『苔愛で隊~秋の陣~』 北御嶽山縦走HIKE 2016/9/25-26

c0228945_17253907.jpg


9/25-26のおはなし。

木曽御嶽山をゆったり歩いてきました~。








岐阜県と長野県の県境にそびえる御嶽山。




おんたけさん」と聞けば、山へ行かない人も
聞き覚えがあり、多くの人にとっても御嶽山の噴火は
記憶にまだ新しいことでしょう。




そう、きづけばあの噴火から早2年・・・






実は私自身は一度も御嶽へ足を運んだことはなく。





お恥ずかしながら勉強不足で、私の中では
富士山と近いイメージだったので、

(荒涼とした景色、登山道というより参道、おどろおどろしい、
テント泊できない=混雑した山小屋泊が必須etc...)

行ってみたいと思ったこともありませんでした。












雨の日にたまたま読んだ雑誌を見て




①御嶽北部は、元々登山者も少なく静かな山歩きが楽しめる

②荒々しい男性的な南御嶽とは対照的に、花、池、
緑がおりなす北御嶽は、「別天地」とも呼ばれ
女性的でこころ癒される場所

③小屋では薪ストーブで作られたケーキなどを
食べることができ、居心地もよさげ

④登山道(小坂口、開田口)の森の雰囲気も良い


ということを初めて知りまして・・・



c0228945_18493655.jpg

御嶽山北部に位置する飛騨頂上周辺には、季節によってエメラルドや
コバルトブルーに色が変化する池や、高山植物が咲き乱れ緩やかに
小川が流れる湿原地帯、また神のつかいとも言われるライチョウの姿を
よく見ることが出来るお花畑など、言葉には言い表せないほどの
魅力溢れる別天地となっています。


飛騨頂上への最短ルートは濁河温泉からのルートです。
苔むした針葉樹林帯をゆくこのルートは、まさに原生林の
緑の回廊、空気が張り詰めているような神聖な森には多くの生命が宿り、
リスやオコジョなどの姿を見かけることもしばしばです。



---------



ほほぉぉぉ~

まるで、私の大好きな北八ヶ岳みたい◎と。





調べれば調べるほど、御嶽の北側エリアはとっても
私好みの場所であることが判明。





尚、北部は噴火時の被害もほとんどなかったそうですが
御嶽山の火山活動は2016年9月現在、緩やかな
低下傾向が続いており、入山規制区域は
火口周辺1㎞に緩和されています。




しかしいまだ登山者は激減したまま、麓の温泉旅館や
飲食店も廃業するところが増えているとのこと・・・




とはいえ、火山活動が続いている以上は
地震と違ってあからさまな復興アピールもできず
苦しい2年だったこととおもいます。




仕事柄、そのような方々の苦しみもわかるので
ツライお気持ちを只只お察しいたします。。












片や、この夏、海外渡航&仕事が忙しすぎて
お金を使う暇すらなかったワタクシ。。汗






せっかくなら、自分の行いで誰かが
喜んでくれることにも使いたいなぁ~




高級料理を食べに行くとか、ほしい物を買うとか、
物欲を満たすことで得られる幸せもありますが。



きっと私は、自分だけの幸せよりも、
誰かが喜びを感じてくれることの方が何十倍も
大きな幸せを感じるタイプなんでしょうね。




自分だけが幸せになることよりもむしろ、
一緒に旅した友人が、素晴らしい旅だった~!
と喜んでくれたり。



旅した先々で訪問を喜んでもらえたり。



ブログを読んだ人から、「素敵な場所ですね~
ここに行って見たくなりました!」と
言ってもらえるほうが遥かにうれしいワケで。





自分自身のリフレッシュも兼ねて、
応援したい地域や場所へ、お金を落としに行くのだ!!





