Camp trekking in Mt.KARAMATSU

c0228945_15051902.jpg




北アルプス(後立山連峰)の唐松岳(2696m)に行ってきましたっ。



かれこれ一ヶ月前の、7/12-13のおはなしです。










まだまだ関東は梅雨明けの予兆すらない頃。



たまたま7月下旬にモンゴル出張があったおかげで、

ナント、7月前半に2週連続で3連休がもらえるという

超絶奇跡的幸運シフトが巡ってきました… (ヒャホー)







仕事柄、夏場はなかなか連休がもらえない私は

ここぞとばかりに、

「テント担いで遠くのお山へいぐべし!」

と、意気揚々と2泊3日で縦走を目論むものの、、、




いかんせん2日目の午後〜3日目の天気が悪い…_| ̄|○





というわけで、今回は無難に、お天気が持ちそうな間の

一泊二日山行としたのでありました。




*モンゴルに行ってる間にだいぶ記憶が薄れてしまったので

サクッと写真メインで綴ります。。。




**********



朝4:00 頃 自宅を出発。

所用4時間少々でしたでしょーか。

八方尾根のロープウェイ乗り口に到着。





駐車料金を2日分支払って、荷造りを済ませ、

乗り場で往復分のチケットを購入。



晴れ予報でしたが、リフトは全く並ぶ気配もなく、

運行はスムーズな様子。


c0228945_06233705.jpg



言わずもがな、冬場はスキー場なのですが。

何気にこの季節は足元が御花畑になるんですね〜 ポワワ



c0228945_15070446.jpg


リフトを乗り継ぎ、徐々に高度を上げていきます。



目の前には白き峰々が、どどーん!と。

半年ぶりの白馬三山に早くも惚れ惚れ。





c0228945_15070349.jpg


鎌池湿原では、夏の風物詩ニッコウキスゲがちらほら。



どうやら、今年はどこも、お花は一週間くらい遅いようです。



c0228945_15070400.jpg


リフトやゴンドラを乗り継ぎ、

おおよそ30分程度で黒菱平(1680m)に到達。


c0228945_15070426.jpg


八方池山荘から2つの道に分かれますが、

右側の方が山の眺望が良いとのことだったので

往路は尾根道を歩いていくことに。




いやはや、しかし良い天気だぁぁ。


c0228945_15070495.jpg


木道を終えると、まだまだ雪渓もちらほら。


雪渓が終わると、ひたすら蛇紋岩の登山道をテクテク。


c0228945_15083766.jpg

第二~石神井ケルンと通りすぎ、こちらは八方ケルン。

(私にはモアイ像の顔にしか見えませんでしたが。)



八方には、やたらケルンが多い。


ケルンには悪天候時の道標のほか、墓標の意味があるそうです。(合掌)




c0228945_15083747.jpg


歩き始めて1時間半ほどで八方池が見えてきました。


c0228945_15083772.jpg

標高2060mの雲上の池。

ここまで来ると、やっぱり涼しい~



c0228945_15083748.jpg


風がなければ、白馬三山が映り込むようなのですが・・・

しばらく待ってみるも、この日は無理そうなので諦めることに。



この池まで歩いて戻る日帰りハイカーさん

(&観光客)も多かったですね。


c0228945_15083710.jpg


ここから先は登山者の世界。


c0228945_15083783.jpg

あれれ?

なぜかここにきて、ダケカンバの巨木たちが現れる不思議。



森林限界(2350m付近)より上部にこのような森があり

高山植生と亜高山植生が逆転しているのは

八方の地質(蛇紋岩)や地形によるものなんだとか。



ふむふむ、実に面白いですねぇ。



c0228945_15094906.jpg


登山道の脇には、高山植物たちもいっぱい。


c0228945_15094994.jpg


シラネアオイさん。

このくらいはさすがに私でもわかりました。




c0228945_15094907.jpg

c0228945_15095032.jpg

c0228945_15095041.jpg


扇ノ雪渓を慎重に進み・・・



c0228945_15095006.jpg
丸山ケルン(2430m)到達。



時刻は12時を過ぎたころだったので、

お昼を食べている人がたくさんいらっしゃいました。


c0228945_15104995.jpg

c0228945_15104919.jpg

不帰ノ剣がカッコイイ~


c0228945_15104998.jpg

c0228945_15104931.jpg

c0228945_15104994.jpg

c0228945_15104914.jpg



この丸山から先は、コースが次第に痩せてきて、

足元はガレ場が多くなってきます。



c0228945_15122542.jpg


落石に注意しながら、クサリ場を慎重に通過し、

丸山から1時間ほどで唐松岳山荘に到着。



c0228945_15122676.jpg

c0228945_15122683.jpg


唐松岳山荘からは、黒部渓谷越しの剱岳を中心とした立山連峰がどーん!




