、

てっきり私と同じ目的地へ向かっているかとおもいきや、、、


「我々は、今日はこれから沢へいくんだ。
このあたりは結構良い沢がいっぱいあるんだよー。」

とのこと。


「では、お気をつけて!
草紅葉、楽しんできてね^^」と


しばしの間、地元の方々との、そんな会話を楽しみ
ながら、沢沿いの林道を歩いていきます。


c0228945_1132829.jpg


すると、なにやら足元からキラキラキラキラ・・・


雨上がり、ぬかるんだ林道には、緑の森を
写す出す、鏡面が光り輝いていたのでした。


c0228945_11321721.jpg


そして、しばらく平坦な林道を歩いたところで、
目の前に、どどーんと横たわる苔むした巨木が登場。


むむむ?
なんじゃこりゃー。


いやはや、なんとまぁ芸術的な橋ではありませぬか。


c0228945_11322650.jpg


ひょえ~...

おそるおそる、橋を伝って沢を渡り、ここから先は、
急登の連続に。


c0228945_11323523.jpg


休み休み、ゆっくりのぼっていくと・・・


足元には、まるで「きのこの山」のような
かわいいきのこたちがわんさかと^^


ふふふふふ


c0228945_11334181.jpg


普段から、ほとんど人が入らないと聞く、
超絶マイナーなこちらのルート。


c0228945_11344392.jpg


ふっさふさの苔の絨毯や


c0228945_1134774.jpg


苔むした巨木たちも其処此処で佇んでおり。

さすが、なかなかのワイルドっぷり。


c0228945_11335674.jpg


ひらひらと舞う、橙色の小さな木の葉を
横目に見ながら。


c0228945_11341819.jpg


時折、視界に混ざりこむ、やわらかい
yellowに癒されながら。


c0228945_11343153.jpg


この山にも


c0228945_11345449.jpg


少しづつ


c0228945_11356100.jpg


そして着実に


c0228945_11352010.jpg


秋が近づいているようデスm(_ _)m




そして、歩き始めて3時間ほど経った頃。

ついに、目的地の湿原に到着。


c0228945_11353545.jpg


「わわわ・・・!

期待通りの一面の草紅葉♪」


前方には、ぽっかりとうかぶ日光白根山の姿も。


c0228945_11362547.jpg


すっかり、‘こんがり’とした草原の中を走る木道を

てくてくてくてく...


c0228945_11355860.jpg


着いたときには、どんより曇り空でしたが。

あっと間に、爽やかな青空に早変わり。


c0228945_11361093.jpg


これぞまさに!の楽園さんぽ♪

やっぱり、池糖には、青空が一番映えますね^^


c0228945_11364393.jpg


時折、反対側の登山口から来たハイカーさんと
すれ違いましたが。

それもわずかに数組だけ。

ここへの登山者の少なさは、一本道の木道が
物語っているような気がしました。

c0228945_11365615.jpg


時刻は11時近くになり。

ぼちぼち、おなかが空いてきたので。
湿原の中のベンチでランチタイム^^


c0228945_1137829.jpg


「おや?あれは会津駒ケ岳かなぁ。」

山に掛かる雲が晴れ、風が止むと
なんともキレイな鏡面に。


こんな景色を眺めながら、とにかく
の~んびりできる素敵な場所、なのでした^^


c0228945_11374333.jpg


「昼寝でもしたいな~」な~んて思いつつも、
時計は11:30。

名残惜しくも、下山を開始。

いやはや、下り道はほんとにあっというま。
標高差約1000mを、2時間弱で下ったのでありました。




そして、13:30頃にはスタート地点に戻り、
「花豆ソフト」で、ほっと一息ついてから。

今度は車で一路、日光方面のキャンプ場へ。


c0228945_11381475.jpg


毎度のことながら、駐車場からはリアカーで
せっせと荷物を運び。

16:30には、湖畔サイトに設営完了♪

(やっぱりこのロケーションで1000円は破格ですねー)