とは常日頃から想っており、自分の中で復興支援(応援)
もかねて御嶽山北部にある五の池小屋に行こう!と
決めたのは、かれこれひと月前のこと、でした。






*********




DAY1



3:30起床してパッキング
5:00自宅をしゅっぱ~つ




c0228945_16510609.jpg


この日は久しぶりの快晴~~

青空がきもちいー!




c0228945_16510689.jpg


時間に余裕があったので、中央道八ヶ岳PAで

30分ほど小休止。




一週間前は新潟まで行ってましたが、

4時間以内で着く場所はもはや近場という距離感。



c0228945_16510607.jpg



大好物のあんこクロワッサン◎


うまうまモーニング。



c0228945_16510653.jpg


お山を見ながら飲むコーヒーは本当に美味しいなぁ。




伊那ICからしばし下道を走り、見覚えのある

木曽路ののどかな景色にほのぼの和みます。




ちなみに数年前に紅葉カヌーや清流で

キャンプしたのも御嶽近郊、でした。




このあたりには知る人ぞ知る

素敵なところがいっぱいありますねぇ。



c0228945_16510696.jpg


8:30に木曽福島駅に着き、

駅前駐車場(500円/日)に2日間駐車。




c0228945_16510733.jpg


神戸から来た友人とここで合流し。



駅前の観光案内所的なところで

目的地までのバスチケットを購入。



c0228945_16510765.jpg



9:05発の路線バスで濁河(にごりご)温泉

へ向かいまーす。



c0228945_16510794.jpg


土日しか運行しないこの路線。

乗客は我々2人だけ。



ちなみにこの日が今シーズンの最終運行日でした。



c0228945_16510718.jpg


ほんっとに今日はいい天気~

のどかな開田高原を通って、飛騨側へ。



森深~い大自然のなかを走っていきます。


c0228945_16515550.jpg


登山口のある濁河温泉は、濁河沿いに10数軒の旅館と

公営の露天風呂のある温泉郷。



自家用車でたどり着ける日本最高所の温泉だそうです。

マイナスイオンがきもちい~



c0228945_16515525.jpg


バス停から徒歩5分~10分で登山口。



登山口に綺麗なバイオトイレがあります。

ここから飛騨山頂の五の池小屋までトイレはありません。




c0228945_16515576.jpg


手をあわせて合掌礼拝。



c0228945_16515503.jpg



すでに11:00近いので、早めのお昼をたべて

いざしゅっぱーつ。


c0228945_16515504.jpg


鳥居をくぐって、山の神様へ



「今日明日と2日間、登山させていただきます。
どうぞよろしくお願いします。」


とご挨拶m(_ _)m




c0228945_16515563.jpg



「リアルにこうゆうおじさん居るよね~ぷぷ」と



c0228945_16515603.jpg


なんとも人間くさい七福神の神様にもご挨拶。


c0228945_16515664.jpg



五の池小屋のすぐ近く、飛騨山頂まで

210分、3時間半の道のりです。



c0228945_16515684.jpg


登山口の標高はすでに1800m。



木道や歩きやすい高さの階段、石段で整備されていて、

歩きやすい登山道が続きます。



c0228945_16515514.jpg


独立峰で山体が大きく、降水量が多いことから

豊かな森が広がる御嶽山。



c0228945_17002404.jpg


本当に緑が綺麗~。



c0228945_17002449.jpg


大きな日本庭園の中を歩いているかのような、

綺麗な綺麗な森。



c0228945_17002492.jpg


苔愛で隊・関西支部のはっせー

苔にはしゃいでなかなか進みません。笑



c0228945_17002580.jpg



今時期はきのこもそこらじゅうでニョキニョキ◎



c0228945_17002547.jpg

シラビソ、オオシラビソ、トウヒ・・・



このルートは森が深いので森林限界まで

眺望がほとんどありませんが。



c0228945_17002505.jpg


前半戦は、苔好き的には、か~なり

たまらないルートです◎



c0228945_17002568.jpg
c0228945_17002564.jpg



長雨が続いていたおかげで




c0228945_17002531.jpg


森の中は全体的にとっても潤っていて



c0228945_17002491.jpg



最高の苔愛でHIKE日和♪



c0228945_17035592.jpg


標高2000mを越えてくると、

途中途中で、おかしな奇岩があらわれます。



c0228945_17035580.jpg


んー?