c0228945_15122510.jpg
唐松岳山荘のテント場はこちら。



うわさには聞いていましたが・・・

たしかにこれはすごい標高差。

(早いもの勝ちで、小屋に近い、良い場所がとれる)



トイレに行くたびに良い運動になりそうです。笑


c0228945_15122538.jpg


無事、なんとか平地を見つけて設営完了。



今回やりたかったことといえば、、、

そう、

劔岳をみながらのお昼寝!




c0228945_15122560.jpg

と、その前にまずは遅いお昼をいただきます。

グリーンカレーwith稲庭うどん。


ナスやピーマンなど、夏野菜もたっぷりいれて

ちょっと煮込んだら出来上がり~。




んー おいしかった。



テント場で、ゴロンと山を眺めながら微睡む

しあわせたるや。


贅沢なお昼寝タイムの、はじまりはじまり...zzz


c0228945_15135745.jpg

夕刻のテント場全景。

ちなみに私のテントは右から3番目の黄色い子です。



全部で30張りはあったと思いますが、自分も含め、

アライ(テント)率90%という信頼の高さ。


さすがです、アライさん。


c0228945_15135723.jpg

c0228945_15135738.jpg


この一見不便なテント場に来た理由。



それは、これだけ空が開けて、展望の良い場だったら、

素晴らしい星景写真が撮れるのでは?と

期待していたのです。




・・・が。


あいにく今回は夜の晴天には恵まれませんでした。





しかし、やっぱり想像以上にロケーションが良く、

テント場もプライベート感があって居心地も良かったので、

またぜひ星景写真はリベンジしに来ることを心に誓いました。



********


二日目の朝。


朝3時すぎに起床。


c0228945_15135808.jpg


4時くらいに登りはじめて、20分ほどで唐松岳山頂に到達。




写真の左に光っているのが小屋で、

その下に点々とあるのがテント場です。



改めてみると、やっぱりすごいところにありますなぁ。



c0228945_15135843.jpg


「朝焼けどうだろうね?」

「昨日はどちらから?」と


おじさまたちと山談義で交流をしつつ、

山頂でしばし日の出を待ってみる。


c0228945_15135818.jpg


徐々に小屋泊まりの人たちが増えてきました。



が、結局この日のご来光は拝めず。



c0228945_15051902.jpg


曇ってはいましたが、なんとか山頂からは

北アルプス(槍ヶ岳・穂高岳・前穂高岳)を

拝むことはできました。



c0228945_15153995.jpg



5:30頃にはテント場に戻って朝ごはーん。



手作りの自家製スコーンを焼き直し、

c0228945_15153974.jpg


ホウレン草スープに全粒粉の米粉マカロニを加えて

いっただっきまーす。



c0228945_15154037.jpg


ちなみに最近の携行食は、自家製シリアルだったりします。



インスタント食品ではなく、自分で作ったものを

食べたほうが、体の調子も良くていいですね。



c0228945_15154076.jpg

6時過ぎには撤収開始。


c0228945_15154099.jpg


10本爪アイゼンが入っていることもあり、

ザックの重さは11㎏ほど。



次回はもう少し軽くできるように頑張ってみます。



c0228945_15154093.jpg

c0228945_15163893.jpg

c0228945_15163873.jpg


2日目は予報通り、曇り空でしたが、こうゆう天気の日には

お花たちが癒してくれるのが八方のいいところ。



c0228945_15163811.jpg

c0228945_15163872.jpg

c0228945_15163829.jpg

c0228945_15163809.jpg

c0228945_15175699.jpg

c0228945_15175764.jpg

c0228945_15175784.jpg

c0228945_15175716.jpg


この日は無風だったので、白馬三山の映り込みもばっちり。


・・・でもこの池にはやっぱり青空が一番似合うなぁ。


c0228945_15175712.jpg

c0228945_15175756.jpg



帰りはおおよそ2時間少々で下山完了。



c0228945_15175690.jpg

幸いなことに、下山と同時に雨粒が。。。



9時には駐車場に戻り、その足で、八方温泉おびなたの湯に

浸かって疲れを癒しました。


c0228945_05374158.jpg


あ~ ごくらくごくらく。





と言っても、実はあまり疲れはなく。


おそらく、週5日の早朝ランニングで心肺機能が鍛えられたのと、

体重も4kg以上落ちたので、camp trekも随分と楽になりました。



次回までに、もうすこし、自分自身とザックの中身を

軽量化したい所存であります。










やっぱり私は、山を歩くという行為より、

山を見ながら過ごす時間が好きなんだなぁということを

再認識した山旅でした。





今回行った場所を起点に、祖母谷温泉や白馬鑓温泉など

行きたい場所はたくさんあるので、また天気をみながら

必ずや再訪したいと思います。


(完)



by slow_trip | 2014-08-16 06:00 | camp trek | Comments(0)

slowな旅やアウトドアの備忘録です。たいしたものはありません。どうぞごゆるりと。


by slow_trip