で、落ち着いたところで、しばし湖畔を散歩したり、
湯元方面へ温泉にいってみたり。

そして、なんとまぁ、その硫黄泉の温泉があまりにも
気持ちよく。

露天風呂なんて、至極最高でしたねぇ。

で、夜通し走った分の眠気がドドっと押し寄せてきて。
この日は、ゴハンも食べずに就寝...zzz

オヤスミナサ~イ


c0228945_11382790.jpg


日曜日の朝。

早いうちからぐっすり眠って、
4:30頃に起床。


c0228945_11383898.jpg


心配していた台風の影響もほとんどなく、
実に穏やかな湖面。

安心したところで、まだ暗いうちから、駐車場で
カヤックを組み立て、いざ!朝漕ぎへ~


c0228945_1142290.jpg


陽が射してくると、湖面がキラキラ。

この、ひんやりとした空気の中で漕いでいるときが
一番しあわせな時間です。


c0228945_11385940.jpg


AM7:00すぎ。

どうやら、湖畔サイトを見ると、周囲のみなさんも
起き出したご様子で。


c0228945_11392786.jpg


私もぼちぼち、朝ごはんtime。

c0228945_1139384.jpg

c0228945_11394953.jpg

c0228945_1140060.jpg

c0228945_11401648.jpg


あ~ ほっこりほっこり。
なんとも贅沢な、朝の湖畔時間。


さてと、すっかりおなかいっぱいになったところで、
今度は別の方向へ漕ぎ出します。


c0228945_11404222.jpg


少し、サイトから漕ぎ出すだけで
透明度がグンと上がり。


c0228945_11311744.jpg


湖畔近くは、なんとも美しいコバルトブルーや
エメラルドグリーンの湖面が。


c0228945_1141271.jpg


時折、ぷっかぷっか流れてくる、黄色や赤の
落ち葉たち。


c0228945_11411434.jpg


そんな森の使者たちから、小さな秋の到来を
ほのかに感じつつ。


c0228945_11414489.jpg


少し漕いだところで、静かなビーチに上陸。


c0228945_1142168.jpg


木陰でのんび~り、ひと休み。


c0228945_11425635.jpg


今度ここへ来るときは、ハンモックとお茶セットを
もってこよう、と。

心に決めた私なのでありましたm(_ _)m


c0228945_11423524.jpg


きづけば、上空はすっかり青空に変わり。
最高に気持ちの良いコンディションだったのですが。


c0228945_1143913.jpg


台風17号が近づいてきていることもあり。

キャンプサイトを目指し、元来た方向に
向かって、ふたたび漕ぎ出します。


c0228945_11432398.jpg



どんぶらこっこ~
どんぶらこ。


しかし、それにしても、キャンプサイトから見える
湖の色と、湖上からの景色がこんなにも違うとは。

陸地からだけではなく、水上に漕ぎ出すことで、
その地の自然の魅力が5倍以上にも感じられるような
そんな気がしました。



そんなこんなで、カヤック旅の魅力を、改めて再認識
させられた、すばらしき湖上さんぽなのでありましたm(_ _)m





(余談)
10:30すぎに、サイトに戻り、撤収作業をしてたところ。

前日のつぶやきを見て、よくこちらのキャンプサイトに
いらっしゃっているという、栃木県内に御住まいの、
ブログ読者さん(twitterのフォロワーさん)が
わざわざご挨拶にきてくださいました。

しかも、なにやら高価な手土産までいただいてしまい、
非常に恐縮してしまいましたが、、、。

いやはや、ブログやtwitterをやっていなかったら
このような機会もなかったでしょうに。

普段は、なかなか、ブログ読者さんの声を直接聞く機会が
ないので、なんだかとっても新鮮で、すごくうれしかったです。

Kさん、その節はおいしい手土産をありがとうございました!

カヤック目線から見るここの湖は、改めて魅力的だと
思いましたので、今まで以上にちょくちょく出かけようと
思ってます。

今度はいつかこちらで、ご一緒できるといいですね^^



(完)
Commented by オスカル at 2012-10-04 16:55 x
静かでよさげですねぇ。写真がこれまたキレイ。
これはULTRONですか?
Commented by ひよこ at 2012-10-04 17:02 x
草紅葉と青空のコントラストがイイですね^^
車で行ける場所に、こんな素敵な湿原があるなんてウラヤマシイな~
そしておにぎりのカットが凄く美味しそうです!
Commented by mtkeiko at 2012-10-04 22:36 x
その節はどーもです♪
突然の事でしたのに、気さくに相手して下さり感謝感謝です!
実は、ブログからストイックで多少いかついイメージがあったので、Ttさんも(黒犬さんも)小柄でかわいらしい方でビックリ。笑

そしてあそこでこんな事が行われてたのですね、早朝カヤックから朝ゴハンからビーチ。。素敵すぎてめまいが。。

私もこれからは富士五湖方面にも遠征していきたいと思いますので、今後ともよろしくお願いします♪
Commented by slow_trip at 2012-10-05 08:24
>オスカルさん
閲覧ありがとうございます(^^)

はい、今回の写真も9割方、ウルトロンで撮ってますー。

曇天の写真などは、ちょっと色を黄色目にいじっていますが、
エメラルドグリーンやブルーはそのままです。

なかなか、実にまろやかな描写をしてくれるレンズですよね。
Commented by slow_trip at 2012-10-05 08:33
>ひよこさん
コメントありがとうございます♪

そうなんですよー、青空と草紅葉の風景が好きで、
ここ最近の秋口は、もっぱら草紅葉ハイクに出掛けてます。

そっかー、たしかに、九州だと高層湿原てほとんどないですもんね(^^;;

自分的には、一年に一草紅葉はかかせないので、拙い写真ですが、
関東の風景を少しでもこちらで感じていただければ幸いですm(_ _)m
Commented by slow_trip at 2012-10-05 08:44
>mtkeikoさん
どーも、その節は、ありがとうございました(^^)
わざわざコメントもいただき、ありがとうございます。

へー、ストイック…に見えてますか?(^^;;
まぁ、たしかに冬山とか海外tripの記事はそう映ってる気もしないでもないですが。

多少いかついってイメージは、合ってますね。笑

でも、良い意味で、ブログのイメージと違った印象だったみたいで、
よかったです(^^)

基本的に、凛はあんな感じでネコみたいな、いたって穏やかな犬ですので。
また遊んであげてくださーい。

そういえば、カヤックデビューもしたいとおっしゃってましたよね。
富士五湖あたりはオススメです♪

ではでは、こちらこそ、今後ともよろしくお願いします☆
by slow_trip | 2012-10-04 07:30 | kayaking | Comments(6)

slowな旅やアウトドアの備忘録です。たいしたものはありません。どうぞごゆるりと。


by slow_trip