ショーズ岩ってこれのこと~?


c0228945_17035521.jpg


・・・下の注釈がおもしろい。プププ



c0228945_17035621.jpg
c0228945_17035686.jpg


9月は雨が続いていたこともあり、

森林限界まではスリップしやすいので要注意。



c0228945_17035664.jpg
c0228945_17035643.jpg



この子のふかふか具合

いいねぇ いいねぇ。



c0228945_17035605.jpg



このあたりから黄葉の木がチラホラ見えてきて

さらにテンションがあがります⤴



c0228945_17035701.jpg



歩き出して1時間ちょっとで



c0228945_17035547.jpg


湯の花峠 2103m



c0228945_17053642.jpg
c0228945_17053664.jpg


蛙岩


やっぱりここでも気になる注釈。



c0228945_17053697.jpg



標高が上がるにつれ、

ほのかに秋色めいてきた登山道



c0228945_17053721.jpg
c0228945_17053763.jpg
c0228945_17053731.jpg


おたすけ水(2450m)


水は出て無いので、助けを求めてはいけません。



c0228945_17053734.jpg


そしてついに森林限界~(2450m)


※御嶽は森林限界が高いそうです。



c0228945_17053796.jpg


ババーンと。

森林限界を超えると北側が開けていました。



c0228945_17053769.jpg


標高2500㎜を越えると

景色が広がってワクワクしてきます⤴



c0228945_17053650.jpg



まるで日本じゃないみたい~



c0228945_17064166.jpg
c0228945_17064155.jpg


登りはじめからずっと上空を飛んでいたヘリコプター。


(後々小屋の方に聞いたら、工事の荷物を
荷降ろしているとのことでした。)



c0228945_17064150.jpg


高い山に来るとふわふわしてきて気分が高揚しちゃう

「mountain highってある気がするよね~



うん、あると思う!


そんな会話をしながら、ハイマツの道を

つづら折りに登ります。



c0228945_17064137.jpg


標高が高いためなのか、、、

運動不足や1年で相当体重が増えたからなのか。。。


なかなか足が進まない様子のはっせー。





日々体を鍛えている者には往々にして易しく、

怠けていた者には時として厳しく。



山は、優しさと厳しさを教えてくれます。



c0228945_17064191.jpg


のんびりペースで歩いている間に、

晴れ間と飛騨山頂、

本日お世話になる山小屋が見えてきました。




c0228945_17092700.jpg


小屋の裏手の小高い丘に登ると、

眼下に草紅葉の四の池の姿も。



c0228945_17105508.jpg


ほぼほぼ予定通りの時間。

15:00前に五の池小屋にチェックイン。



c0228945_17064069.jpg


こちらの五の池小屋は御嶽山の山小屋の中で、

唯一の北アルプススタイルの山小屋だそうです。




c0228945_17074741.jpg


本当にここは山小屋?と思うくらい。

素敵な空間が広がっていました。



五の池小屋のお料理の評判を聞いて、

この小屋を選ぶ方も多いよう。



c0228945_17064145.jpg


楽しみしていた、薪ストーブで作られた

ケーキたち♪



c0228945_17064133.jpg


宿泊料をお支払いし、小屋の説明を受け。

シフォンケーキとチャイをオーダー



c0228945_17064213.jpg



うっすら霧に覆われた五の池を見ながら

ゆっくりと味わって食べました。






今夏は雨不足で、五の池も最近まで水たまりのような

状態だったそうですが。



9月の長雨で池と言えるくらいまで戻ったようです。




c0228945_17064200.jpg



ふわっふわでめちゃくちゃおいしかった~


木柄のお皿もめちゃくちゃかわいい。



※ちなみにこのお皿は小屋スタッフでもある写真家の
高崎さやかさんの写真をプリントしたものらしい


帰宅後、早速私ポチりました。
こちらから購入できます。


c0228945_17074756.jpg


今日は余裕があるのでお好きなところでどうぞ


と、奥の新館の個室をおすすめされました。



写真は手前の旧館。


c0228945_17074765.jpg


新館は新しいからか、木のいい香りがします。



ここが今日の我々の寝床。

カーテンで仕切ることができる個室です。



c0228945_17074776.jpg


今回は二段ベッドの2階部分を使わせてもらうことに。

ちなみに布団は4組置かれています。



c0228945_17074782.jpg



4人のスペースを2人で使えるなんて、

なんて快適なんでしょう◎



南向きの窓からは五の池と摩利支天山が見えます。



c0228945_17121959.jpg



ちなみに奥のスペースにはコタツや



c0228945_17121938.jpg



乾燥室もありました。

いや~ 山小屋ってめちゃくちゃ快適ですねぇ。




c0228945_17074662.jpg


晴れそうで晴れない。



そんな一日は、「まぁたまにはゆっくり休みなさいな

そう山の神様に言われているような気がしました。



c0228945_17092766.jpg



靄が濃くなってきたので、継子周遊散歩はとりやめ

小屋で読書&まったりタイム。



c0228945_17092844.jpg



早速ストーブに火を入れてくれたので

小屋内はぬっくぬく。





時間に追われず、なにもしないで、自然の中で

ぼーっとすごすひとときが今の私にとっては

最高の贅沢。





あ~ しあわせ。




c0228945_17092878.jpg


こちらの薪ストーブは2段式で、下の段で

ピザやケーキを焼ける作りになっていました。



ちなみに火をつけてくれていた男性が

ここの小屋番の市川さん。



★市川さんはこんな素敵な自然人




c0228945_17092897.jpg


いろいろがんばってらっしゃるなぁ。



市川さんは、気さくで話しかけやすい雰囲気の

笑顔がとっても素敵な方でした^^



c0228945_17092875.jpg


この白壁も最近リニューアルされたばかりとのこと。



c0228945_17105572.jpg



「もしかしたら夕焼けが見れるかもよ~」


と、はっせーが声をかけてくれたので

17時過ぎに外に出てみましたが。



c0228945_17105542.jpg



相変わらず、靄が晴れたりガスったり。




c0228945_17105584.jpg



四の池は今が一番のピークかもしれませんね。



c0228945_17105561.jpg



歩いてきた西側の方角を見ながら待ってみるも、

なかなか雲とガスは消えず。




c0228945_17105577.jpg



西側はあきらめ、東側を見ると、、、



中央アルプスと南アルプスが重なって見えて

とても素晴らしい絶景!!でした。



c0228945_17105589.jpg



天気が良ければ、富士山や八ヶ岳、

北は北アルプス、西には白山が見えるそうです。



五の池小屋は素晴らしい絶景スポットに

あるのですね~。パチパチパチ



c0228945_17105502.jpg


気づけば5:30

夕飯の時間になったので小屋に戻ります。




c0228945_17105530.jpg


夕食は、わたし好みの野菜たっぷりな献立。

これはうれしい◎



お味噌も小屋の手作りなんですってー

甘~いカボチャの煮ものもまたたまらん。



本当に本当に全部おいしい。



c0228945_17105579.jpg



こちらは「鶏(けい)ちゃん」。


鶏ちゃんは、南飛騨や奥美濃地方の郷土料理。



昔から「結いの食べ物」として親しまれていた料理らしく、

まさにそんな雰囲気の中、みんなで食卓を囲んで楽しく

元気になれる、そんなお料理でした^^




たいへんおいしかったです。

ごちそうさまでした~◎




c0228945_17121906.jpg


夕食後もみなさん食堂に残って談笑したり、

本棚の本を読んだり。



まったりくつろげる、本当に居心地のイイ空間。



c0228945_17121931.jpg


片付けも落ち着いたスタッフさんと
消灯前に少しおしゃべり。



お二人は結構長いんですか?
それぞれが好きなコトして過ごしてる感じで
とってもいい空気感ですよね



んー、屋久島でガイドしていた時からなんで
12年くらい前からですかね~。
年に1-2回、テント担いで山いくか、カヌーで川下りに
一緒にいくくらいで、普段は全く連絡取りませんけど。笑




そんな話を皮切りに、しばし談笑。


その方は髙﨑紗弥香さんという方で
5月~10月までこの山小屋で働き、山で作品(写真)
を撮る真家さんなのだそう。



東京在住で歳も近いことから、勝手に親近感。笑

今度チャンスをみつけて展示に行ってみたいな~



もっと色々聞きたいこともありましたが、
時刻はまもなく21時。



ささっと就寝準備をして、オヤスミナサイ~

zzzz....








DAY2


ぐ~っすり眠って、5:00起床。

山小屋でこんなによく寝れるなんて、、、!(嬉)




夜中に一度目が覚めて窓を開けてみましたが、

残念ながら雲っていて星は見えませんでした。




御嶽山は、晴れた日には星が本当によく見える

お山なのだそうです。




夕日と星空とご来光はまた次回のお楽しみということで。




c0228945_17121915.jpg



ちゃちゃっと身支度を整えて



c0228945_17122098.jpg



朝食は6:00



おひつからご飯の良い香りが漂ってきて

朝から あ~しあわせ。



c0228945_17122087.jpg



あさごはんは和食と洋食のミックススタイル。




c0228945_17122042.jpg



野菜たっぷりのお味噌汁は元気が出ますね◎



美味しかったので、おなかいっぱい食べちゃいました。

今日もがんばってあるくぞー!




c0228945_17122025.jpg


夜中からずっと小雨がちらつく天気でしたが

出発するころにはほとんど止んで小康状態。




スタッフさんと最後に記念写真を撮らせていただき、

6:40 下山開始。


c0228945_17121986.jpg




ほんとに素敵な時間だったな~




小屋番さんの気さくなお人柄で”類は友を呼び”、

スタッフのみなさんも宿泊客のみなさんも、

気さくなイイ方ばかり集まるのでしょうね。





c0228945_17134660.jpg



昨晩、さやかさんが言っていた言葉をふと思い出す。


小さな小屋なので3人で全てをやっています。
山にいる間は基本的にお休みはありません。

でも小屋番が誰よりもすごく頑張っているから、
その姿を見てると私たちも手が抜けないんです



働く方々の、そんな心がけが根付いているから、

こんなにも居心地の良い空間が生まれるのでしょう。



とても素敵なことだな~と思いました。



姿が見えなくなるところまで手を振って
くださった小屋のみなさん。



「本当にありがとうございました~
またきますねー!」




c0228945_17134608.jpg



ちなみに2日目は木曽側の開田口へ下山する行程。


原生林と苔生した道が延々と続き、

本来あるべき姿の登山道を堪能できる道とのこと。





c0228945_17134733.jpg


出発してすぐに、靄がかった三の池

眼下に見えてきました。



朝の三の池はとてつもなく厳かでした。



c0228945_17134799.jpg


三の池は、高山湖の中でも水深がトップクラスの

13.3mもあるとのこと。



ご神水とも呼ばれ、不思議と、何年経っても

腐らないという言い伝えがあるそうです。



c0228945_17134751.jpg

あれ?


そんな神の水の近くで、なんと「神の使い」

(=雷鳥さん)が姿を見せてくれました。



やはり、ここは神々の住まう場所なのかもしれない





c0228945_17134721.jpg


ワタシは岩です by雷鳥さんの心の声」


フフフ。



カモフラージュはばっちりでしたが、

ぜんぜん隠れられてないデスヨ。笑



c0228945_17134757.jpg


おっと、こちらにももう一羽。

どうやら雷鳥のつがいだったようです。



お邪魔してごめんなさいねぇ。


c0228945_17134759.jpg



こちらが静かに見守っていると、ほどなくして

このハイマツの森へと消えていきました。



c0228945_17134716.jpg



雷鳥はこんな天気の日しか姿を見せてくれない。


やっぱり雨もいいものです。



c0228945_17142914.jpg



三ノ池のほとりまで下って来たところ。


すっかり岩と同化したウォーリー(はっせー)を探せ!




c0228945_17134619.jpg



今日は距離的には昨日の2倍歩きます。

相変わらずガッスガスで視界は真っ白。




c0228945_17074872.jpg




こうして自然豊かな場所にいると、

雨も必要なものなのだ、ということをしみじみ思います。





c0228945_17074693.jpg

c0228945_17092770.jpg

c0228945_17092717.jpg



アラスカやユーコンのツンドラ紅葉にも

よく似ています。




c0228945_17142928.jpg



足元にはベリーの実がわんさか実って

かわいかったなぁ




9合目から先は急斜面となり、笹や濡れた岩や木道を

滑りながらも注意して歩いて行くことに。





雨のしずくで、膝から下はびしょ濡れとなり、

脚にまとわりついてなかなかタイヘン。。




なるほど、このルートは歩く人が

極端に少ないというのは納得です。




c0228945_17234185.jpg



・・・むむむ!?


ずーっとガスガスで真っ白だった視界が

ある時突然、パーっと晴れてきました



c0228945_17152900.jpg


おぉぉぉぉ


めちゃくちゃきれいー!!



c0228945_17152891.jpg

c0228945_17143085.jpg


ガスがとれると、眼下には見事なまでの

紅葉谷がどーん。



c0228945_17143097.jpg


そして、その先には中央アルプスと

南アルプスの美しい山並み。




c0228945_17153002.jpg


スケールがあまりにも大きすぎて、

まったく写真に収まらないので、、、



10枚くらいの写真を繋ぎ合わせてくれる

パノラマモードで撮影。



c0228945_17234176.jpg



まるで神様からのご褒美がもらえたような、

そんな瞬間。




c0228945_17234155.jpg



あまりの衝撃的な景色の変化に、その場にしばらく

立ち尽くしてしまうほどでした・・・。



c0228945_17234283.jpg


雨も靄も、すべてこの瞬間のための

名演出に変わってしまった。



きっとこれは3,000m級の山でしか

味わえない光景。




c0228945_17142930.jpg




自然の大きさを、、偉大に感じる瞬間。




高い山に登るとおっきな地球が見えてきて

人間は、本当にちっぽけだなーと思い知る。



高い山は、、、謙虚な気持ちにさせてくれる

偉大な師だとおもうのです。




c0228945_17234290.jpg



山や自然は、天災という脅威だけでなく、

大きな感動と安らぎを

我々にたくさん与えてくれる。




そのことを、山に登る人は、知っています。



c0228945_17234214.jpg


この山に登ると、あらためて思います。



ありがたい


平穏に過ごせることに感謝し、

すべてのことに、感謝の気持ちを忘れることなく。



当たり前に咲く花なんてないこと、

当たり前に存在するものなんて

この世界にひとつもないということを。




c0228945_17234280.jpg



目の前で繰り広げられる本物の景色は

写真の何倍も美しい。



c0228945_17234251.jpg



そのことを、自らの足で

辿り着いた人だけが感じられる。



c0228945_17234384.jpg



自分の足で、自分の眼で、

肌で・・・

五感で・・・




c0228945_17234307.jpg



それら全てが達成感につながり、その場所を

その人だけの特別な場所に変えてくれる。




c0228945_17245162.jpg



みんなここへ来てみたらいい。



多くの人が何度も御嶽山を訪れる理由が

わかった気がしました。



c0228945_17245129.jpg
c0228945_17245151.jpg



御嶽山のこの景色を多くの人に見てほしいと

心から思います。



c0228945_17245125.jpg
c0228945_17245185.jpg



開田ルートはなかなかワイルドですけどね。



c0228945_17245107.jpg



苔むした原生林の中をひたすら歩いていくと・・・



c0228945_17245109.jpg
c0228945_17245180.jpg


c0228945_17245289.jpg
c0228945_17245071.jpg



何とも神秘的な雰囲気に包まれます。



c0228945_17254088.jpg


まるで、もののけ姫の世界にでも

迷い込んだような感覚



c0228945_17254018.jpg



まさに、「コケの小径」



c0228945_17254069.jpg
c0228945_17254075.jpg
c0228945_17254001.jpg
c0228945_17254179.jpg
c0228945_17254198.jpg
c0228945_17254163.jpg



木の根っこはすべるすべる~



c0228945_17253913.jpg
c0228945_17271385.jpg
c0228945_17271365.jpg
c0228945_17271489.jpg



苔の森には、きのこもいっぱい。



c0228945_17271484.jpg
c0228945_17271492.jpg
c0228945_17271466.jpg



まさに原始の森に彷徨いこんだかのよう。



c0228945_17271422.jpg




屋久島の白谷雲水峡をはるかに超える美しさ

にただただうっとり。



c0228945_17271464.jpg



ここだけで木霊(こだま)が15匹ぐらい

いたような気がします。




c0228945_17271444.jpg
c0228945_17271379.jpg



ワクワクがとまりません。




c0228945_17275625.jpg
c0228945_17275654.jpg
c0228945_17275663.jpg



この美しい森は間違いなく雨のおかげ。




苔を好きになると、ついでに雨も好きになれる

という特典がついてきます。



c0228945_17275672.jpg
c0228945_17275730.jpg
c0228945_17275755.jpg



木道にびっしり付いたコケが、

来る人の少なさをものがたります。



c0228945_17275737.jpg
c0228945_17275797.jpg



もうちょっとゆっくりかみしめて歩きたい

ところでしたが。



11:20頃 無事下山口近くまで下りてきました。




c0228945_17275747.jpg


その後、定期便タクシーの乗り場がある

やまゆり荘までは約1時間弱。



c0228945_17275524.jpg



12:18発のタクシーに無事間に合って

よかったよかった。



c0228945_17283113.jpg



今度は町営バスに乗り継いで開田高原へ。



タクシーで200円を支払ったら、接続する町営バスが

無料になるというお得なシステムがあるとのこと。



c0228945_17283296.jpg



ほどなくしてお蕎麦屋さんに到着。



c0228945_17283226.jpg



開田高原と言えば、なんといってもお蕎麦でしょう。

10月に入ると新そばが食べられるようですよ◎





お蕎麦屋さんでしばしゆっくりしたあと、

少し歩いてファーマーズマーケットにもお立ち寄り。



c0228945_17283237.jpg



蕎麦かりんとうを買ったり、蕎麦の実を買ったり。



併設のカフェのリンゴケーキ(セットで500円)が

とてもおいしかったです◎





14:30 再び路線バスに乗って、木曽福島駅まで

無事戻ってきました~。





駅にて、はっせーとはお別れ。

おつかれやま。またね-!




c0228945_17283254.jpg



帰路に向かい、ほどなくして目に留まった

天神温泉へ立ち寄り、日帰り入浴(500円)へ。



c0228945_17283197.jpg


源泉かけ流しでなかなか良いお湯でした◎



ふー さっぱり。





そこから3時間走って、20時前に無事帰宅!


ほ~んと良い山旅だったなぁ。







はっせー、山小屋で出会ったみなさん、

五の池小屋スタッフのみなさん、

素敵な時間をありがとうございました~。








大いにリフレッシュできたので、また穏やかな日常に

日々感謝しながら生きて行きます。



















御嶽山はあの世(死後の世界)と近い場所。

生と死を身近に感じる場所でもありました。



人はだれしも、生まれた瞬間から、死に向かっており、
それは、遅かれ早かれ、だれにでも平等。


死を強く意識している人ほど、
限られた生をイキイキと全うしようとしている。



いかに「良い時間」を過ごせるか。

いかに多くの「きづき」や「学び」を残せるか。



すごいことでなくてもいい。

たった1人の人に与える小さな影響でもいい。




人生を価値あるものにするのは、
自分の心がけ次第。



だれしもいつか必ず死んでしまいます。



私がもし、大好きな山で死ねたなら、
それはきっと本望です。



だから、好きなときにやりたいことをしたいと思う。

行きたい場所は、行きたいときに迷わず行こうと思う。



人生は思ったよりも短いものです。



この生涯で、これほどすばらしい紅葉に
あと何回出会えるだろうか?



よりたくさんの、小さな幸せを味わうために、
これからも時間とお金を使いたいと思う。







このささやかな旅日記が、どこかの誰かの、

心に響いたならば、幸いです。



(完)









by slow_trip | 2016-09-30 21:30 | hut trek

slowな旅やアウトドアの備忘録です。たいしたものはありません。どうぞごゆるりと。


by slow_trip